「解体作業も終盤!」

 自宅から近い事もあって「いとく・長倉町店」が閉めると最初に聞いた時は本当に驚いたものです。

  
 買い物に行けば年配者が多くいるのが特徴のお店で、店員さんと親しく話をされている所を見れば恐らく頻繁に買い物に来て顔見知りになっていたと思う。そんな年配者御用達のスーパーが無くなる事に色々と行政にも働き掛けがあったり聞き取り調査などが行われたようだが、一会社の商いに対してはどうにも成らず、昭和43年12月に開店して、長く地域住民に親しまれて来た店は半世紀の歴史を終えたのは9月末でした。


 大館に限らず街の中心地から郊外に出て新たに出店するパターンが多い。当然に車が無い高齢者は買い物で一苦労している買い物弱者話は頻繁に聞くが、此れと言った解決策が無く困っているのが現状です。  

 夜に国道前を通ると以前のような明るさが無く寂しさを特に感じます。


 10月ころから建物の内部から備品等を運び出すのを見ていましたが12月に入ると解体業者が入って分別しながら作業を行い此処1週間ほどは、本体の骨組みを鉄骨カッター重機を投入されアット言う間に解体は終えそうです。

c0104793_13205815.jpg
  2015年8月 ストリートビューから
c0104793_14062204.jpg



by titeki-oota | 2017-12-26 13:21 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん