カテゴリ:未分類( 2186 )

 昨年は15年間に亘って使用した腐ったバルコニー土台(米ひば)とデッキ材の撤去に始まって屋根トタン葺き替え(ステンレス材に)後に暫く様子を見ましょうと施主さんに考える時間を与えておりました。(施工する側として本音は余り屋根に工作物は乗せたくないのだが・・・)今年に入ってからもジックリ考えた末に、どうしても設置したいとなり、それなら長寿命化を考え土台(青森ヒバ)手すり(青森ヒバ)と共に床デッキ材は高耐候性樹脂の硬質塩化ビニル製を採用し作業を進めております。
  
 手すりの高さは1100mmで東側だけは特に格子間隔は狭くしました。冬期間の西風に依って東側のパラぺットに雪庇の塊を付かなくする為です。
 
  屋根面に直に接しない様に束の下には土台パッキン材を挟みます。

c0104793_13481085.jpg
 
 以前の土台・束は外周部から腐っておりましたので、今回はガルバ鋼板(昨日話題にしたSGL鋼板)を全周に張り付けました。その他の帯金物やビスなどは全てステンレス製で固定しております。
c0104793_11342557.jpg
c0104793_13533091.jpg

by titeki-oota | 2017-07-21 13:54 | Comments(0)

 暑い中での建築から25年経ったベランダ屋根葺き替え作業です。

 
 25年の間にペンキは1度塗っておりますが、やはり板金折り目からの変色が見られて少し葺き替えには早い感がありましたが施主さんからの要望もあり、作業に入りました。  
  

 今回は以前のGL鋼板から替えて耐久性アップした耐摩カラーSGL鋼板を採用しました。

    http://www.nisc-s.co.jp/products/steelpanel/12/

c0104793_11312835.jpg
  表面を見ても従来のトタンとの区別はつきません。裏面に薄くて見えずらいが耐摩カラーSGL 0.35と印字されてます。
c0104793_11342557.jpg


by titeki-oota | 2017-07-20 11:34 | Comments(0)

日野原先生逝く!!

 生涯現役を主張して多方面で活躍していた、日野原重明先生の訃報が報じられた。105歳であった。

 
 正に長く生きられ世のため人のために活躍した明治生まれの大先生でした。

c0104793_16143546.jpg


 勤務していた聖路加国際病院で、国内の民間医療機関で初めて人間ドックを導入したり、成人病と呼ばれていた脳卒中、心臓病などを「習慣病」と呼んで病気の予防につなげようと70年代から提唱するなど。旧厚生省は96年になって成人病を生活習慣病と改称し、今では広く受け入れられている。

 
 あのサリン事件でも、稀に見る先見の明があった。


 一度に沢山の患者が運び込まれ病院内が戦場になる事を誰が想像出来たであろうか。

 事件前に病院の礼拝堂の壁に埋設された酸素用配管に人工呼吸器を取り付ける工事など誰も予想すら、出来ない事であった。その礼拝堂が酸素吸入取り出しと共に点滴台と毛布が運び込まれ、一瞬で広い病室に変わったとあります。



by titeki-oota | 2017-07-18 16:15 | Comments(0)

「記憶に残る高校野球」

  土曜日の試合には全くもってあっけに取られた。 


 高校野球の名門校である秋田商業を相手に
 大館鳳鳴は5回を終えて9-0で大量リードしていたから

 試合は楽勝だと確信し仕事に戻っていた。


 誰もが勝って当たり前と思っていたろうに終わって見れば 11-12のサヨナラ負け。


 昨日、地元スーパーで買い物していると、周りからそれとなく聞こえて来たのは

 鳳鳴の敗因に関しての話で大きく盛り上がっていた。
 
 しばらくの間、大館市内は此の件で賑やかになるでしょう。

c0104793_14062464.png


by titeki-oota | 2017-07-17 14:06 | Comments(0)

大館が暑い!!

 7月でこんな暑い日、過去にそんなに無かったような気がするが・・・ 今日も午後2時現在の外気温がダントツの33.8度を記録し、此の上がり方だと、又もや35度の猛暑日に届きそうです。
c0104793_14330911.jpg
 家の中に居ても熱中症に掛かりますから油断しないで水分摂取と程よくエアコンを使いましょう。

 この暑さでも窓を閉めきってKさんは扇風機で未だ我慢できるそうで10年間もエアコン無し生活を続けてこられたが、来月に帰省するお子さんからの要望で急きょ取り付ける事になった。

 エアコン能力選定と機種選択を依頼されていましたが昨日、取り付け作業に立ち会って来ました。 5.6KWタイプで1階すべての(約30坪空間)フロアー(通気口ガラリあり)を(最初は扉・ドアー解放しながら床下空間・土間コンを冷やしながら除湿。)コントロールできます。
c0104793_14461426.jpg
c0104793_15365805.jpg

by titeki-oota | 2017-07-14 14:34 | Comments(0)

青森ヒバ廃材活用!

 当社の作業場に近づいたら、青森ヒバの香りが強烈に漂って来ます。

 
 4メートル角材を引き割っており、青ひば特有の薄い黄色のノコ屑や角材の切れ端、カンナ屑が大量に出ました。

 
 こちらの廃材は、取りあえず捨てません。ごみ袋8袋に入れ、現場に運んでから施主さんの奥様に選別して頂きます。どうやら■虫よけとして■不快なにおい消しに■アロマテラピーなどなどに利用するそうです。

c0104793_13233139.jpg


by titeki-oota | 2017-07-14 13:23 | Comments(0)

「猛暑日」

 昨日の大館市は最高気温が35度以上の「猛暑日」となって7月としては13年ぶりの記録だそうです。
 7月の気温として観測史上8番目に高く今年初めての「高温注意情報」が出され、気象庁は熱中症に注意するよう呼びかけています。

 この異様な暑さで当社の職人さんも食が細くなって少しばかりグロッキーの様子です。
 
 今日も既に大館は猛暑日に迫っております。
c0104793_12523801.jpg

by titeki-oota | 2017-07-11 12:39 | Comments(0)

「窓交換作業」

 今日は30度近い暑い中で、25年前に建築されたIさん宅の樹脂窓交換を行っております。

 
 取り外したE社の三角出窓の樹脂マドの外部色は新築当初は黒色だったものが、すっかり色褪せて緑色見たいな不思議な色に変化しております。更に冬期間になると枠が変形している事から冷風が入って来るそうで、調整などで直るはずも無く止むなく白色の滑り出し窓に変更する事にしました。

  
 たった1か所の窓交換と言っても職種は大工は足場を掛けて外壁ガルバ鋼板の張替えに始まって外断熱材(ウレタンボード)の補修・クロス作業・コーキング充填と色んな業者さんが出入りします。

c0104793_15150514.jpg
c0104793_15152091.jpg


by titeki-oota | 2017-07-07 15:15 | Comments(0)

 昨年からお待ち頂いていた建築から21年経ったKさん宅の、デッキ土台・手すり(朽ち果てた土台は昨年の秋に既に撤去済み)全面交換に取り掛かります。

 
 少し前まで普通に手に入ったのに、いざ!米ヒバ土台角を探したら、どうしたもんか何処の材木屋さんでも入荷の目途が立たないとの連絡が入ります。ヒノキ材なら直ぐ手配できる様だが価格面や耐久性など色々と検討した結果、「青森ひば」に決定です。

 
 更には耐久性アップを狙って木材保護塗料として定番のキシラデコールを塗ります。それも3回塗りとします。但し、油性だから乾くまで、かなり時間がかかるのが難点だし、青森ひばと同様にお値段も少し高い。


 キシラデコール塗料は以前なら地元の卸屋さんに多少高くても発注を掛けていたが、近頃は益々値段に開きが出てしまいお客様に迷惑を掛ける訳にもいかず、止む無くネット通販からの仕入れです。


   http://www.xyladecor.jp/campaign/maintenance/?ys_conz_fore_a

c0104793_13203028.jpg



by titeki-oota | 2017-07-06 13:20 | Comments(0)

「井戸水検査」

 過去に沢山のお客様に対して井戸を掘っての井戸水利用を提案して来ました。融雪だけなら何ら問題は無いが飲料にも用いると聞けば、やはり水質検査を先ずは推奨しておりました。

 
 自宅でも11年前に突き井戸掘りを行って地面4メートル下の層から井戸水を採取して融雪に利用して大変、重宝しているが、融雪が主な目的なので水質検査は過去に1度も行うことが無かった。しかし、いつ大災害で上水道が止まらないとも限らないので重い腰を上げ今回、飲用できるものなのか水質検査を受ける事にしました。


 依頼先は大館市内にも出先機関がある秋田県総合保険事業団に11項目でプラボトル2本を持参してお願いすると(プラスチックボトル2本は前もって受けとって) 1週間くらいで結果が郵送されて来ます。

 
 自宅の井戸水は手を洗ったり口をすすぐ程度では匂いなど違和感は無かったが近所の井戸水を見れば赤水が多い事から、もっと酸性度が低い鉄分が含まれた井戸水が検出されるだろうと予想していました。結果書の液性分類、アルカリ・酸性での分類項目はpH6.4と 中性値の区分内に入ったのは意外な結果でもあり、更に今まで気にして飲んだ事が無いのが飲用に適している報告を頂きこれからは安心して飲めるので嬉しいの一言である。

 因みに検査料金は8640円でした。

c0104793_08124309.jpg


by titeki-oota | 2017-07-05 08:12 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん