Q-1 観音堂の家 「暖房ボイラー+パネルヒーター」

 今までの暖房設備と言えば寒冷地用エアコン暖房かヒートポンプの温水暖房のどちらかを採用設置して来ましたが今回は久しぶりに灯油燃焼に依る暖房ボイラー+パネルヒーターを施主さんからお願いされました。

 設置する暖房ボイラーは廃熱を再利用することで暖房効率をUP!する潜熱回収型のエコフィールタイプです。

 今多く採用されてますヒートポンプ式に依る温水暖房(最高出湯温度は50~60℃程度)に比べて灯油燃焼に依る暖房ボイラーは出湯温度を素早く立ち上げる事も出来ます。
設置したボイラーの温水設定温度表示も30~80℃と幅が広い上に1℃きざみで好みの温度に設定出来る嬉しい設計となっております。

 オレンジ色の管はメーカーから指定された高密度架橋ポリエチレン管で酸素透過防止に優れ耐久性があります。赤色と青色のサヤ管(外部には更に保温被覆も入れると3重)にする事によって将来の配管取り換えに対応出来るように2階床下内部の配管を止める曲がりも大きく取っております。
c0104793_1415276.jpg


 最も快適な輻射暖房方式を採用したパネルヒーター、中温水暖房で低い温度でも身体の芯から温めます。
c0104793_14151959.jpg


 暖房に用いる各熱源で比較するカロリー計算では、今現在の価格帯からすれば灯油が明らかに安い。但し値上がり始めてリッター当たり60円台を超えて来るようだと他の熱源に変えて行った方が良いかも知れない。

 やはり、寒冷地用エアコンと共にパネルヒーターの両方を設置出来ればデュアル暖房方式として価格状況を見ながら選択出来るので一番理想的かも知れない。(これらに対応出来るのは当然に住宅基本性能が備わっているのを前提としたお話しですが・・・)
Commented by 白井 at 2016-09-14 10:59 x
ごぶさたです。
北海道は灯油がまた増えてきました。実勢ではリッター50円くらいかな。ただ、温水暖房の場合、設備費(イニシャル)はガス・エコジョーズがいちばん安いんですよ。
Commented by titeki-oota at 2016-09-16 14:03
タケちゃん
白井さん、お久ぶりです。
例にもれずに当地方もオール電化のメリットは感じられなくなっております。
灯油価格は北海道のオカモト価格がベースとなっておりますので可なり安く店頭価格で47円で販売されてます。

 
by titeki-oota | 2016-09-09 14:15 | Q-1 観音堂の家 | Comments(2)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん