カテゴリ:Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス( 4 )

 天気予報を見ても今週はずっと雪か雨交じりの雪が多い中で理想的な1日だけコンクリート打設が出来る日が・・・それが11月21日だけであった。


 天気とニラメッコしながらコンクリートを打設する業者は皆んな考える事は一緒なこと。この日も混雑していて注文も時間的に合わずに苦労しました。


 先ず生コンを手配すれば午前、ヘリポート建築で50立米以上の打設が入っているとかで午後の一番に回され肝心の生コン圧送車は此の近辺の業者が全て忙しくて断られ潟上市から1時間半も掛けて来て頂きどうにか作業を行う事が出来て一安心であった。


 それでなくても左官職人が少ない中で、当日の職人の都合、天気との兼ね合い、圧送車、生コン車の手配とどれ1つ掛けても作業が出来なくなるので毎回の事だが調整しながら各業者からOKを貰うのは大変である。

   
 立ち上がり型枠にスランプ15センチの生コンを入れて行きます。浮かせている型枠下部から土間に流れ出て来ます。

c0104793_10295252.jpg
c0104793_10302879.jpg
 次に土間に生コンを流し込んで行くことに依って「立ち上がり」と「土間」がコールドジョイントが起きず一体化します。
c0104793_10331084.jpg
 仕上げとして土間を左官屋さんがコテで均して押さえて終了です。
c0104793_10343677.jpg
 生コンの呼び強度はいつもは24N/mm2を使っていたのが今回は「長期優良住宅」と言うこともあって30N/mm2と100年物品に変更しました。当然のように水セメント比も出荷表のように48.3%と小さくなります。
c0104793_10494417.jpg

by titeki-oota | 2017-11-24 10:41 | Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス | Comments(0)

  基礎の配筋検査を受けました。検査員は設計図書と照合しながら鉄筋のピッチやら重ね寸法、コンクリートのかぶり厚さ等も確認しながら検査は無事に合格です。

 
 今回の現場は「長期優良住宅の認定基準」などもあって基礎コンクリートに埋設する鉄筋の本数や太さも、構造計算結果に従い決定しました。

c0104793_09342770.jpg


 今回の現場も床下空間すべてをエアコン1台で暖房するに当たって立ち上がり基礎の間隔を広く取った空間となっていて構造計算上、シングル鉄筋のピッチは小さい所で85mmピッチに始まって150mm、200mmと多様な組み合わせ、更には鉄筋の径も16mm、13mm、10mmと、種類が多く図面とニラメッコしながら鉄筋を結束、いつもの仕様と違い現場は大変です。

  
 べた基礎の、スラブ筋にオーバーかなと思う位に投入された鉄筋量、普通の基礎造りの約2倍の鉄筋量を使用するのは、耐震性upの耐圧版にする為です。もし地震が発生した際に柱や壁を伝わって建物の全荷重を底面全体に分散させる役目も担っています。

c0104793_09345666.jpg


 鉄筋だけ強くしてもバランスが悪くなるので、同じように生コンクリート「呼び強度」も上げなければいけない。
耐久設計基準強度から言えば長期=30N/mm2(100年耐久)を外周部の基礎に打設する予定です。


 今さら言うまでもない事だが鉄筋コンクリートは「鉄筋」と「コンクリート」それぞれが役割を分担している構造体です。「鉄筋」は引っ張り力に強いが圧縮力には無力。「コンクリート」は圧縮力に強いが引っ張り力には無力、お互いの利点(強さ)を活かした構造体が「鉄筋コンクリート」なのです。 


by titeki-oota | 2017-11-17 09:35 | Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス | Comments(0)

 今回の現場、「基礎立上り断熱+土間床断熱工法」、写真の白い断熱材はベタ基礎の外周に使用する基礎断熱材です。


 板状断熱材は広く知られるEPS、分かりやすく言えば魚箱でお馴染みの「発泡スチロール」


 その材に防蟻剤を入れ成形した「パフォームガード」の150mm厚品となります。

 奥に見えている青い断熱材は土間に敷かれる50mm厚のスタイロエース品、床下エアコン暖房方法には特に欠かせない断熱材となります。(隙間が生じない生コン一体打ち基礎施工に付き、土間にはパフォームガード必要ありません。)

c0104793_11163899.jpg



by titeki-oota | 2017-11-10 11:20 | Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス | Comments(0)

 建設敷地の土壌入れ替え作業に入りました。
地盤調査を行ったら布基礎でもOKだと調査会社から報告を頂き、地耐力は何ら問題が無いのだが、試験的に掘って見たら黒土層にゴロ石が混じってのシラスが出て来ました。

 
 念には念を入れて50センチの深さで全面の表土を剥ぎ取ってから砕石を投入する作業を行いました。


 作業を行っていると、近所にお住まいの年配の方が話しかけて来て、曰く古い時代に此の場所に製材所があって色んな物が埋められた云々、と始まってどうやら、それらの怪しいモノを掘り起こしていると思って見学?に来たようです。(笑)

c0104793_13112250.jpg
c0104793_13113179.jpg



by titeki-oota | 2017-11-03 13:11 | Q-1 泉町Ⅱ モデルハウス | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん