<   2007年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

タミフルは白か黒か


 またもや悲しいニュースが。27日に仙台市内でマンションから中学生の転落事故があった。
タミフルとの関連性についてはまだまだ色々な話が飛び交っていて、なんとも言えないが、ただ事故死にいたるまでの異常行動は確率から言えば低いとは思うが
幻覚を起こす薬は「タミフル」に限らず、精神が異常に高揚したり、問題行動が起きるという薬には何らかの副作用があるものと考えた方がいいが服用しても何の問題もなく治癒している人も沢山いる。投与する際は周りの方が目を離さず注意深く観察するしかない。
元々、インフルエンザ(インフルエンザ脳症)は、突然死や異常言動、興奮、幻覚などの症状が報告されており、タミフル服用後に症状が出た場合、副作用との区別は難しい。
c0104793_8395286.jpg 
 薬の副作用との指摘に対して、厚労省は因果関係に否定的だ。厚労省研究班は昨年11月、約2800人を対象にした調査で「タミフル服用の
有無によって、異常行動などの現れ方に差はない」との結果を公表した。
先日の愛知県の中二少女のマンション転落事故他、神経系の副作用による若者達の異常行動により死人が出ている。

 日本のタミフルの使用量は世界で最も多い。(世界中での全生産量の7割~8割りを日本が買っているが少し異常だとおもいませんか?)個人的にはこんなに安易に服用していては将来、薬剤耐性菌がでて来た時に切り札となる薬剤が無くなってしまう。
(世界の製薬メーカーは次世代薬剤を研究開発を勿論しているがどの薬剤でも管理者は少しばかりの知識が邪魔をして安易に服用したくない。)
抗生物質の歴史が物語っている。

 タミフルの原料としての「八角」は、ほんのひとかけら入れるだけでものすごい香りを漂わせる強烈な香辛料。
この八角を何段階かで加工して作る成分にウイルス抑制効果があるが、そういう八角を調味料として活用している中華(中国)の歴史は凄いことだ。さらに八角をうまく利用して「タミフル」に八角から取れる成分(シキミ酸)を使って製造して儲けているスイスの製薬会社「ロシュ」の商売はもっとスゴイことだ。
by titeki-oota | 2007-02-28 08:49 | Comments(0)

冤罪の恐怖

 
 
23日に鹿児島地裁で、鹿児島県議選に関する選挙違反事件で、被告12人全員に無罪判決がでた。
これほど冤罪と分かりやすい事件は無かったのではないだろうか?

 事件の情報が分かってくると、全くの冤罪だと言う事が分かってきた。
お金を渡したとされる議員はその日、同窓会かに出席していて金銭供与は不可能である。

 自白が証拠のほとんどと言うし、物的証拠が無いのも問題である。
3ヶ月以上も拘束されて何が何でも自白をさせる姿勢は取調べも机の上に両手を載せて
下ろさせない姿勢を何時間も強制したり早朝から深夜までに及ぶ過酷な残酷取調べがあったと言われているし
取調べの中で踏み絵ならぬ、名前を書き込んだ「踏み字」までも行われていた。
警察内部で今でもこんな取調べを行っているとは・・・なんとも怖い事だ。
通常の冤罪事件とは、明らかに違う権力犯罪の匂いがする。
重大な権力犯罪なのに、担当の法務大臣、国家公安委員長がなんら反応が無いのは?
その前に鹿児島県警の違法捜査と、でっちあげ捜査を見抜けなかった鹿児島地検も問題だ。


 ”本当はやっているのではないか”
当事者にとって、これが一番の苦痛だろうと思う。。

 現代にまだこんなことが行われていると言う事は、誰にでも
冤罪事件は起こりうると言う事になる。

 裁判員制度が二年後に迫っている。
どんな人でも抽選で、嫌がおうも無く「素人」裁判員になる。
私たちは警察が調べた証拠だけで、人を裁く立場になる。
法律に全くの素人の人間が本当に被告の人生まで決めかねない重大な裁判に何処まで入り込んで参加していけるんだろうか?
そして、その場の雰囲気に飲まれないか?ましてや大館みたいな小さい都市は結構、顔見知りだったりする可能性があるし、その場では冷静に判断が出来ないと思う。
開かれた法制度をと言うけれど、まだまだ詰めなければいけない問題が沢山残っているような気がする・・・・
by titeki-oota | 2007-02-27 06:51 | Comments(0)

ガス中毒

 パロマから始まりガス湯沸し器によるCO中毒事故はリンナイで終息するかに思えたが、とうとう(ストーブで一段落した?と思ったら今度はガス中毒だ!死者数も多い)松下電器にまで及んだ。
製造メーカーも日本ガス石油機器工業会も、事故の実態は当然把握しているはず、しかし、今までメーカーが訴追されることは無かった。
責任の所在が曖昧なまま、ユーザーに転嫁されていただけ、それがパロマの事件を皮切りに、次々と各メーカーへと飛び火して行った。長年に渡り個人の過失で済まされて来て亡くなった方は気の毒であったが命と引き換えに怨念が企業の犯罪を糾弾したに違いない。大きく社会問題化しない限り仮に個人が幾ら訴えても大手メーカーは相手にしないだろうし技術的、金銭的にも欠陥を証明するのは不可能に等しい。

 アフターサービスの際に、ある時期の、ある品番機種だけに故障が出て同じ症状が出て明らかにメーカーに問題がある部品欠陥だと確信する時がある。
それでもメーカーは部品代・出張費・技術費・消費税と当たり前のように請求書を送って来たときがあった。今までのアフターサービス台帳から其のメーカー機種を抜粋
して代理店を通さず直接、提示して苦情申し込みをしたら全て無料になった。しかし保証期間が過ぎたら其の部品の故障発生については有償となってしまった。
本来は対象部品を全て交換して無償が当たり前だと思うが故障が出なければ正常品なのか欠陥品との境があやふやにされてしまった。メーカーからは現象についての説明
はあったが(お客から聞いているので分かっている。)最後まで欠陥だとは言わなかった。
 
 ガス器具、の見える所に大きく 警告 とスッテカーが張られて
小型湯沸器はこんなにたくさんの空気を使います。

● 小型湯沸器は、ガスコンロの約4倍もの空気が必要です。新鮮な空気が不足すると、不完全燃焼を起こして非常に危険な状態になることがあります。

注意 特に次の点に十分ご注意ください。

● 換気が不十分だと一酸化炭素中毒を起こす恐れがあり、最悪死亡事故に至ることがあります。小型湯沸器をご使用のときは、必ず換気扇やレンジフードファンを回すか、
窓を開けて排気が外に出るようにしてください(暖冷房中にも忘れずに)。 ←今時に冬は寒くて窓を開ける人は殆どいない。(全部個人の責任で済まそうとする。)←国がもっと先頭に立ってこんな住環境を改善する
方向で法律を作り直さなければいけない。
● 浴槽・洗濯機への給湯や、シャワー・洗髪でのご使用はたいへん危険ですので絶対におやめください。
● 給気口にゴミがつまることがありますからときどき点検をし、お手入れ(布などできれいにふき取る)をしてください。

 c0104793_154341.jpg
 一昔前はこんな石油コンロで煮炊きしながら暖房も兼ねて居間台所に鎮座していた。
マッチでの付け始めと芯を下げた時の消火時の臭いが懐かしい。
 石油コンロが昭和30年代に第一次のブームとなるが此の頃から室内の空気を使用する器具がデザイン・性能は変わっても室内空気を使用する事はは何ら変わっていない。
当時の家は隙間だらけで燃焼ガス(懐かしい眼にしみる灯油の臭い)もどっかに拡散して消えていたが現在は格段に気密性が高まっている為事故になる確立が高まってしまった。

 室内の酸素を必要とするファンヒーターもガス湯沸かし器も消費者がボイコットすればメーカーも作らなくなるのだが事が大きくならないと簡単・安い・手軽な品物の為に買い求めてしまう。
 
by titeki-oota | 2007-02-26 14:03 | Comments(0)

食べすぎに効く本

 食べ過ぎて困る方にタメになる本を紹介。飽食・偏食の時代にピッタリの内容である。
漢方医学で言う「医食同源」は正に名言である。
現代医学的には、食と病気の関係については、塩分が血圧や腎臓に好くない、糖分の摂りすぎが糖尿病に好くない…などと、断片的に病気と食物の関係を云々することはあっても、食物が病気を作る、または正しい食物が病気を治す(こともある)という点についての思想は西洋医学には存在しない。

 食べない事、タバコを吸わない事、酒もホドホドに「自分」をコントロール出来れば
生活習慣病も減らせられるんだが・・・・

イシハラ・クリニック院長c0104793_111659100.jpg
石原結実/著 、ベストセラーズ
価格:756円

 山に行っても、心筋梗塞で倒れているイタチや、脳卒中で半身不随のタヌキ
寝たきりのキツネなどに出会うことは無い。 彼らは、皆元気なのだ。
まれに病気をしたり怪我をしたりすると、『食べないこと』か『発熱』によって治す。

 人間も身体に変化があれば『食欲不振』と『発熱』で治そうとしているのである。
体力をつけるために無理して食べねば、とか、体力を落とさないために薬剤で無理矢理に解熱させて
逆に病気の治癒を妨げたり、長引かせたりしているのだ。

 日常生活で人間は空腹で死んだ話は聞かないが、食べすぎで死への時間を早めてしまう。
食べすぎ(満腹)のときは、高血糖、高脂血症、高尿酸血症、・・・・といった生活習慣病。
さらに、食べすぎは免疫力を阻害・低下する。満腹だと血液中の栄養状態が良くなって白血球も満腹になってしまい
このため、外からバイ菌やアレルゲン(花粉、ハウスダスト、食物アレルゲン)が侵入し、あるいはガン細胞が発生しても、満腹の白血球はそれを食べようとしない。
逆に空腹になると血液中の白血球も空腹になり、バイ菌、アレルゲン、癌細胞などの有害物をむさぼり食うようになる。 
つまり、食欲を無くして白血球を空腹状態にさせ、免疫力を高めてこれが、人間・動物に与えられた自然治癒力なのだ。
また、白血球は体温が低下すると働きが鈍くなる。風邪の時は熱を出して白血球の動きを活発になり身体を元の様に治ろうとしている。

 では、病気にならないために何をするか?

 身体を温めることである。(最近の日本人は体温が下がってきている。)
ガン細胞は35.0℃で一番増殖し、39.3℃以上になると死滅する。体温の高い心臓、脾臓、小腸では癌は発生しない。
平熱より体温が1℃低下すると免疫力が30%以上低下するという。逆に平熱より体温が1℃上昇すると免疫力が5~6倍になる
◆筋肉を付ける
筋肉は体重の約45%(女性は36%)有って、体温の40%以上を産み出している。
その筋肉の70%以上が下半身に存在するので、下半身の運動を心掛ける。
◆シャワーでなく浴槽に入って温める。
入浴して発汗するときには体温が1度上昇し、免疫力がアップする。
お腹を冷やさない。 
重要臓器が収まっている上に、腸の中には、全免疫細胞の70%が存在している。
◆身体を冷やす食べ物より、身体を温める食べ物を。
簡単に言えば、夏好んで食べられる食品に、身体を冷やす食品が多い。
つまり、病気が増えてきている原因は「食べ過ぎ」と「体温の低下」にある。
by titeki-oota | 2007-02-24 11:20 | Comments(0)

悪質リフォーム工事

  昨年1年間に検挙された訪問販売による悪質リフォーム事件の被害額が、前年比13.5%増の約252億8953万円に上り、統計を取り始めた2004年以降、
最悪となったことが22日、警察庁のまとめで分かった。1人当たりの被害は約92万円から約54万円に減少したが、被害者数は95.3%増の4万7204人に達し、
過去最多となった。
検挙事件数は前年比4.7%増の67件、検挙人員も18.9%増の220人で、いずれもこれまでで最も多かった。
同事件を含む特定商取引法違反事件などの検挙は11.3%増の138件で、1990年に統計を取り始めて以降、最多。検挙人員は16.7%増の385人だった。 
(時事通信)
c0104793_11454227.jpg
 
 騙す人と騙される人、それぞれの思惑があって結びつくんだと思うが心が通わなくなったのか信頼し過ぎるのか金額面だけで飛びついた結果なのか、被害者数が余りに多すぎです。数字上に現れない現場を入れるともっと沢山の方が被害に遭っていると思う。
 リフォームで、最も関心があるのはキッチンを含めた水廻り、と外壁の張替えが多いが、暖かくなって来ると外壁リフォームは県外からも多数の業者が積極的に営業展開
して来ます。外壁リフォーム業者の中でも契約を取ると直ぐに下地材(胴縁)だけを打ってしまいキャンセルしずらくさせ、考える時間を与えない。

 或る時期、大館市内に秋田市の水道工事屋さんが進出した事があったがズサンな工事で評判も悪く3、4年で撤退したが今でも其処の会社はマスメディアで盛んに宣伝活動をしている。 

 恐らく参入する業者からすると、最も入り込みやすく、あまり専門知識も必要でないと考えている会社もある。よくある営業トークは、「道路沿いで目立つ
場所で目立つものですから宣伝になるからと特別価格で工事させてください」とか、「今ある外壁の上から重ねて張る方法は、張替えに比較して剥がした外壁材を処分する
費用の分がお得になる、当社オリジナルの外壁材を只今キャンペーンに付き、○○%値引することができます。」
急いで工事を進めて行くから窓周りのコーキングも雑に やられて将来、逆に外壁の中に水が入らなければいいがと言う現場も見受けられる。

 ちょうど張替えを検討していたところなので今すぐに行えば断然にお得なのではと考え、簡単に契約を結ぶケースもある。しかし、これで本当によいのか?
確かに重ね張りして問題ないケースもあるでしょうが。ところが現在の外壁材の損傷がひどいにもかかわらず、そのまま重ね張りを行っている場合も見受けられます。
本来外壁が損傷しているということは、中の見えない構造の部分も傷んでいる可能性もあります。見えない部分なので一番心配な箇所でもあるのにやはり外壁の張替えを行うにも専門家の診断を行こなうのが安心です。外壁張替えは構造体をチェックする最もよい機会です。
by titeki-oota | 2007-02-23 09:40 | Comments(0)

床下で水漏れ

 当社のお客様から(築11年)「お風呂に入っている時に床下から何か水の変な音がする?」と連絡が入る。
早速、翌日に水道屋さんと訪問して床下に潜って原因究明に取り掛かります。管理人は床下に入らず室内で止水栓を操作したり畳を起こしたりしていたが水道屋さんはホフク前進のお陰でパンツまでビショビショになりながら頑張ってくれて保温カバーを外して漸く水漏れ箇所を探し当ててくれた。
場所はお風呂場近くで給湯ボイラーからの銅配管に1ミリ程のピンホールが開いて、そこから噴出していたのだ。

 耐久性のある銅管に何故、小さい穴が開くのか色々と研究されて来ているが直ぐ此れと言った解決策が無く結論から言えば銅管を架橋ポリ管などの非金属管(加工された金属管)に取替え変更工事した方が早いのかも知れない。
北海道にちょくちょく勉強に行ってた時に登別市近郊に水道管に穴が開く地域がある事を始めて知ったが大館市内の或る地域にも似た現象が出る地域があるが・・・

 管理人の自宅でも設置した給湯ボイラーが6年目で内部の熱交換器(缶体)に穴が開きメーカーのメンテ曰く珍しいですね~の一言で終わり。購入から5年迄はメーカー保証があるが・・・泣く泣くン十万で新しいボイラーを買い求めたけど当時、電触に因るものですと言われたような気がする。c0104793_9493994.jpg
銅管は耐食性、施工性に優れていることから、給水給湯配管として広く使用されております。しかし、一部地域の河川・地下水などの使用水質、PH値、
使用環境によって局部腐食を生じ、漏水することがあります。
 当社では8年程前から給水・給湯管には全て架橋ポリエチレン管を採用している。
●銅管の孔食とは?

 孔食とは,金属の局部腐食の一種です。
 金属の表面に小さな孔(ピンホールと呼ばれます)ができ,その内部に腐食が進行することです。

●どうして銅管は,腐食するの?

 水質も係わりがあると言われておりますが,管の材質や管の接合に使う材料,また,使用中の温度や流速などいろいろな要因や条件が考えられ,
これらが複合的に作用して発生すると言われています。

循環式給湯系(集中給湯システム)の銅管に生じ易い腐食。

 特徴 ・孔食部の上に塩基硫酸銅の盛り上がりを生成し、孔食内部に亜酸化銅
 及び塩化銅が詰まり、間口が狭い。
・重炭酸イオンに対し硫酸イオンが多く、残留塩素の高い水で発生し易い。
・溶解性シリカが多い水中でも発生し易い。
水質分析項目のうち,特に銅管の孔食発生と密接な関係があると言われている「電気電導度」と「硫酸イオン」


●銅管の孔食による漏水が発生する時期は?

 孔食により漏水が発生している箇所の使用年数は,設置後(住宅等の建築後)10年以上経過しているケースや6年程度のものもあり一様ではありません。
 様々な腐食要因により,腐食の度合いが異なるのではないかと考えられています。
 また,銅が錆びると緑色の緑青(ろくしょう)ができますが,緑青は無害であることが研究によりわかっています。

●孔食に耐えられる給水・給湯用の配管材料とは?

 孔食に耐えられる給水・給湯用の配管材料も製品化されています。
  例えば
  ・合成樹脂管
  ・耐孔食性のある銅管(内面に金属のスズコーティングしたもの)
  ・内面被覆した鋼管やステンレス管など
by titeki-oota | 2007-02-22 09:51 | Comments(0)

天空からの生還

ニュースを見たとき思わず息を呑むくらいビックリ仰天!
管理者もヒヨコパラグライダーをやっている者として吸い上げられる前後の事は少しだが分かるので緊張と恐怖が頭の中で交差してしまった。
 ゲルマン女性で体格も良くて皮下脂肪と気を失ったのが幸いしたのか?。
オーストラリアは南半球にあるため今は夏である。遭遇したのは積乱雲か?飛行する際にもっとも危険な現象の1つでもある。(積乱雲)入道雲があれば飛行機だって危険で避けて飛行します。

 男鹿・寒風山展望台上空からの眺め
c0104793_8212618.jpg



 嵐で上空1万メートルに巻き上げられたパラグライダーが生還=豪州
時事通信
【シドニー18日】パラグライダーの選手が飛行中に突然、雷を伴った嵐に襲われ、風で約1万メートルの上空まで巻き上げられたが、
ジャンボジェットが飛行するような高度と凍える寒さの中で約1時間、気を失った後、何とか地上に生還した。この幸運な女性は、
ドイツ人のエバ・ウィスニエルスカさん(35)。
 ウィスニエルスカ選手は、今週オーストラリアで行われるパラグライダーの世界選手権に備えて14日、同国東部で練習をしていた。
飛び立った時は天候はほぼ完璧だったが、90分ほどして突然、嵐に見舞われ、上空高く舞い上げられた。
 同選手は、「そこらじゅうで雷の音がした。暗くて、何もかもが凍っていた。どうすることもできず、ただ祈るしかなかった」と語っている。
 同選手は1分間に約400メートルの速さで上空に巻き上げられ、気を失った。気がついた時には高度6900メートルのところを流されていて、
体やパラグライダーは氷で覆われていたという。マイナス50度の温度に耐えて同選手が地上に戻った時は、体は氷で覆われ、凍傷で黒ずんでいた。
 計器は、同選手が最高で9946メートルまで上昇したことを示していた。同選手の異常な体験は、たとえて言えば、
15分間で世界最高峰のチョモランマ(エベレスト)に登るようなものだという。
 同じ嵐に襲われて42歳の中国人選手が体温の異常低下と酸素欠乏症のために死亡しており、ウィスニエルスカさんは「誰に感謝していいのか…。天使にかな」
と話している。死ぬほどの体験をした同選手だが、もし傷が回復すれば同選手権に出たいと話している。
最終更新:2月19日12時9分


 先日、これもニュージーランドでの出来事であったが、
スカイダイビングをしていた人のパラシュートが開かなくなって、
上空4500mの高さから地上に激突した!っていう話がありましたが
落下した男性は、茂みの中に(枝等がクッションか)、友人が急いで男性のもとに駆けつけ、
「何か話せる? 大丈夫か?」と話しかけると、男性は「だめだ」と答えた。とか

この人も幸いなことに足を骨折した程度で済んでいる。
世の中は最強運の持ち主って本当にいるけど其れより人間の身体は如何なっているの?。
by titeki-oota | 2007-02-21 13:47 | Comments(0)

観光名所の橋から

 c0104793_8422150.jpg
 年に数回は国道102号線 黒石市を通って途中から国道394号線に入って八甲田山に向かう際に「城ケ倉大橋」を渡って行くが此の橋は高さが有りすぎて維持メンテナンスが大変である事が予想されたので鋼材は特殊な鉄で出来ていて一見すると真っ赤に錆びているが耐候性鋼となっている。表面に生成される安定さびによって耐食性をもたせる鋼材。ある程度さびると、それ以上の腐食の進行は極めて小さくなるので塗装を必要としない。

 観光シーズン中は橋の上は観光客で大変込んでいる名所でもある。
渓谷に架かっている橋から渓谷の下までの高さが122メートルもあり高所恐怖症以外の人でも下を覗くと足がすくんで膝がガクガクするくらい実際より周りの風景と相まって高く感じる。
観光名所の此の橋にある問題が・・・欄干(手すり)に何かの視界を遮る対策が施されなければ良いのだが。(飛び降り防止で)件数が増えると行政としても
このままにして措けないだろう。

 先週の1週間(18日・24日)で2件の転落事故が発生している。幸いな事に1件は120メートルも落下?しながらも軽傷で済んで
もう1件も命に関わらないで済んでいる。積雪が2メートルから3メートルもあり此の雪がクッションになり助かっている。
救助出動にはどちらも青森県防災ヘリコプター ベル・412EP「しらかみ」が青森空港からすばやく飛来して転落者を橋の下からロープで航空隊隊員が引き上げ救助で活躍している。
c0104793_8434668.jpg

c0104793_9103595.jpg
橋からの眺めは最高のスポットである。 悪い意味でのこの場所はメッカになって欲しくない。昔から東尋坊は●●の名所としても有名だが、地元では各所に●●をためらわせる句碑や看板を設置して
イメージダウンを避ける努力をしている。また、公衆電話にテレホンカードを常備し、家族や民間団体など誰かに相談ができるようになっていて
「救いの電話」を設置し、●●を思いとどまらせるようにしている。
by titeki-oota | 2007-02-20 06:56 | Comments(0)

欅(ケヤキ)の大木

 当事務所の真向かいに商店があってその奥の敷地に大きなケヤキの木があった。
管理人が小さい時から(近くに親戚が住んでいた)見ていた枝ぶりの立派な木であったが昨年に枝が半分くらいに切り落とされ哀れな姿になって残念に思っていたら、今日は朝からエンジン音
の音が騒がしく鳴り響いていたが、まさか木を切っていたとは知らなかった。
大きい枝が落ちる落下音で初めて気がついた。
 c0104793_17483751.jpg

 事務所から国道を挟んで外を眺めると丁度、真正面にケヤキの青々とした葉っぱが眼を休めてくれるささやかな、オアシスだった。
秋には落ち葉の量も多く、お店の主人が掃除しているのは大変なようだったが昨年に太い枝を切っただけで、その後は若い芽も枝も出て来てこのままの状態で成長させると思っていたのに非常に残念な事に午後3時半頃に根元からバッサリとチェンソーで切られ、「ドーン」と呆気なく雪のある地面にトラクターで引き倒されてしまった。
c0104793_17492437.jpg
c0104793_17495156.jpg
by titeki-oota | 2007-02-19 17:59 | Comments(0)

研修会(住宅見学)詳細

 16日行われた新住協の研修会(Q値が0,67の超高性能住宅)の詳細。
 正面から見学したシンプルな切妻屋根の住宅外観
c0104793_9531839.jpg

 南面から見た外観、右側の黒い部分がソーラーコレクターで太陽の熱を利用する装置。既製品でないのが嬉しい!黒い色は墨汁を塗って超安く仕上げている。
c0104793_9533686.jpg

 此のストーブが岩手・釜石市で造られているクラフトマン製、ペレット・薪兼用ストーブで価格が安い!本体価格が税込みで18万9千円と
お手頃価格になっている。煙突と据付代は別途となっているが全て入れても30数万で収まりそうだ。
c0104793_9535836.jpg

 木製高性能サッシュでガラスはトリプルでLow-Eガラスが入って、家全体の窓に(7割)更に断熱スクリーンとして人気のハニカム・サーモスクリーンが採用されていた。
c0104793_9542099.jpg 
2階の本棚に設置されていた温度計で24時間データを収集している。朝から暖房を焚いていないのに、更に脇の窓が開けられていたが驚きの21,5度を表示している。
c0104793_954416.jpg

 この住宅の詳細は
屋根の断熱材は24KGのグラスウール400ミリ、外壁は24KG、200ミリ+付加断熱として32KG、30ミリのGWで断熱している。
基礎・断熱はスタイロ内外で100ミリを入れて200ミリとしている。
換気システムはスティーベルの熱回収率90パーセントを採用。
延べ床面積は地下室を入れないで147、3㎡
by titeki-oota | 2007-02-19 08:13 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん