「K邸 屋上バルコニー再設置中」

 昨年は15年間に亘って使用した腐ったバルコニー土台(米ひば)とデッキ材の撤去に始まって屋根トタン葺き替え(ステンレス材に)後に暫く様子を見ましょうとKさんに考える時間を与えておりました。(施工する側の本音としては余り屋根上に工作物は乗せたくないのだが・・・)

 今年に入ってからジックリ考えた末に、どうしても設置したいとなり、それなら長寿命化を考え土台(青森ヒバ)手すり(青森ヒバ)と共に床デッキ材は高耐候性樹脂の硬質塩化ビニル製を採用し作業を進めております。
  
 手すりの高さは1100mmで東側だけは特に格子間隔は狭くしました。冬期間の西風に依って東側のパラぺットに雪庇の塊を付かなくする為です。
 
  屋根面に直に接しない様に束の下には土台パッキン材を挟みます。

c0104793_13481085.jpg
 
 以前の土台・束は外周部から腐っておりましたので、今回はガルバ鋼板(昨日話題にしたSGL鋼板)を全周に張り付けました。その他の帯金物やビスなどは全てステンレス製で固定しております。
c0104793_11342557.jpg
c0104793_13533091.jpg

by titeki-oota | 2017-07-21 13:54 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん