Q-1 有浦3丁目の家 「屋根断熱材」

 最後まで残っていた屋根面の断熱材充填作業だが105mm厚 16k品 3枚を重ねながら、全て入れ終えました。直ぐに気密・防湿シートも連続させつつ張り終え、全ての断熱・気密シート施工は終了となります。  

 此処での、大事なチェックポイントが重ね代です。気密・防湿シートの浮き・切れ目等(継ぎ目)に不備があれば、そこの個所の断熱材がダメージを受けたり換気ルートにも悪影響を起こしたりします。  

 写真の様に梁廻り・重ね代のテーピングしている上面から小割材で押さえ付けて将来に亘ってテープが浮き上がって(気密性が年数と共に低下していくことから)来ないように一手間を掛けております。
c0104793_11393522.jpg
 スリーブ穴の周辺気密処理も専用の気密部材をテープ処理後に其の上から杉板を円サイズに、くり抜いてから打ち付けます。
c0104793_15230634.jpg
c0104793_11391118.jpg

by titeki-oota | 2017-08-29 11:39 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん