最低気温 2.7度

 昨日の早朝にはついに2.7度の最低気温が記録されるくらいに県北はめっきり寒くなって7月下旬に引き渡した「出川の家」に今年、初めての暖房操作となります前に床下蓄熱暖房器の操作説明等でエルクのA氏と一緒に行って参りました。

今までは長年に渡って灯油のストーブをガンガン燃やして(打ち合わせで伺った時も暑くて汗を掻くほど)部屋の室温が高めにしてた様ですが今度の暖房方法は建物内部全体を暖める方法に変化する為か、以前に引き渡したお宅で特に年配者の方から何か物足りない感じがすると度々言われて来ました。

 ただ身体も順応するのか次の年の冬には大抵は20度から22度くらいで慣れてくれますが、最初の冬はどうしても室内温度設定を高くしがちで相対湿度も30パーセント台まで下がった乾燥感が強い御家庭が多いように感じております。

 1階の居間のフローリング床の表面温度は何も暖房しない自然状態で(午前9時に測った)19.2度で、その上の天井表面温度は0.1度だけ高い19.3度を計測しました。
c0104793_1611239.jpg
c0104793_1611872.jpg
c0104793_16112440.gif


 
by titeki-oota | 2010-10-21 16:12 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん