「固定電話の不具合」

 夏ごろから 家の固定電話、様子がおかしいと気になっていたが、あまり電話も来ない上に、携帯電話で用が足せると思い気にせずに使ってた次第。

 
 電話を掛けて来るのは、主に宅配会社か親戚の不幸ごとを伝える事ぐらいだが、受話器を取ると雑音(ジャリジャリ、時にはザーザー)が発生し、秋口に入った頃には更に相手の声がとても聞き取りづらくなり、後で分かった事だがコッチの音声も相手側に聞こえていなかった様で、随分とイライラさせたようだ。


 そんなこんなで、10月にNTTが来て保安器をそっくり新しいタイプの保安器に交換して一件落着かと思いきや11月に入って雨や雪交じりの天候が続くと又しても例のザーザーに始まって時にはプツンと回線が切れるまでになって重症化、こうなると、誰が見ても明らかな故障だと分かります。再度、NTT「113番」に連絡を入れた所、電話に出たオペレーターが自宅の電話番号に繋いで検査をしたら、引き込み線に異常があるようだとの仮診断のお言葉。


 修理に駆けつけてくれた方は前回と同じ方だったので手慣れたもの、一言二言で全て理解し速やかに作業を行ってくれました。

c0104793_16025777.jpg
 最初に故障と判断されて保安器を交換した際も無料だったが、今回も、保安器までの電話引込線が劣化したのが原因であるが為に(保安器から屋内用の故障はなかったため)、今回も張替え線に要した修理代は無料であった。

 
 通信の障害と言えば先ず頭に浮かぶのは電話機やルーター、モデムなどの故障を疑い新規購入を考えがちだが、取りあえず113番に連絡したお陰で余計な物を買わずに済みました。



by titeki-oota | 2017-12-07 14:22 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん