新しく出来上がって

 誠に良いんだが 20日に大館市内に東バイパスが開通して大変便利になった反面、冬になったら少し心配なことが今日走行して見て気がついた。もしロードヒーターでも入っていれば問題は無いが確か?工事はやっていなかったはず。
東台の交差点から観音堂側に 向うと直ぐに下り坂で前後にカーブのある鳳凰大橋を通るが道路・橋の上は高い所に位置している為に冬になったらモロに川面からの風の影響で路面が早く凍ってしまう(勿論、融雪剤は撒かれるとは思うがこれも万全ではない)可能性があるし特に橋上と下り坂は滑走して突っ込みそうな予感もするが・・・。c0104793_14371343.jpg
c0104793_1512354.gif
 そして、大館市立病院の大引っ越しも何事もなく無事に終わり25日から通常通り業務が行われているがこの建物でも1つだけ不安を抱いている場所がある。
c0104793_14382849.jpgそれは「屋上へりポート」がどの程度の頻度で諸検査を終えても使用出来るんだろうか?大館は西風が吹き、高さが50数メートルもあり更に東側に建物の壁がそびえている。小生がもしもパイロットだったら近くの安全な田町球場に着陸変更するんだが・・・。設計以前に しっかりした航空コンサルタントに確認したと思うが(多分ちゃんと事前協議はやっているはずだが予算が、どうのこうの・・・)『降りられないヘリポート』ができてしまっている例がある。
1億円以上を投じてつくった病院屋上ヘリポートでも、実際には使用できないヘリポートが日本中にいくつもあり、設計事務所やゼネコンへの丸投げが最も危険だとか。

写真は秋田県 防災ヘリ 「なまはげ」 川崎BK-117 JA6848
緊急時は此のヘリが秋田空港から飛んでくる。
c0104793_14422996.jpg
  失敗例1
 とある建物屋上の着陸施設に降りようとしたが、着陸前に強い横風に煽られた。もう二度とあそこへは降りたくない。(パイロット談)
建物の屋上へは強いビル風が生じることがあり、風向きによってはビル側面に当たる風の三分の一が屋上面に回ることがあり、上空は比較的穏やかでも屋上に近くなれば横風が増すことがよくある。このため、ICAO(国際民間航空機関)では屋上ヘリポートはその着地面を桟橋上に上げ、着陸面下をビル風の逃げ道に確保することを強く勧めている。c0104793_14451141.gif
by titeki-oota | 2007-09-26 14:37 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん