Q-1 有浦3丁目の家 「エアコン消音防虫弁」

 今回の現場、床下エアコン取り付けに当たって残念ながら「 エアコン用消音防虫弁 」 は設置出来ませんでした。エアコン設置場所が、床下空間の取り付けとあってドレンホースを水勾配で取ったら基礎(GL)ギリギリの所に出て来てしまう。写真の様にドレン排水パイプは地面擦れ擦れ、消音防虫弁の大きさからすれば地盤に当たってしまう。

c0104793_13103677.jpg
 取り付けるとなれば地面にマスを埋めてその中に設置するしかない。そもそも必ず音が発生するとは限らない事と夏に稼働させる事はほゞ無いので心配する程でも無いが、万が一ポコポコ音が起きたとしても、その後に対処しても遅くはない。 それより、もっと大事なドレンホース(排水パイプ)に関しては普通なら見慣れたアイボリー色のジャバラパイプを使用しますが、埃・カビ・排水性を考慮して配管内部が滑らかな素材を業者さんに特別にお願いしました。c0104793_13164721.jpg

 高気密住宅などで発生するポコポコ音は、排水ホース(室内機の結露水を外へ排水するホース)によって引き起こされます。 レンジフードの換気扇を使用しているときなどに、窓を少しだけ開けると風が勢いよく入ってきますが、これと同じように室内外の気圧差や台風などの強風時に、ドレンホースの外側から室内に向かって外気が入ってきてしまい、その空気がエアコン内部を通過する際、エアコンからポコポコと音が鳴ることがある現象です。
by titeki-oota | 2017-10-25 13:12 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん