カテゴリ:Q-1 A邸新築工事( 18 )

 Aさん宅のカーポートは設置した時から冬に横なぐりの雪対策は必要と感じていたが取り敢えず1シーズン様子を見ることにしてました。

 やはり、暮らしてみて何しかあった方が良いとの事から当初は簡単にメッシュシートを垂らす事を提案しましたがデザイン性やら耐久性、シート底部は重りなどで舞い上がらない様にするなど、考え始めたら気が重くなる事ばかり。

 そこでメーカーからオプションで出ているカーポートの横側に取り付けるパネルがあるが難点は安い単価でないのがネック。

 取り付け工事したサイドパネル3段(平板タイプ)の本体価格は定価だけを見ても何と約30万円と(工事費・諸経費は別)驚くような価格設定となっている。
c0104793_945861.jpg

 玄関から横側への出入りを考慮してパネルの出っ張りを短く加工してます。
c0104793_948844.jpg

 パネル取り付けに当たって支柱が1本増える事に依って足元のインターロッキングを取り外して支柱をモルタルで埋めましたが、抜いた箇所はインターロッキングを加工してから再度、埋め戻します。
c0104793_948331.jpg

by titeki-oota | 2013-10-24 09:48 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 昨年の7月からQ-1住宅で生活を始められたAさん宅ですが、初めての厳しい冬の生活を、どの様に過ごされているのか電気料金と共に知らせて頂きたいと連絡を入れた所、メールにて返事を頂きましたので紹介致します。

  
  ●●様

 遅くなりました。

 家の中はたいへん暖かく、快適です。
半袖でもOKです。
靴下も履いてません。
もっと温度を低くしてもいいのですが、いつまた
停電になるかと思うと、温度高めに
してたほうがいいかと思って高くしてます。

 欲をいえば、家の玄関前にも蓄熱体を1つ設置してたら、雪の始末が
楽だったかなあとおもいます。エヘへ。


    大館市●●町 ●●

  
 
 東北電力の料金明細も添付されて来ましたが 秋の頃のエアコンも暖房も入らない時期の1カ月の電気使用料金はAさん宅の場合6400円くらいの請求です。
c0104793_1382247.jpg
c0104793_1383815.jpg


 1月の(34日使用分)請求金額は24553円です。単純に秋の請求金額から差し引いた18000円余りが
大雑把ですが暖房料金と見ることが出来ます。

  詳細は1月分の夜間使用電力料金20772円ですからこの金額から温水器による給湯に掛かった料金だけを引きますとだいたい、金額が合います。

  20772円÷34日間=611円

  20772円-温水器給湯料金3000円=17772円

  17772円÷34日=523円
          
  31坪空間を暖める暖房だけに掛かった料金は1カ月(31日)×523円=16213円となります。


 1日(24時間)暖房して523円だけですと今や高くなった灯油1リットル宅配料金で昨日、見掛けたホームセンターの料金表示は103円でしたので5リットル程度しか購入出来ない事になります。
 
by titeki-oota | 2013-02-04 13:08 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 先週末でインターロッキング敷設工事を終えましたがこれで、A邸の工事は全ての作業を終えた事になります。

  昨年の12月上旬に解体工事に入りましたから途中に空けた期間もあったが約1年間に亘った工事でもありました。

 硅砂の影響でインターロッキングの表面が白っぽく見えますが今後の雨などに洗われたりして徐々にキレイな色調が表れて来ます。

 これからは除雪の際に砕石を引きずったりせず楽に作業が出来ますし、何より雑草に悩まされる事が少なくなるでしょう。
 
c0104793_105846100.jpg
c0104793_10584214.jpg

by titeki-oota | 2012-11-26 10:58 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 カーポート設置工事後は雨降りが続いて工事に取り掛かれずにいましたがカーポート・玄関周りにインターロッキング(敷ブロック)を敷き詰める工事に漸く入っております。
c0104793_12522666.jpg
c0104793_12524663.jpg


 その数、22坪余りの面積に全部で約3600個を並べて行きます。セメント混じりの砂で不陸調整を行いながら2色のブロックを交互に並べてゴムハンマーで叩きながら敷き詰めて行くんだが、しゃがんだ姿勢で腰に負担が掛かるし根気も必要とする大変な作業です。

 このブロックを使った舗装面は、目地に砂(硅砂)を使うので雨水が地面にしみ込みやすくアスファルト舗装と違って滑ったり、水溜まりなどは起きにくい特徴が有ります。
by titeki-oota | 2012-11-16 12:52 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 7月にお引き渡しを終えてから遅ればせながらカーポート工事を先週末に行いました。
 
 朝から取り掛かって夕方、うす暗くなる頃に漸くカーポート設置工事が完了しましたがカーポート工事は施工が難しいところでなければだいたい1日で終わります。

 それでも、4人で取りかかった作業を考えると少し手間が掛かったかも。特に砕石に入れ替えた地盤が固く締まって穴を掘り返すのに苦労したようです。
c0104793_13215515.jpg


 北国の雪かきは重労働です。写真でお分かりの様に 道路の直ぐ側からカーポート~玄関までの通路は少しだけの雪寄せで楽が出来そうです。
c0104793_1323198.jpg

 雪が降る前に、最後の仕上げとなりますインターロッキング工事にはいります。
by titeki-oota | 2012-11-12 13:24 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 エアコン2台(3.6KW・2.2KW)の取り付けを行いました。
取り付け工事は当社にいつも出入りしている電気屋さんです。
現場で立ち会って取り付け位置や下地材の確認、ステンビスの長さ、配管隙間充填(ウレタン材発砲)、カバー周りの防水コーキングなどを確認しながら丁寧に作業を進めて頂きました。
c0104793_1375488.jpg


 一般の方がエアコンを買い求める際は殆どの方は大手の電気屋さんから購入して取り付け作業は下請け業者さんが行っていると思います。

 エアパージ(真空引き)について以前にも何度か話題にしてますが、取り付け作業の大事なポイントとなります。
配管接続終了後、配管に冷媒ガスを充填する前に、管内部を完全真空にして気泡や水分を無くする作業で、これをきっちりやることで、エアコンの性能が保たれるとされ、電動ポンプで30分以上作動させるのが理想だが忙しい業者は5分くらいでポンプから「コォコォコォ」と空気が引かれている音がした段階で終える業者さんもいます。
仮に時間の短さを指摘しても、「エアゲージで確認しながらやってるから大丈夫!」と言われてしまいそうだが出来れば長くポンプを掛けて頂きましょう。
by titeki-oota | 2012-06-28 13:05 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 大館は昨日までのハッキリしないお天気に比べて今日は朝から快晴で爽やかな日となっております。
 
 午後からは窓メーカーさんが持参した気密測定機器を運び込んでA邸の気密測定です。
いつもなら準備から測定まで1人で作業して来たのに今日に限っては、なんと!3人も会場に入って用意万端、全て抜かり無く測定に当たってくれました。

 測定する対象実質延べ面積は144.75㎡で平屋建で窓ガラスは殆どが引き違い窓で気密性では多少不利な面がありますがそれでも、オート測定によって総隙間相当(開口)面積は48c㎡と出力されました。開口面積を実質延べ面積で割ると0.33c㎡/㎡です。仮に家中全ての穴をかき集めた隙間を全部足したとしますと凡そ6.9cm×6.9cmの細かな隙間が何処かに点在していることを示しております。
c0104793_16494541.jpg


 下の写真でも表示されているように総隙間相当面積は48㎡と表示されてます。
c0104793_165038100.jpg

同時に出力された隙間特性値nという値は1.39と表示されました。
c0104793_1650985.jpg

 このn値も大切な数値です。気密の施工状況とどんな隙間の開き方をしているかを知ることができる値で隙間探しの目安となる値となりチェック数字となります。
高いレベルの高気密住宅の隙間は非常に細かく、一方の気密の低い住宅の隙間は大きい傾向にあります。同じ開口面積であってもn値が2に近づくほど隙間は大きい箇所があって、1に近づくほど隙間が小さく点在していることを示します。
大工さんが気密を意識して作るとn値は1.0~1.5以内に収まるようになります。

 換気システムを考えれば気密性能値は幾ら高くなっても構わない。
それは気密が高くなればなるほどに省エネ性アップはもちろん小さな点在している隙間からの給気が減り、計画的に給気口からの新鮮な空気が計算値に近い量として排気に繋がってスムーズに流れ室内空気が汚れない結果へと結びつきます。
by titeki-oota | 2012-06-25 16:50 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 現在は石膏ボードを張り終えてしまって一切の断熱材は目にする事は出来ないが断熱材施工に関しての紹介を忘れていました。

 外部の付加断熱材を入れている所です。細繊維16K・100ミリを2枚重ねて200ミリ厚になり、此の上にタイベック紙を張ってから外装材を張ります。
c0104793_8464984.jpg

 外側の断熱施工が終わってから室内側の壁に充填された細繊維16K・100ミリです。これで内外の断熱材の厚さは300ミリとなります。
c0104793_8501646.jpg

 そして、最後に充填するのは屋根断熱材で同じく細繊維16K・100ミリを3枚重ねて合計300ミリの厚さに仕上げます。
c0104793_8525758.jpg

 断熱材入れが終わってから先張りしていた気密土台シートや壁・天井などの気密・防湿シートを重ね合わせながらぐるっと張り巡らして行きます。
 梁材と柱との取り合い部分の気密・防湿シート処理はブチルテープの上から胴ブチ材で押えて(テープが浮いて来る事がある為)気密の経年変化にも配慮しております。
c0104793_921811.jpg

by titeki-oota | 2012-05-23 08:59 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 1、4KWタイプの蓄熱暖房器を床下に設置しました。
床面積は平屋で約31坪。事前に暖房計画計算から弾き出された必要暖房負荷は安全率15%多く見ており1.4KW蓄熱暖房器6台です。

 室内の壁に掛けられた操作パネルで蓄熱量設定は大・中・小で運転を行います。

 床下蓄熱暖房器システムは、蓄熱本体、集中制御ボックス、床ガラリ、室内操作パネルで構成されていて深夜電力でレンガに蓄えた熱は、ゆっくりと放射されて床下で温まった空気が床ガラリ(通気孔)間仕切り壁などを抜けて室内を自然対流し、同時に床下コンクリート基礎・土間全体に蓄熱しながら暖める仕組みでファンを使った強制対流方式と異なり、気流感やホコリの舞い上がり等がありません。
c0104793_1391822.jpg
c0104793_1392797.jpg
c0104793_1393752.jpg

by titeki-oota | 2012-05-18 13:09 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)
 今の住宅の多くで屋根庇(軒の出)や窓上の霧除けが少なくなって来ておりますが、長い目で見た時に耐久性の面で不安は拭い去れません。

 「ひさし」部材 は既製品も販売されてますが、いつもの様に板金職人さんがコツコツとトタン板を加工して手作りしてくれました。

 窓の上部に被せる小庇(こびさし)に依ってシーリング材が無い為に、汚れにくくメンテナンス性にも優れております。

 窓枠から雨などが外壁を伝い流れないようにすることで、窓の汚れを抑え外壁の汚れも抑える効果があり長期における(シーリング材は劣化します。)開口部からの漏水防止の役目も果たします。
 
 上部窓枠の上にタイベック紙を被せてからブチル系テープを張り小庇を取りつけ胴ブチで押えます。
c0104793_1048196.jpg


 窓枠にすっぽりと小庇(こびさし)を被せ終えた所です。ひさし上部は傾斜が付いておりますので雨水は溜まらずに自然と流れ落ちます。
c0104793_10494524.jpg

by titeki-oota | 2012-04-30 10:49 | Q-1 A邸新築工事 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん