<   2007年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

玉川温泉

 八幡平アスピーテラインからの帰り道に玉川温泉に向かう。
温泉入り口バス停前にドンと雪上車が置かれていたが冬期間は新玉川温泉でバスを降り、そこから玉川温泉までこの雪上車で行く。一台に10人前後乗れるそうだ。
c0104793_136913.jpg
  入り口で係りの方から駐車場に入るには更に待たなければいけないと聞いて戻ろうかと思ったが折角此処まで来たんだしと駐車場に向かうが管理者の車は軽自動車で他は皆大きい車で駐車場が空くのを待っている。場内の係りの方が管理者を手招きしてくれる狭い車内に大人3人に犬1匹がむさ苦しく乗っているし、重い病気で玉川に来たんだと思われたのか?・・・余程気の毒に思うような顔をしていたのか知らないが、本来は駐車出来ないゼブラゾーンのコーンを寄せて駐車させていただいた。他の人に悪いな~。途中の空き地・道路には駐車する場所を求めあっちこっちに違法駐車していて違反のステッカーを貼られていた。少しでも早くと必死な思いで全国から来る重い病の方が押し寄せる。見てると居た堪れない気持ちになる。c0104793_13183570.jpg
   散策路を歩いて行くと北投石の案内標識が見えてきた。特別天然記念物「北投石」(ラジウムを放射)世界に類をみない石だとか。
c0104793_1340766.jpg
  源泉の大噴がすごい水蒸気(塩酸が多い)を上げてボコボコ沸騰している。温度98度にPHは1.2と強酸性で蒸気が風向きに依っては目がしみて痛い。1ケ所からの温泉湧出量は毎分8400リットルも大地の隙間から噴出している。c0104793_13472345.jpg
温泉はとにかくすごい酸性度なので、濃度別に源泉、50%など濃度別になっていて飲泉もできるようになっていますが、倍くらいにうすめて飲むように注意書きが。さらに飲用の後はうがいを必ずするように(歯が溶けてしまう)。
入浴後も真湯が用意されているので必ず浴びてから出ないと、皮膚の弱い人はただれてしまう。
   
 皆さんゴザやバスタオル持参で、あちこちにゴロンと横になっています。 散策路周辺の地面は本当に温かく、地熱で長時間温めるから体の芯から温まり、冷えを原因とする症状(神経痛など)には 癌も熱に弱いと言う学説もあり確かに効果があるだろうなと思います。
 岩盤浴用のオンドルテントはひとつのテントに10~12人ぐらい、ゴザを敷き、そこに横になり、毛布、その上にカバーを掛けて汗を出します3つテントがありますが満員なことが多いので、利用者は通路以外の温かいところでゴロゴロしている。
c0104793_14114115.jpg

 マスコミでも度々取り上げられ「癌に効く」ということで人気が高く、全国から湯治客が訪れます。その為宿泊棟が不足し、新しく平成11年に新玉川温泉という宿泊施設まで造りましたが、それでも収容しきれず宿泊できない湯治希望者は、自分の車に寝泊りして湯治を続けることもあるのだとか。
こんなに回りに人が多いと露天風呂に入いるには勇気がいるが人様の目線は気にしていられない、しかし歩く人の目線は入浴している人に降り注ぐ。c0104793_14132471.jpg
 
 
by titeki-oota | 2007-04-30 12:18 | Comments(0)

八幡平・雪の回廊

 今日はお天気も良いので八幡平に雪の回廊を見るために少し遅いが大館を9時に出発して尾去沢経由(この道もカーブの連続)で近道して八幡平を目指します。車での遠出に初めて愛犬「りゅう」を乗せたが予想通りアスピーテラインのカーブの連続がWで応えたのか車酔いで大変な事に・・・・・まさに人間と同じ症状が出てしまい途中で車を止めてテンヤワンヤの大騒ぎ。最初、自宅を出る時に家族から新聞を何に??予想がズバリ当たり!古新聞を沢山車に持ち込んで良かった。イヌ用のトラベルミンがあれば呑ませたいのだが今度、獣医さんに聞いてみよう!

 八幡平頂上付近の岩手県側の雪の回廊
 道路上を観光バスから降りたスキーヤーがゾロゾロ歩いている。
c0104793_2147845.jpg


 駐車場の斜面(雪山)をズックで滑りながらも苦労して上り岩手山を写す。c0104793_2151933.jpg
by titeki-oota | 2007-04-29 21:47 | Comments(0)

大潟村の菜の花と桜

 例年だと連休中はパラグライダーで男鹿・寒風山に休みを取ってでもずっと通い続けていたが今回は何かと忙しく行ったとしても1~2日しか取れないかも・・・・もちろん気象条件が悪ければそのまま空戻りするかも知れない。そんな時は一寸、寄り道して菜の花ロードを抜けて帰って来ていた。c0104793_11485597.jpg
大潟村の菜の花と桜は毎年楽しみにしているが年々観光客が増え観光名所になって混雑するようになってきた。大潟村を走る菜の花ロードは、11㎞の直線道路の両側に咲く菜の花と桜のコントラストが大変すばらしく、どこまでも真っ直ぐな道でまるで北海道を思わせる景色が広がります。
4月29日~5月7日まで「桜と菜の花まつり」が開催されている。
by titeki-oota | 2007-04-28 11:06 | Comments(0)
 先日のブログで70坪の住宅で厳冬期に1ヶ月の電気料金が7万円を超えた他社の例を書きましたが、当社で平成17年秋からお住まいになられたお客様から今日メンテナンスでお邪魔した際に1年分の電気使用量明細をお借りしてきました。

 A様邸2階建ての延べ床面積は45坪の住宅で室温は大体22度くらいに設定している。
こちらの住宅の気密性能のC値は0、5cm2/m2 断熱性能 Q値・熱損失係数は1、7W/m2Kで実測・設計されています。窓ガラスは樹脂サッシュにアルゴンガス入りLOW-Eガラス 換気方法はダクトレスタイプ第3種換気方式。

c0104793_1421273.jpg
 18年5月から19年4月の12ヶ月分の電気料金明細を拝借してきて1ヶ月当たり平均金額は全て(暖房・風呂・調理・照明も含めたすべて)入れても12188円になりました。最低少ない月は10月の5532円、最っとも多く電気使用した月は3月分の18203円(使用期間2/2から3/4までの31日間)写真の左側は2月分(1/5から2/1利用分)で17447円。
by titeki-oota | 2007-04-27 12:37 | Comments(0)
 小屋裏部屋と聞くとどんなイメージがありますか?物置き・子供部屋・男の隠れ家・仕事場・使えない部屋等のイメージがありますがでも、ごく普通に使える小屋裏部屋が完成しました。2階の洋室からクローゼットの扉を開ければ伊賀忍者屋敷の如く裏部屋に出ます。工事中も何人もの職人が天井にゴツン!ゴツン!傾斜天井に頭をぶつけないよう気を付けさえすれば最高の空間です。フローリングの床下には音軽減対策で気休め程度だがグラスウールも入れてます。
部屋の広さは南北に9メートルに幅は2メートル20センチありタタミのところに来客も泊められ、趣味の部屋として更にタップリ収納出来るスペースとなり1石3鳥の効果がある。
c0104793_8194912.jpg

 工事中に外が寒い日もあったが下の階から暖かい空気が入る様にしており暖房器具は必要なく(今までも冬季間に2階の暖房器具を使用した事が無いくらい暖かいので)夏の暑さ対策もエアコンの涼しさが回るように木製建具マドで両開き(観音開き)を取り付け窓の下は居間の吹き抜け空間となりエアコンのメンテナンスと掃除等を考えて 幅広の900m/mキャットウォオークも新たに取り付けしました。キャットウォ-クに行くにはクローゼット横から木製扉を開けて(写真手前に写っている)行きます。
c0104793_8204723.jpg

 5年前に引き渡したお宅ですが布団等の大きい物の収納場所が無くて家の中をグルット見渡たしたら1箇所だけ残された空間があり其処を改良工事に取り掛かった次第。限られた面積を有効に使えたらこんな便利で得なことはありません。

 法的な問題で考えると①小屋裏の高さ制限は1メートル40センチ以下です。
それと②下の階の二分の一の床面積まで小屋裏に出来るのと③固定階段も各市町村で異なるが許可してくれる所もあるが・・・(秋田県内では固定階段は許可してません)
by titeki-oota | 2007-04-27 08:19 | Comments(0)

換気がおろそかになって

 家の中で人間が生活をしていると、呼吸による二酸化炭素、調理の際にガス燃焼からも建材・芳香剤・暖房器具・家具、壁紙などからも色々出る、有害物質などがあります。これまでの住宅であれば建物の隙間からの外気の流入、流出によって、有害なものも排出されていて気にする程で無かったが、気密度が高くなるにしたがって、建物自体の隙間は無くなっています。(風が強く吹いていれば、十分な換気量が確保できても、風が止まると確保できないといった、計画的な換気が出来なくなります。)そこで、24時間、機械的に空気の入れ替えを行ってやる方法がとられるようになりました。それが換気システムです。
現在の住宅は、数年前の建築基準法の改正で24時間換気が義務付けられ2時間に1回建物内の空気が入れ替わるように設計されているが実際は確認申請はメーカーのカタログデータだけで申請が通ってしまう。本当の換気の働きを確認するには1箇所ずつ測定機械で測るしか方法がないのです。全国の殆んどの住宅は測定される事はないのが現状だが実際に生活しても居住者に直ぐに健康被害が出るわけでも無い?のでそのまま暮らしている。アレルギー症状を持っている方は敏感に玄関に入った瞬間直ぐに「感じる」そうだが・・・・
  
 換気装置を工事途中に設計図通りに気を使ってダクト配管をしてこれで絶対に風量を確保出切ると思っていても実際に換気風量を完成した住宅で測定すると計画通りに
中々吸い込んでいない箇所が出ていたり換気は奥が深いし調整が難しい一面もある。
c0104793_10184631.jpg
 観音堂のQ-1モデル住宅は換気は全熱型の第一種換気システムを採用します。
従来の住宅では、キッチンや浴室、トイレなど、それぞれ必要に応じて換気する「局所換気」で十分でした。
しかし、高断熱・高気密住宅では、外の温度に左右されず、1年中24時間快適かつクリーンに生活するためには、家中の空気の流れを計画的にコントロールする
「計画換気」が必要となります。
通常の換気システムですと、新鮮な空気を取り入れ、室内の汚れた空気を排出することが、最大の目的です。換気をすると当然、室内で暖められた、もしくは冷やされた空気も排出をされてしまうわけです。そこで、一歩進んだ換気システムとして登場をしたのが、「第一種換気システム」です。熱交換ユニット(全熱交換換気システムを含む)を設置することにより、新鮮な空気だけを取り入れ室内の熱は外には逃がさない、エネルギーロスの少ない仕組みです。

 換気システムを採用する場合、建物内の空気の流れの設計が必要になってきます。空気の流れ道は、出来るだけ間仕切りがない方が好ましい。
ドアや引き戸を設ける際にも、ガラリをつけたり、ドアの下に10m/m程度の隙間を作るなどして、空気が常に流れるようにしておく必要があります。
また、第1種換気の場合、ダクトを各居室に配管する必要があり、そういった面からも、換気システムを採用しようと考えている方は、間取りを考える時から、換気システムに精通している人と打合せをしていくことをおすすめします。建物の施工者が十分な知識を持っていない場合、換気システムメーカーの人にも打合せに加わってもらう方がベスト。間取りを決めた後に、それではダクトが通せないといったことが無いようにしたいものです。
by titeki-oota | 2007-04-26 10:18 | Comments(0)
 観音堂に当社のオール電化モデル住宅「Q-1プロジェクトハウス」を建築中だが完成したら今回も室内温度・外気温と共に冬季間の電気暖房料金を詳細に発表していきたいと思っています。最近の新築住宅は「健康住宅」「オール電化住宅」が人気でそれもマスコミで伝え聞いて「どうもこれが良いらしい」と言うことしかお客さんは認識していないし、分かっていない。
健康住宅とはどういうものか? オール電化とはどういうものか、お客様から質問を受ける。

 「オール電化住宅」はいままでガスや灯油を利用していたものを全て電気にしたメリットだけを宣伝されがちだが、電化そのものに罪が無いのだが住宅の断熱・気密・暖房容量・暖房機の配置方法等と内容が一定のレベルまで達していない為に起きる問題点も出てきている。
まともな性能値がある家は他の燃料に比較して今迄より電気代が安くつくが「性能値」の意味が良く分からない業者さんが依然として営業活動をしていて生活してから電気代が高くて困っているとか部屋が寒く困っている相談があると聞く、その「安売り」の業者で建てたある方は建物の面積は70坪家族は7人で冬の1ヶ月の電気料金が辛抱して寒い思いもして7万円を超えてしまう為に暖房のみを灯油のスト-ブに変えようか検討しているとのこと。
お客様はコマーシャルの素晴らしいオール電化だけが頭にありオール電化にすれば時には、電気代の大幅アップにつながる事を知らないで契約。
そこのところをお客様は良く検討して選ばないと後で後悔する事にもなり有名ハウスメーカー・電力会社だからと言って宣伝を鵜呑みにしないでよく十分調査してから。

「電気温水器を導入してオール電化にすると、光熱費は四割程度減るが、CO2排出量が逆に三割以上増加する」。こんな結果が、地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA)がまとめた「環境面からみたオール電化問題に関する提言」(中間報告)でわかりました。

 「環境にやさしく、しかも電気代がお得」。こんなうたい文句で建設が急増しているオール電化住宅。給湯や調理などガスがよく使われる場面で、ガスを使わずに電気でまかなう仕組みが「オール電化」です。夜間の電気料金が昼間の三分の一程度に設定されているので、オール電化にすると光熱費が安くなる場合があります。電力会社などは「オール電化は環境にいい」といった宣伝をさかんに行っています。そのため消費者が「光熱費が安いことを、環境にあたえる負担が小さいことと誤解している」と中間報告は指摘しています。

 しかし、家庭において同じだけエネルギーを使った場合、電気が環境に及ぼす負担は、ガスの二―三倍以上になるといいます。電気は発電や送電の過程で60%以上が失われ、企業や家庭に送られるのは40%にすぎません。中間報告は、火力発電所からの汚染物質排出の問題もあげ、無条件に「電気は空気を汚さないから環境にいい」といったイメージに疑問を投げかけています。オール電化は電気代は安くなりますが、使用量が減るわけではなく、むしろ電気温水器の使用などで大量に電気を消費することになり、環境にあたえる負担を増やす場合もあるといいます。中間報告は、オール電化は地球温暖化防止に逆行し、原発や火力発電の増設を促す側面もあると指摘しています。 電力会社などによる「オール電化は環境にいい」といった宣伝は、誤解を招かないよう配慮する必要がある、とCASAは注意を呼びかけています。

by titeki-oota | 2007-04-25 10:44 | Comments(0)

大型花壇

 花壇のコンクリート型枠を外したところです。
土の白い部分が砕石でここにはインターロッキングを敷き詰めていきブルーシートで囲っているところにはタイルを張って腰掛けが出来る高さになっていてお友達とお茶とダンゴと花を愛でながら談笑するとの事。c0104793_9522116.jpg
砕石と黒土は施主さん自ら運んで入れて頂き大変感謝しております。

例としてインターロッキング施工写真c0104793_1015224.jpg
by titeki-oota | 2007-04-24 09:53 | Comments(0)

一夜明けて

 統一地方選挙が昨日で終り今朝の新聞はチラシが一枚も入っていなくて、その薄っぺらさがかえって変な感じがして、あの大音量での連呼も無くなり静けさが戻った大館市内です。管理者の愛犬「りゅう」は期間中に選挙カーが近かくに来ると怯えてしまいパニック状態リードをぐいぐい引っ張って散歩はそれはそれは大変でした。

 立候補した人は当落で喜ぶ人、悲しんでいる人、様々でしょうが要はこれからです。当選した彼らがいかに議員活動で力を出し切ってくれるかです。当選するのに殆んどエネルギーを使い果たした人もいたりして・・・・ 

 あるテレビ番組で地方議会に市民が寄せる関心のなさが話題になっていたが特に期待感の薄さには驚かされた。「議会で何をしているのかわからない」、「首長が出した議案は98.8%の割合で可決」されている。殆どが市長の考えどおりで決定されていく。市長の選択は重要なのだが今回の大館市長選は対抗馬が無く無投票であった。

 市議会、町議会の議員たちは自己防衛に走り、議員報酬を生活費として捉えている不心え者が多々見受けられる。「生活があるからのー」で始まる議員はもう次回は出て欲しくないものだ。


 
by titeki-oota | 2007-04-23 09:49 | Comments(0)

統一地方選挙

 大館市議選は定数30に対して54人が立候補する大混戦だった。
合併後、初の選挙で定数を24人上回る立候補があったことに加え、選挙区が大きく拡大したことで各陣営とも票読みに大変苦慮したようだ。
今日の午後8時半から樹海体育館で開票されて午前0時半頃には、大勢が判明しているはず。

 午後10時いつもより開票を見守る観衆が多い。c0104793_22285547.jpg
by titeki-oota | 2007-04-22 22:29 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん