那須温泉郷

 1000円高速道利用で10日から1泊2日で那須高原に行って来ました。今回も往復で自分だけ1人の運転で走行距離は約1000kmと少々疲れ気味です。
那須高原には那須温泉郷などの観光地を有していて宿泊した大丸温泉旅館(おおまるおんせんりょかん)の位置は山道を上り切った一番奥にある宿であった。

 その旅館は標高1300メートルの高い所にあって途中からの道路はアイスバーンで気を使う。
夕方に到着した時は宿から少し離れた駐車場はブリザード状態でせっかく雪のある大館から逃れて来たつもりが余りの山特有の唸るような風と巻き上がる雪に唖然とする。

 余りの荒天気に逃げるように急な坂道(温泉水を流して雪を溶かしている)を急いで下って行くと宿の玄関口に到着です。
こちらの旅館は日本秘湯を守る会のお宿と言うことで可なり野趣あふれる「ひなびた」温泉と勝手にイメージを膨らましていたが、いざ部屋に入ればファンコンベクタからの温風でぬくぬくで、部屋にはウオシュレットも付いているトイレも完備しているし4階にある部屋の行き来はエレベーターも設置されおり中身はRC造りの「ホテル旅館」で余りに快適過ぎて少々がっかりであった。
 
 温泉のお湯は良かった!!。内湯は少し狭い感じですが、キレイな湯船が2つあって天井が高く少しぬるめの無色無臭の湯が、掛け流しできれい度は抜群です。 
そして、十分に温まってから一歩外に出ると源泉の湧く川をせきとめて造った雰囲気が素晴らしい露天風呂「川の湯」へ。 流れている川をせき止め、そのまま露天風呂にしたもので湯船の底は玉砂利になっており感触も良い。
c0104793_11313355.jpg


 献立表:最初の一品から見た目の量は少なくこれだと楽々完食できると睨んだが、いざ全て運ばれた品々を平らげた後にはも~満腹です。
c0104793_11274973.jpg


 部屋の窓から眺めた風景。此の後に雲の切れ目から現れた今年初めてのご来光に心が洗われるようで感激!!です。
c0104793_11272513.jpg


 翌日はウソのように風も納まって快晴になり駐車場から撮影。写真の右上にロープウェイの鉄塔が微かに見えます。
7合目~9合目を結ぶ那須ロープウェイは近くにあって茶臼岳まで気軽に登山が出来るし那須サファリパークや那須 ガーデン アウトレットなど付近一帯は雪の無い時期なら、もっと行動範囲を広げられて楽しめる場所が沢山あるので又、温かな季節に訪れたいと思っております。
c0104793_11284690.jpg

by titeki-oota | 2010-01-12 11:27 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん