ついに割れた! !

 秋田県は人口減少や少子高齢化にあえいでいる中で、とうとう県民人口が、100万人を割ったことがわかった。

 
 高齢化率が急速に進み、自然減少が進むうえに、若者の都会への流出も歯止めが掛からない。


 厚生労働省の2015年の人口動態統計(確定数)によると、出生率や死亡率、自殺率などの7項目で全国最下位と不名誉な記録までつくってしまった。

 
 大都市を除いて秋田の人口問題は将来の日本の姿でもあって、人が住まない地域は急速に根底から何から何まで崩れ去って行く大変な問題である。

c0104793_09460883.gif

by titeki-oota | 2017-04-21 14:43 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん