築17年 S邸リフォーム

 17年前に当社で建築されたお宅のS邸リフォーム工事に昨日から入りました。壁面積も100坪弱もあるので4段の足場を架けておりますが普段から風が強い場所なので週末の台風情報が気になるところです。
c0104793_1347129.jpg

 今回の現場のリフォームする箇所は主に壁・屋根・窓ガラス交換・窓ビート(押さえているゴム)交換となりますがどちらも一部分を除いては未だ未だシッカリとしていて剥ぎ取るのは少し抵抗があります。外壁材も当時としてはランクが上の商品で特に塗膜に特徴があったと記憶しているが表面を指で擦っても全然、チョーク化現象も無くツルツルしており優秀なものです。但し目地のコーキングだけは、さすがに痛んで来ており、固くなったりひび割れが生じております。
c0104793_13483117.jpg


 写真を見ても分かりますように屋根材は当時としては珍しい20年保障が付いた耐摩フッ素樹脂塗装が施されたガルバ鋼板「タイマフロンGL」というトタン板で退色が少ない上にサビなどが一切、発生しておりませんからこちらも外壁に劣らず、かなりの優れものです。
c0104793_13474315.jpg

 屋根の中央にあるスノーレーン(樋)も全てステンレス製に造り直します。

 此の状態での交換となると悩むところだが施主さんと色々と打ち合わせを重ねて20年過ぎた後の事や痛んだコーキング補修で足場を架ける手間、リフォーム補助金利用などを考えると少しだけ早い交換時期となるがこの際、すべて外部に面している箇所を取り替える事になった次第です。
 因みに、屋根材は0、35mm厚のカラーステンレスにして外壁材も耐久性のあるガルバ鋼板に窓ガラスは全てを取り外してから新たに性能値を上げたLOW-Eアルゴンガス入りガラスに入れ替えます。

 昨日の朝、屋根に上がったら真っ先に目に飛び込んで来たのが白神山地の東端に位置する、雪化粧した田代岳です。
c0104793_1403222.jpg

by titeki-oota | 2010-10-29 13:48 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん