カテゴリ:雑記帳( 112 )

生活用品の事故

c0104793_14375821.jpg
 家庭で使用される生活用品による事故が増えている。
今迄は見過ごされていたケースでも消費者がかなり敏感になって来ている。
何と言っても其のキッカケはN社製ストーブの死亡事故によるあの凄いマスコミに載せたPR回数だった。
N社のストーブは管理者の自宅でも使用していた。設置したのは平成2年の秋で製品も売れていた頃で漸く手に入れたのを記憶している。しかし5年ぐらいは何ら故障は無かったが、その後に故障回数が増えて使用後7年で廃棄処分にしてしまった。廃棄しないで保管しておれば5万+ん万が手に入ったかも知れない。
    写真は当時使用していたタイプのFFストーブ

 大手メーカーと言えども製品部品はどっかの下請け工場で作られている。
多少の不具合は命に関わらなければ大騒ぎにならず次のモデルに改良品として世に出て来る。メーカーも中々小さいクレームは認めない傾向がある。それが後で大問題に発展して行く場合がありメーカーの体質が問われるしダイヤマークの自動車会社は記憶に新しい。

 消費者が製品に対して神経質になって消費生活センター等に通報が増えていて
2005年に把握した生活用品の事故は2400件を越えて過去最悪となっていて、おもちゃや
電気ストーブ・テレビ・冷蔵庫などが多かった。

 消費者側に問題があって火災になった例では2002年 沖縄の大学寮で間違った使い方で延長コードにタコ足配線で冷蔵庫・テレビ・炊飯器など消費電力が大きい器具を接続使用したためにコードが燃えて火災になった事例もある。
似た例として建築現場でもウッカリして電工ドラムにケーブルを巻いたまま使用していて被服しているゴムを溶かした事もある。
by titeki-oota | 2006-12-25 14:35 | 雑記帳 | Comments(0)

自宅トイレ修理

 
c0104793_17442555.jpg

今日は前から気になっていた水洗トイレ水漏れ修理を決行です。
ロータンクに(便器の上に水を貯めているタンク)水が満杯になっても
チョロチョロと流れっぱなし状態だった。
修理で素人が不安なのは工具の使い方で力加減が解らないので接続部分を
強く締め過ぎるとパッキンがつぶされて水が漏ってしまう、逆に締め付けがゆるいと
これまた水漏れを起こす。
 
  トイレの水が止まらない、又は出なくなった、などのトラブルが起こるたびに、水道屋さんを呼んでいたのでは、手間もお金も大変だ。しかし水洗トイレのしくみさえ知っていれば、トラブルの大部分は自分で直せるものである。??
最悪、修理が出来ない場合はメーカーのメンテを呼ぶつもりで取り掛かる。
水洗トイレはいろいろなメーカーの製品があるが、基本的な構造は同じである。
今回の修理する所は事前に注文していたボールタップ全てを取り替えてしまいます。
c0104793_17132746.gif


 タンクのしくみ

 水洗トイレは、上図のようにタンクに溜めた水を、レバーを動かして便器の中に水を流すわけで、図で見るようにごく簡単な機構である。
 まず水が流れ出す前の状態は下図左のように、ゴムフロートが排水口をピッタリふさいでいる。レバーを左あるいは右に回すと、レバーの先端にチェーンでつながれたゴムフロートが浮き上がり、その隙間から水が流れ出す。
 タンク内の水位が下がり始めると、水面に浮いていた浮玉も下がり、ボールタップの弁が開いてタンクへの給水が始まる。排水が止まってタンク内の水位が上昇すると浮玉が上昇してボールタップが閉じ、給水が止まる。つまり浮き玉とボールタップがタンク内の水量を一定に保つ働きをしているわけだ。
 トイレの水が出ない、または止まらない、などのトラブルは、ほとんどこのタンク内の故障によるものだ。
by titeki-oota | 2006-12-23 17:22 | 雑記帳 | Comments(0)

結露

c0104793_15325020.jpg古い住宅内の窓に結露しているのは別に珍しい事ではないが高性能住宅を名乗っていながら窓を結露させている家を見る事がある。
それでも今年は今の所、朝晩の気温もそんなに下がらず暖冬です。今日も快晴、道路も乾いていてまるで太平洋側の気候です。昨年の22日頃は雪が50cmも積もっていた。

 本物の高断熱・高気密住宅を作っている業者は結露に関しては科学的に説明して暮らし方使用方法さえ住まいする人が間違えなければ結露は発生しない(暮らし方の指導が必要)。大手メーカーで建てた人が結露が出たので呼んで説明を受けたら営業マンが内と外の温度差に寄るもので気になったらタオルで拭いて下さいだと?今時こんな会話をするなんて頼んだ建て主も勉強不足で悪いがそれ以上に大手メーカーの金額の内容に伴っていない北国仕様に毛が生えたような建物を作っているのに腹が立つ。

 青森県立美術館での結露問題での設計者のコメント「北側に面しているため、ある程度の結露は想定していた。作品に影響を及ぼすほどではないと認識している」
東京の有名な設計者が美術館を作ってこんな事を言い出すなんて情け無い、室内環境に関して此のレベルだったら地元に根ざした青森の設計者の方が余ほどいい物を作れるはずだが地方のお偉方は有名な設計者に依頼する。例に漏れず秋田県も北秋田市の植樹祭会場式典会場のデザイン等について、広く企画提案を公募し、委託業者を選定。「公募型プロポーザル」を実施して大阪の安藤忠雄建築事務所に決定したんです。

東奥日報によると

 今年の7月にオープンした青森市の県立美術館で展示室としても使われている部屋の一部に、結露が発生していることが二十一日、分かった。美術館は「作品まで距離があり、すぐに影響はない」と、壁際にタオルを敷いて対処しているが、「作品にとって良い環境でないのは確か。これ以上悪化するなら対策を講じなければならない」と苦慮している。

 結露が発生しているのは、地下一階の常設展示スペースの一角。棟方志功展示室と洋画の展示室の間の、壁一面がガラス張りになった空間で、現在は志功愛用の画材などの資料や他作家の彫刻を展示している。

 県立美術館の話では、十二月に入ってから鉄製の窓枠や窓の横の防火扉に水滴がつき始めたという。窓の内側の下に結露受けとして設けてある溝にタオルを敷いたが、水がしみ出し、床の色が変わっている所もある。

 県立美術館を設計した青木淳さんの事務所「青木淳建築計画事務所」(東京)によると、結露が起きている部屋は「展示室前室」として設計しており、展示室よりももともと環境設定が低め。結露対策としてペアガラス(空気層を挟んだガラス)を使っているが、完工後初めて冬を迎えた昨年も結露が確認されたという。「北側に面しているため、ある程度の結露は想定していた。作品に影響を及ぼすほどではないと認識している」と話す。

※写真=外に面したガラス窓の内側が結露した県立美術館の展示室


  今日の午後から切り替え作業を進めてブログを一新です。エキサイトに移行しました。
by titeki-oota | 2006-12-22 15:33 | 雑記帳 | Comments(0)

トラッキング火災か?

c0104793_15534075.jpg【トラッキング現象とは】

 テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電製品の電源プラグをコンセントやテーブルタップに長期間差し込んでいたため、コンセントとプラグとの隙間にほこりが徐々にたまっていき、このほこりが湿気を吸うことによってプラグの電極間で火花放電が起こり、発熱して発火に至ることを『トラッキング現象』といいます。

 秋田さきがけ新聞の記事に寄ると先月末に秋田市雄和で起きた火災は焼失面積がわずか1平方メートルながら2人も亡くなってしまった。住宅が気密かされて煙の逃げ場が無く室内に充満したのが原因と見方を強めている。
2階で長女1階で父親が倒れて一酸化中毒で犠牲となってしまったが、2階寝室のコンセント差込口付近に積もったホコリに引火した可能性が高い。出火時間が深夜から未明にかけてとみられコンセント付近の壁やマットレスを焦がした程度で付近の住民は火事だと気がついていなかった。
 
 市消防本部でもこの程度の燃え方で人が亡くなることは経験が無いと言っている。

 コンセント周りの掃除と今年の6月から新築住宅に義務付けられた煙用の火災警報器が設置されていれば死亡事故は防げられたかも知れない。
by titeki-oota | 2006-12-21 15:53 | 雑記帳 | Comments(0)

ノロウイルス

 ノロウイルスが毎日報道され各地で大騒ぎになっています。
大館市内でも小中学校での約400名に症状が出て全国ニュースになっていて食中毒の原因も分かって、どうやら給食に出されたパンに断定された。

 管理者も時々食べている社名のパンだったのでその気になって問い合わせるとパン屋さんの名前が紛らわしく似た名前で最後の一文字しか違わない為の間違いだった。勘違いされたパン屋さんは泣いていた。市内のスーパー等に卸しているし通信販売もやっている為にあっちこっちから問い合わせの電話があり大変迷惑して明日にも新聞に関係ない旨の広告を出す話しをしていた。間違われたパン屋さんはとんだトバッチリ受けてしまったが「風が吹けば桶屋が儲かる」関係で喜んでいるのが?品物が足りなくなるくらい売れている、次亜塩素酸ナトリウム液です。
消毒使用するにはパターン毎に水に希釈して濃度を変えなければいけない。

 販売している商品によっても原液濃度が違う。
   次亜塩素酸ナトリウム液 商品名一覧
1% ミルトン
5~6% ハイター・ブリーチ
6% ピューラックス
10% ピューラックス-10

 ※金属等腐食の可能性のあるものに対して使用後には水ぶき等することと塩素系の消毒薬を使用できない素材のものには熱湯消毒等する。
by titeki-oota | 2006-12-20 15:52 | 雑記帳 | Comments(0)

換気あれこれ

 買い物に行っても食事に行っても他人の家を訪問した時でも一番に関心があるのが換気設備と玄関戸を開けた際の匂い(生活臭)。
設備が新築当時のままに掃除もされず壁、天井に付いている排気口のガラリも汚れたまま使用している所が殆どである。今日も5年程前に引き渡したお客様を訪問して来ましたが吸気口・排気口どちらも汚れていたのでアドバイスして掃除方法も知らせて来ました。
 
 新築で換気について誰も関心が無く飾りの如くただ付いているだけの換気システム。本気になって実効性を求めたら殆どの家が完成引渡しが出来ないはずです。
実態調査でも換気が上手く行われない家が多い。換気設備の設計・施工がまだきっちりと確立されていない。

 室内、外の環境にも依るが、ダクトやフィルターに虫や綿ホコリなどが詰まっているのも多く見られる。
換気設備が住宅に付き始めたのも日が浅く、当初から海外から輸入した製品・技術が多く耐久性・使い勝手と言う点ではまだまだ改良の余地がある。
 
 業者によっては全てのダクト管に蛇腹管を使用しているがこれだけは絶対止めた方が良い。清掃するにしても汚れが落とせないし衛生上問題があるのと後々換気能力が落ちて来る。海外では殆どの国で使用していないのに日本だけは素人でも樂々と施工出来るのとと人工(ニンク=手間代)がかからない為に採用されている。

 換気設備は耐久性という面から見ると新築から性能が何年維持できるかを知るのは難しい。
本来、住宅は耐久性は高くなくてはいけないがそれに付随して設備も保守と更新を前提に考えて行かなければいけない。
家を計画する際にはこんな事の細かい事にも気を配って欲しい。換気は何よりも健康面でのウエイトが大きいですから。
「親の愛と換気は後から効いて来ます」
by titeki-oota | 2006-12-18 15:48 | 雑記帳 | Comments(0)

デジカメ

c0104793_15473823.jpg 朝に次女がデジカメを見たいから、弘前市に連れって欲しいと言われ出かける。ネットで欲しい機種のカシオEX-Z1000の最低価格を確かめると二万七千円なので此の価格に近ずける様に買い物を楽しんで来ました。

 最初に行ったお店がカメラのキタムラ、何と!大安売り年末モードに入っているのかカメラ本体とSDカード1GBとガードフィルムが3点セットで32800円で提示される。もう此れだけで十分な価格だけど折角、買い物を楽しみに来た管理者は販売員とのトークを楽しみながら色々と店内を回ってから下取りはいくらですか?と聞くと兎に角何のカメラでも2000円とお言葉が返って来た。何とかカメラ無しで2000円引きに為らないか確認すると上司と相談してきますと一旦その場から担当者が居なくなる。帰ってきたらやはり品物が無いと値引きは無理との事なので、次はセットに含まれているメモリーカード1GBを512MBに変更したら価格はいくらになるか聞くと又聞いて来ますと居なくなる。
帰って来ると若い販売員は冷やかし客で無いと感じたのか?カメラ下取り無しでセット価格税込みで30800円でいいとの事です。これなら他の店に行かなくても即決定する。1GBのSDカードだけでも店頭売り4、5千円するし、更にガードフィルム700円もセットに入っているので何も言うことは無い。

 保証書を書く上で住所を書いたらワザワザ遠くから来て頂いたと上司の方がこちらは何にも言わないのにデジカメ写真活用ソフト5000円相当をドカンとプレゼントすると言ってきた。(余程物欲しそうな顔をしていたのか?)気分が良いのでカメラケースも一緒に買って、嬉しくて店員の方にお礼の言葉を掛けてキタムラを後にして念の為に他店の価格を見る為ケーズ電器に行くと本体だけで34000円で売り出されていた、もうヤマダ電器に行かなくても言いと家族にも言われ、今回は行かない。

 電器店での交渉?買い物は家族は脇に居て見っとも無いと言うがニコニコジックリと買い物をすれば店員も人の子です。又来て下さいと声を掛けてくれます。値引きますから声を掛けて下さいと店でも言っているが秋田県人は見栄があるのか中々言い出せないらしい。津軽の人は嫌な顔もせず、今回は行かなかったがヤマダ電機のT氏は顔馴染みになってしまい他の店を回って(価格確認して来て)から再度来て下さいと商売が上手い。

 出来上がってメーカーから出荷される商品は現場で1つ1つ組み立てる建築とかと違って技術とかのバラツキが無いのでネットで買い物してもいいんだが管理者は拘りがあって、やはりお店の店員と顔を合わせて買い物をしたい。
by titeki-oota | 2006-12-16 15:46 | 雑記帳 | Comments(0)

パイプフード

c0104793_15452794.jpg どこの家でも必ず付いているパイプフード。家の中と外を行き来きする吸気、排気等の空気の出入り口です。

取り付けるフードタイプも良く選択しないと外壁を汚したり結露水が壁の中に入ったりパイプの中の結露水が逆流したりと、たかがフードされどフードなんです。
写真の内部に見えるグレー色のパイプが2CM位突き出ているのが分かりますかパイプも水勾配を付けて外部に流れ出る様にして外壁に伝わらない様にして汚れ「ヨダレ」が外壁につかない工夫をしています。




c0104793_15453762.jpg 裏側から見たフードパイプに差し込むツバがありません。此のタイプのフードを探すのは大変です。殆どのメーカーの製品がつば付きで出回っている。



c0104793_15454540.jpg 市販品のつば付きパイプフード
パイプが外壁面とゾロになってそこにフード(ツバ)を差し込むのでパイプとフードの間から水が漏れて外壁を汚したり又は接続パイプの中に汚れ水が溜まっている。

by titeki-oota | 2006-12-15 15:45 | 雑記帳 | Comments(0)

身体障害者用駐車場

c0104793_15444140.jpg 写真は今日、会社の近くのスーパーに買い物に行った際2台のスペースに20代の女性と60才~70才くらいの夫婦2組が丁度店内から健脚でスタスタと御利用なさって?いました。
  
 各店先で障害者用駐車場を平気な顔して利用している健常者がいる。多くの大型店では障害者用の駐車スペースを備えている。正しく使われている駐車場は数少ないのではないだろうか。?

 内部障害者の方もいるので、外見だけで判断するのは早計であるとは思うけど、明らかに健常者と思われる輩(やから)が
駐車しているのを見かける。障害者用駐車場は、お店に至近距離で便利だし混雑時や雨天時にふと停めたくなるのは分かる。でも、ちょっと離れたところに停めたとしてもなんの不都合があるのか?そんなに遠く歩く訳でないのについつい停めてしまう、只、面倒だからそのドライバーの人間性を疑ってしまう。

 
 車椅子用の駐車場は、大きく車椅子のマークが書かれている。
果たして、どういう方が停めるべき駐車場なのか?
これが、はっきりしない。車椅子を使用する方のために作られたものか?あるいは、身体障害者(特に下肢障害)のための
ものか?はたまた、視覚、聴覚、内部障害者等々まで含むものか?一時的に(骨折等で)移動を困難にする方はどうなのか? お店によっては、「車椅子専用」とか「障害者専用」、はたまた妊婦さん等も含むという表示やマークで示されている場合もあるが、
それもお店によってまちまちである。
 

 折角の障害者用駐車場、その進入前には、停められないようにカラーコーンがドーンと。そういう駐車場が驚くほど多い。 一部の心無い健常者が駐車しないように置いている。本当に必要な障害者の利用を妨げている。車椅子の方が単独で運転する車はどうやって駐車したらよいのだろうか?

 もっと悪質なのはカー用品店に売られている身障者マークのステッカーを若者が買い求めている。どうして日本人の心は・・・
by titeki-oota | 2006-12-14 15:44 | 雑記帳 | Comments(0)

初冬のお天気が

 12月中旬なのに昨年の豪雪と打って変わって今の時期にしては今日は暖かく夕方から時々どしゃぶりの雨が降ってきました。この頃は雪かたずけが無くて楽ですねと挨拶をしてます。いかに昨年が凄い雪だったか思い出しただけでもゾットします。
前に予約した除雪機が納品されませんし予定連絡もありません。
中旬頃には連絡を入れるし多分納品は出来ますと聞いていたが・・・メーカーでは今年の生産は打ち切っても小売店には、やはり昨年の雪の事が頭から離れずまだまだ機械を欲しいとお客が店頭に来るようだ。
困った!来週くらいには雪が降る可能性が天気予報で出ている。
考え方を変えれば良い事が多いから良しとしましょう。
暖房費が少なくて済むし外の現場は雪が無い分、作業がはかどる。

 10月の岩手山登山の際にへっぴり腰で下っている最中にストックを巻き込んで転倒して痛めまだ整骨院に通院しているが腰と腕の痛み具合も波があって気温が下がってくると痛みもチクチク増大してくるので今のままで気温が下がらないで欲しい。
by titeki-oota | 2006-12-13 15:43 | 雑記帳 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん