カテゴリ:Q-1 東台5丁目の家( 30 )

  東台五丁目のHです。

 電気使用量の内訳、送信しますのでよろしく。

1月は蓄熱暖房を月半ばからでしたが、意識的に全6台「小」にし
(真冬日等は「中)」寒い分はエアコンを使用しました。

2月もこのパターンを試しに継続したいと思います。


 2階建てで延べ床面積44坪のH邸の1月分(33日間使用分)は5万円チョット超えたくらいの請求額でその内、夜間電力量料金は3万2千円ほど。

  今月2月分は暖房と給湯に要した夜間電力量料金は1日あたり、およそ906円となったが、来年度はもう少し落ち着いた電力量に成るかと思います。

c0104793_14255859.jpg

by titeki-oota | 2015-02-10 14:28 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 今年の4月から新居で生活を始めたHさんから2ヶ月分の電気料金明細を頂きました。

 12月分の暖房に要した夜間電力量が少し多いように感じたので問い合わせて見ました。
c0104793_11301829.jpg


 期間中に一階床下蓄熱暖房器の温度設定目盛りを「大」から「小」の間で設定を変えて、色々と試していたようだが土間コンクリートに蓄熱させている要素が大きいので石油ストーブのように直ぐに室温上昇に結び付かない事を先ず伝えました。

 本格的に暖房する前の今頃は寒冷地用エアコンを併用して暖めて欲しいんだが、どうやら取り付けたエアコンが寒冷地向けのエアコン品番で無いことが判明して施主さんもガッカリですが、こちらも気落ちしてます。
  
 さて本題に戻して29日間使用として夜間電力量料金が約16000円となっており、1日分だと552円使用した事になります。その中で給湯に使用した分は約4000円ですので残り12000円(1日平均だと414円)が暖房に使われたものと思われます。

 因みに、家族は大人3人で暮らして延べ床面積44坪の建物です。
by titeki-oota | 2014-12-05 11:30 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 Hさんに電気料金明細の送付をお願いした所、送られて来ましたので紹介します。

 H邸は今年の春から新居で生活されたので、まだ正式な冬期間の暖房料金が分かっておりません。
  
 これからの季節、暖房を使用するようになれば暖房に要するオール電化「深夜電力料金」が大きく変化してきます。

 1万円台、2万円台、3万円台・・・8万円アップと色々な家庭が存在しておりますが住宅の性能が大きく暖房料金に影響している事は間違いありません。
  
 頂いた明細では8月から10月分の請求金額が1万3千円くらいだから、此の金額に来年の1月分に(寒さから一番高い月として)発生する請求額から引くと、大まかだが暖房に要した1ヶ月分の最大金額が出ます。

   ご苦労さまです。

  電気使用料の件、遅くなりましたが
  三か月分送信しますので宜しくお願いします。

  7月、8月はエアコンもそれなりに使用しましたが微々たるものでした。

c0104793_939222.jpg

by titeki-oota | 2014-10-14 09:39 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 昨日は「上代野の家」の電気料金を紹介しましたが、今日も今年の4月から新居で生活を始めた「東台5丁目の家」Hさん宅7月分のオール電化料金明細です。

 Hさん宅は2階建で述べ床面積は44坪で家族は3人暮らし。
 
 住宅性能はQ値1、3 C値0,5に 換気に関しては電気料金が安い省エネ改良した3種方式を採用しております。

 2階にもキッチンがあって冷蔵庫やIHクッキングヒーターなどが装備されてますので、1、5世帯住宅と言ってもいいかも知れません。
 
 洗濯機は日中に稼動させていて料金の安い深夜帯は利用はしてない。

 就寝時間は3人とも10時から11時ころまで。

 給湯は温水器で1ヶ月に掛かる料金は、凡そ3200円前後だと思いますので表にあるように深夜機器割引金額で相殺されることから大いに助かります。(4月以降は深夜機器割引は無くなりました。)

 朝の朝食作りは7時前に終了するようにIHクッキングヒーター利用を心がけていると、お聞きしてます。

    ご苦労様です、 東台五丁目の○○です。

   7月分の電気料金使用量がとどきましたので
   送信します。

   1階のエアコン使用は2回、延べ5時間ぐらいでした。
c0104793_13373279.jpg


by titeki-oota | 2014-07-09 13:40 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 5月分の使用電気料金が28,426円だったのに比べて6月分は家族数も同じなのに一気に13,482円とガクンと落ちました。

 安くなった要因は4月上旬、床下の冷えた土間コンクリートに初めて蓄える熱量で(最初の頃のみ)稼動し続けた蓄熱暖房機が停止された事と普段からの施主さんの省エネ対策や温水器などの使用機器を上手く使いこなしているのが低料金につながってるのかも知れません。
c0104793_13132484.jpg

by titeki-oota | 2014-06-10 13:12 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 4月から新居で生活を始めたHさんから初めての5月分の電気料金明細を頂きました。

 5月分といっても使用したのは4月中の使用が殆どです。(4/3から5/6までの34日間)

 およそ28000円請求の内で暖房・給湯(温水器)に使用した夜間電力量料金は18000円となっており、延べ床面積44坪で4月使用分としては多い。

 此れには訳があって床下に入れた床下専用蓄熱暖房機で暖められた熱の殆どが土間コンクリートからの蒸散熱(気化熱)と相まって床下コンクリート全般に蓄熱し続けている為に(初期だけの現象)暖房機がフル稼働して起こるものです。
c0104793_11531932.jpg

by titeki-oota | 2014-05-08 11:52 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 住宅の換気設備は1種でも3種でも測定しない事には、どのくらい汚れた室内空気を吐き出しているのか分からないものです。

 今回の現場は3種換気を採用。風量測定器で測定して見ました。

いつもなら交流モーターのダクト用換気扇をメインにしているが今回は直流タイプの定風量機種を選択。
直流(DC)モーターは消費電力も少なく強運転でも5.5W弱でも2.2Wと電気代を気にすることがありません。

 定風量と謳っているだけあって1mほどのパイプに繫いであっても殆ど圧損が無くカタログ値(強160㎥/h 弱85㎥/h)に対して実測値は(強152㎥/h 弱84㎥/h)でした。
c0104793_15175883.jpg

 こちらの住宅の必要換気風量は148.30㎥/hですので強運転だと1時間に1.02回、弱運転で0.56回の室内空間の空気が入れ替わることが分かります。(但し冬期間は0.35回になるように調節します。)

 実際に取り付けてから希望とする換気風量のコントロールは難しいものです。風量は少ないと空気が汚れたり湿気がこもるし、多いと寒くなったり、絶対湿度が減少して乾燥感が強くなったりと不快になります。

 高い断熱性能と共に気密がしっかりしていて、適切な換気風量や換気ルートが必要です。

 断熱・気密・換気は全て繋がって初めて効果を引き出させるのだがこういった当たり前の基本的なことが、なぜもっと普及していかないのか?

 やはりハウスメーカーや設計事務所などのように、下請け、孫請けの工務店に仕事を発注するシステムでは、一定のレベル以上を望むこともできないし、ノウハウの積み上げも出来ないことが影響しているのかも知れない。
by titeki-oota | 2014-03-20 15:18 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 昨日は引き渡しが迫って来たH邸の気密測定を行いました。

 測定結果は開口面積76c㎡ (家全体の中に点在する隙間をまとめると8.7センチ正方形の穴に相当します。)
 
この総隙間相当面積を元に計算しますとC値は0.5c㎡/㎡となります。c0104793_132099.jpg


  いつもの様に1階、2階の大きな開口部は引き違い窓で、数は7箇所と多い。
 
 この窓タイプは色々と便利な反面、気密に関しては悪い影響を及ぼします。

 漏気する場所として引き違いの召し合わせ部、上框、下框のレール部分やレールの水抜き穴などが弱い箇所だが、それでも最近は改良されつつ、良くなっては来ているが、それでも引き違い窓はスベリ出し窓等に比べると気密性は不利になります。
c0104793_12523249.jpg

 写真を見て変な数値があります。室内温度が故障で-50度と表示されてますが、測定出力数値には殆ど影響が有りません。
c0104793_12524993.jpg

by titeki-oota | 2014-03-18 12:52 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
先週は家具職人が小分けにした部材を現場に搬入して据え付けを終えました。
c0104793_1340526.jpg


 造り付け食器棚の良さは天井までの高さにピッタリと合わせて壁一面の収納として造れることから無駄な空間が無く地震でも倒れません。

 扉にもガラス類を使用しないで強度があるポリカボネート板ですので万が一揺れても割れません。

 食器棚が揺れると瞬時に扉のキャッチはロックが掛かり、収納物の飛び出し・落下防止となります。
c0104793_13393854.jpg


 カウンター部にはメラミンポストフォームを採用。
最も使用頻度が高い箇所なので実用性・耐久性を考えてメラミン化粧板を採用しました。

 特に表面が硬く強く、テーブルやカウンターなどの耐久性が必要なところに使用され化粧板の中では耐摩耗性、耐水性、耐熱性に優れたもっとも高機能な素材といえます。
c0104793_15455684.jpg


 今回は施主さんの要望もあって収納扉の面材にもメラミン化粧板を張りました。
c0104793_13401976.jpg

 全ての部材に拘ってランプ印のスガツネ工業製スライド丁番です。
by titeki-oota | 2014-03-10 13:40 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 10月下旬から行った地盤の入れ替えから始まった工事でしたがH邸も早いもので5カ月目に入りました。
 
 今月末の引き渡しに向けて仕上げ工事を急いでおり昨日までにクロス屋さんが頑張って仕上げてくれたので今日から水道屋さんが入って水回り関係の器具を取り付けてます。
   2階に洗面化粧台取り付け作業。
c0104793_1443332.jpg

by titeki-oota | 2014-03-03 14:43 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん