FFストーブ故障

 Nさんからストーブが故障したようだと電話が入って、修理業者を手配したが、良く良く考えて見たら新築引き渡し時から18年間、1度も故障しないで今まで頑張ってくれた非常に珍しいストーブであった。

 結果的に交換部品などが無いと言う事で新品のコロナFFストーブに取り替えとなったが石油燃焼機器で18年も使用出来たことを思えば元は十分に取れた。

 新調したストーブは以前のストーブと同じツインバーナーで1つは普通のストーブで燃焼、もう1つは温水を作って各部屋のパネルヒーターを巡回しながら暖房するシステム。
c0104793_13583733.jpg
c0104793_1358502.jpg
c0104793_13591497.jpg
c0104793_13592463.jpg

 18年前に測定した2階建て47坪の隙間相当面積(気密測定値)は0.6c㎡/㎡でQ値は正式に計算をしてないが凡そ1.9W/㎡Kの性能。

 この寒い時期に2日間、石油ストーブ無しで500Wの電気ストーブ1台だけで暖を摂っていたと聞いたが、それでも室内の温度は12℃を下回ることは無かったと聞かされた。

 最も寒い1月から2月に掛けて47坪空間の全てを暖房と共に給湯に要した灯油が20日間で200リットル消費量で済んだことは18年前の建築と考えれば立派なもんだと思う。
c0104793_13594733.jpg

by titeki-oota | 2013-02-12 13:59 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん