Q-1 有浦3丁目の家 「床下エアコン稼働!」

  床下エアコンを動かしたのは電力会社の検査を終えてからの23日の午前中です。

過去の例からすれば、床下に設置した暖房器具(温水を流すパネルヒーターや蓄熱暖房器など)より遥かに早い立ち上がりで設定した室温(床温度)に達します。


 以前の暖房方法なら最初は土間コンに熱を奪われて中々室温が安定するまで数日間は予備運転が必要だったが、昨日・今日の朝に現場に行って温度を確認して来ましたが外気温が3度台にも拘わらず玄関のカマチから一歩踏み出せば、今まで体験したことがない強力に暖められた床暖房のような感覚でした。


 寒冷地エアコンの性能も良くなったお陰もあるが、やはり室内温度センサー(壁掛けリモコン)を部屋の真ん中に持って来た事で、以前の床下エアコン(本体に備わったセンサー)と違って暖気を拾う事が無くON、OFF運転の頻度が少なくなった。

c0104793_08171983.jpg
          玄関のタイル表面温度を表示しております。
c0104793_09485688.jpg
  エアコン設置場所から最も遠い場所で(約10m)北側にあるユニットバス床表面温度です。
c0104793_09521934.jpg
 北側の1階トイレ床表面温度です。さすがに高過ぎですので設定温度を下げて帰ったら今日の朝には25度まで下がってました。
c0104793_09534951.jpg

by titeki-oota | 2017-10-25 09:58 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん