<   2007年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

安さの裏には・・・

 ミートホープ社のその後は次から次と出てくる悪行の数々。
社長が「食品が半額でセールされたりしているが、販売店も悪いし消費者も悪い」と発言したが内容としてはとんでもない発言だが食品に限らず安さを求めるのは一般庶民だったら当たり前の事であるが余りに安さを求め過ぎると其の裏に潜む意味を突き詰める冷静さが失われている風潮があるのではないだろうか。
今のままだったら安さに付け込んだ大小はあるが「不正」に走る企業活動は止まらないと思う。
勿論、安く売る手段の1つとして輸入物も沢山仕入れて売るしか方法が無いのだが全国の100円ショップで販売されたりホテル等で提供されていた歯磨きチューブの成分からも有害物質(ジエチレングリコール:不凍液などに使用されている。)が検出されたりと大騒ぎしているが中身が見えないと何でもありの状態で今日のニュースに依るとアメリカでは、使用禁止の抗菌剤が検出された中国産のエビなど5種類の魚介類の輸入を一時停止すると発表された。

 建築業界も似たようなもので今、盛んにTVで盛んに宣伝されている会社の事も徐徐に分かって来たことがある。
坪単価も20数万で盛んに宣伝されているが実は内容としてはオプション扱いとグレードアップによって単価が上がって行くシステムであるように業界における坪単価表示において、これらの定義づけに決まりがないのが現状である。

 家の価格は施工部位で大きく分けて、本体工事価格、付帯工事価格、オプション工事価格というようになっているが坪単価は概ね、本体工事価格だけを割り算している場合が多い。
もし余りにも安すぎる坪単価に出会ったら、とことん質問して、他社の坪単価の内訳と徹底的に比較してみることを必ず行ってください。
by titeki-oota | 2007-06-29 09:45 | Comments(0)

ハート君

 
 新聞等で紹介されてから「ハート君」は明るいニュースとしてテレビの取材やら中央のペット関連会社との契約と大ブレークしそうな気配がする。c0104793_16432470.jpg

 大館市中道にある犬の専門店「ぷっちんDOG'S」で、背中にハートの模様を持つロングコートチワワ「ハート君」が誕生し、周りに幸せな気分をもたらしている。
この子犬は5月18日の早朝に誕生した3匹のロングコートチワワの中の1匹。全体的に白い毛に覆われており、左のわき腹にくっきりと茶色いハートマークが浮かび上がっている。通常、犬の斑点は楕円形か円形であるが、きれいなハートマークの斑点が見えやすいわき腹にでるのは非常に珍しい。店長の桜田さんは「何百頭も子犬を取り上げ、何千頭もみてきたがこんなことは初めて。みつけたときはとても幸せな気分になりました。だれもがこの子を見て幸せな気分になると思います。」と人気犬の誕生を喜び、たくさんの人に幸せな気持ちになってほしい想いから販売は見合わせ、店頭で看板犬として公開していく。
by titeki-oota | 2007-06-28 12:43 | Comments(0)

手すり

  22日に大阪府門真市で子供2人が3階から転落し4歳と2歳の子供が頭などを強打し重傷を負った。
3階には子供部屋があり、2人は窓から網戸ごと落下。屋外の高さ2メートルのガス給湯器にぶつかった後、隣家との間の路地に落ちたらしい。
3階の窓から地面までは約6メートルあった。 子供部屋の窓は、床から95センチの高さにあり、片方が開いていた。窓の下には、おもちゃ箱などがあり、2人が箱に乗って遊ぶうちに転落した可能性があるとみている。
c0104793_843646.gif

 窓やバルコニーなどの手すりは墜落という生死にかかわる事故を防ぐための重要なものです。このため、各種の法規・基準類にも、その条件がかなり詳細に定められています。
手すりの高さは床またはそれに準じる部分から測り、規定では110cm以上とされていますが安心は出来ません。バルコニーやベランダ、窓の近くでの一人遊びや子ども達だけで遊ばせるのは避けて 手すりの前にきれいな花などを植えたプランターを置いておくと、踏みつけてよじ登ることは少ないようです。逆にバルコニーなどは踏み台となるような空箱や古新聞の束を置かないこと。エアコンの室外機も足場になりやすいので注意してくれぐれもバルコニーの整理整頓を。
by titeki-oota | 2007-06-28 08:43 | Comments(0)

「公僕」は死語に・・・

 「公僕」とは社会に奉仕する人の意味から公務員のこと、と辞書に書いてある。現在この言葉の意味を知らない若者も多いが、その公務員の不祥事が目に余る。
社会保険庁のいわゆる年金問題は連日のごとく報じられているしミンチ肉偽装での内部告発でも監督官庁は「ホッタラカシで責任逃れ」と呆れることばかり、社会に奉仕をする人々だから「公僕」といわれてきたのに最近の多発する公務員による目に余るニュースは、「公僕」からほど遠いものである。

 北海道北見市では大規模断水時に結婚式、サッカーに続き… 消防長は寺の宴会 に出席していたのが報道された。

 北見市で大規模断水が起きた当日の二十三日、市の断水対策本部のメンバーで、北見地区消防組合消防本部のトップを務める消防長(59)が、同市内で開かれた地元の寺の檀家(だんか)の会合に参加し、宴会にも出席してそのまま宿泊していたことが二十六日分かった。消防長は、対策本部で消防による給水や広報活動を指揮する責任者だったが、二十三日に計五回行われた本部会議をすべて欠席し、代理の消防署長が出席していた。

 複数の関係者によると、檀家の会合は、対策本部設置後の二十三日午前十時から北見市内で開かれ、会合の中心メンバーだった消防長が進行役を務めたという。
会合後の午後六時半から同市内のホテルで開かれた宴会にも出席して飲食し、そのまま一泊した。

 北見地区消防組合は断水が発生した二十三日、給水のため、近隣自治体の消防機関から車両や人員の応援を受けており、他の自治体の消防職員を含め総勢約百四十人が活動していた。

 消防長は「消防署長を通じて現場とは密に連絡し合い、必要な対応は取れていた。今思うと、(会合を)キャンセルしていれば良かったと組織の長として反省している」と話している。

 同市の断水発生後の対応をめぐっては、北見市長が公務の途中で、自身の後援企業社員の結婚祝賀会に出席していたほか、水道課員を含む市職員二十人が室蘭市などでのサッカー大会に出場し続けていたことも明らかになっている。

by titeki-oota | 2007-06-27 12:08 | Comments(0)

借金(国債)が・・・

  天文学的な数字でゼロが幾つ並ぶのか・・・・・ 
国と地方の借金の合計、初めて1000兆円超・・・06年度末で
財務省が25日発表した2006年度末の国債や借入金などを合わせた国の借金の残高は前年度より0・8%増えて834兆3786億円と過去最高に達した。
地方の債務残高と合わせると約1001兆円となり、初めて1000兆円を超えた。
国は06年度の税収見込みの約49兆円に対し、約17倍の借金を背負っている計算になる。
赤ん坊からお年寄りまでの国民1人あたりの借金残高は、国だけで653万円、国と地方を合わせると783万円になる。

 06年度末の地方自治体全体の債務残高は約201兆円となる見通しで国と地方の債務残高を加え、そこから交付税特別会計の国・地方重複分(約34兆円)を差し引くと約1001兆円となる。
高齢化で社会保障関連の歳出がかさむなどしているため、国の借金の残高が減る状況にはなっていない。
景気回復に伴う税収増で新規国債発行が減ったため、05年度末に比べた増加率は0.8%にとどまったが、ただ金利が上昇に転じれば利払い費が膨らむ懸念があり、積み上がった国の借金をどう返していくかはなお重要課題となる。


by titeki-oota | 2007-06-26 09:22 | Comments(0)

新高速フェリー

 9月1日にに就航する東日本フェリー函館-青森間 新高速フェリーのチケット予約が開始された。
青森~函館間が今までだと4時間前後で日帰りはチョット厳しかったが新高速フェリーだと青森~函館間113kmを1時間30分で結ばれるので大館からでも早い便に搭乗すれば少しきついが日帰りも夢ではない。一日四往復とする運航ダイヤだが但し料金が、車両を航送しない旅客(大人・エコノミー)でも五千円。在来船の千八百五十円(大人・二等)に比べ、高めの設定となっている。c0104793_8535460.jpg

 船名の「ナッチャンRera(レラ)」は、高速フェリーの船体デザインイラスト作者の愛称『ナッチャン』とアイヌ語で「風」という意味の『Rera(レラ)』からなっている。
オーストラリアINCAT社(en)製で最大速度40ノット級(航海速力36ノット)の高速双胴船。第1船(ナッチャン Rera)は2007年9月1日に、第2船は2008年夏に同航路に就航予定。

  船   型  双胴型高速船 アルミ軽合金製
  全   長  112m
  船   幅  30.5m
  総 ト ン 数  約10,000トン
  最大搭載人員  800名
  最大搭載車輌  普通自動車約350台
  航 海 速 力  約36ノット(満載時)
  推 進 器  ウォータージェット推進器 4機
  船 内 設 備  カフェ、バー、ショップ、キッズルーム、
  エスカレーター、エレベーター、身障者用トイレなど完備
  特   性  波を切り裂くように航走するため波浪に強く、さらに揺れを抑制する装置を備えることによって、荒天においても安定した航海を可能としている。
by titeki-oota | 2007-06-25 08:52 | Comments(0)

11年後の検証

 c0104793_13543512.jpg
 平成8年に引き渡した住宅の外壁の張り替えを月曜日から行っている。
張り替える前には色々なプランで建て主さんと協議したが少し早すぎるが全面張り替えという事になった。
窯業系サイディングを剥がして金属系サイディングを張っているがこの際に当時のグラスウールの中身を検証する為タイべック紙(防風・透湿・防水シート)を剥いでグラスウールを取り出して見たら新築当時のままの状態で、断熱材の中に見える防湿シート・テープ等も当時のままの状態であった。理論にもとずいて丁寧な仕事を行えばグラスウールは変化しない優秀な断熱材である事が実証された。今でもこの断熱材批判を行っている某団体に見せたいもんだ。
防湿層・透湿層・通気層の工法で壁体内の水蒸気は通気層に排出され乾燥状態で、結露によるカビ・虫・木材腐朽の恐れがないことが確認された。

写真は北側で室内は水周りが多い。
c0104793_13421188.jpg
c0104793_13493798.jpg 

 



 



 

 タイべックの表面にホコリが付いていて水滴が流れた後が数ケ所程、見受けられた。今まで張っていた窯業系サイディングと窓との間の劣化したコーキング材の隙間から雨水が入り込んだものと思われる。万が一の事を想定してやはりタイべックを張る際には丁寧な仕事をしないといけない事が大工自ら感じていたようだ。
by titeki-oota | 2007-06-22 12:42 | Comments(0)

羊頭狗肉

 何を信じて食したら良いんだろうか?食の安全を揺るがす事件がまた起きた。

 「つぶしてしまえば肉の味などわからない」「どうせ、ばれない」。食品加工卸会社ミートホープの元幹部は、こう告白した。豚肉を牛肉に見せかけた「偽装ミンチ」は、全国に流通していた。
ミート社の元幹部4人の証言から現場の状況を再現すると、「7、8年前ごろ、様々な仕入れ先から、賞味期限ぎりぎりの食肉をできるだけ安く購入し始め利益を追求した結果だった」と証言する。「牛ひき肉に豚肉を混ぜる」「豚や牛の内臓を混ぜる」「豚のひき肉だけを出荷する」といった手法がとられた。c0104793_1259785.jpg
会見で社長は「昨年の肉が足りない時に、豚肉を混ぜることを容認した。偽装と言われても仕方がない」と話したそうですが・・・偽装以外の何物でもないと思う。
しかも、誰の指示だったかということには「自分から言ったかどうか思い出せない」とはぐらかしたようですが、そんなことを社長に進言できる社員なんているのか?
偽装を行っていた会社の幹部も大変なことをしてしまったと、良心の呵責に苛まれて、詳細を公にしたようだが、企業の社員として過ごしているうちに、良心の欠片すら失い、偽装に加担し、これを長期にわたって隠蔽し、企業の利益を優先するようになってしまったのだろう。
儲けることだけが至上命令の企業にとって、安全対策は、どんどん後方に追いやられてしまうのが常である。雪印、不二家など、記憶に新しい食の安全を揺るがす事件が続いているが、今回の事件なども氷山の一角であろう。

 なんか世の中ますます不透明なことばかり起きて梅雨空を吹き飛ばす爽やかな記事はないのでしょうか。
by titeki-oota | 2007-06-21 12:05 | Comments(0)

ガス爆発事故

 東京都渋谷区の温泉施設でガス爆発事故があり女性従業員3人が死亡した。
爆発現場では、地下からの温泉くみ上げ時に発生する天然ガスを分離して、ダクトを通じ換気扇で屋外に排出する仕組みになっていたが排気システム関係にトラブルが生じガスが棟内に充満したようだ。
c0104793_11473087.jpg
 爆発した天然ガスは無色、無臭で空気より軽いメタンとみられ、1階にいて死傷した従業員はガスに気付かないまま事故に巻き込まれた可能性がある。

 2年前の平成17年にも東京都北区の温泉掘削現場でのガス噴出・火災発生事故が発生し約22時間にわたって燃え続けケガ人は居なかったが当時、掘削を請け負っていた のは大館市のボーリング会社だった。当時の新聞記事によると、現場では源泉を探すため、ボーリングで直径20センチ、深さ約1500メートルの穴が掘られていた。この日は朝から作業員4人が洗浄のため穴に水を流し込んでいた。午後4時ごろに作業を終了し、穴にふたをしようとしたところ、気泡(メタンガス)を含んだ水が数メートルの高さまで噴き上がり、近くにあった照明器具を壊し、その直後に火柱が上がったという。
関東平野の地下はメタンガスだらけで専門家は、関東地方南部の地下には広範囲にガス層が分布しており、掘削する 際はガス噴出処理に注意が必要と再々指摘しているのだが今回も教訓が生かされなかった。
by titeki-oota | 2007-06-20 07:57 | Comments(0)

調べましたか?

 年金に関する報道が連日過熱していて24時間対応の年金相談フリ-ダイヤル0120-657830(老後悩みゼロ)に電話が殺到して悩みゼロどころか国民の怒りを更に助長する如く、電話がつながらなかったり繋がってもまともな答えが返って来ないやら、社会保険庁の年金相談窓口に長蛇の列ができたりと、年金現場では大混乱が起こっている。
 c0104793_1701040.gif
 混乱のなか受給&納付をめぐって様々な問題もおきている。超有名なアナウンサーの徳光和夫さんが社保庁の記録によると、『死んでいた』事になっていたそうで・・・奥さんが申請に行ったら、担当者に「遺族年金ですか?」と言われたとか?
担当者も担当者だ・・・記録がたとえそうであったとしても、徳光和夫なんてそうそうある名前じゃないのに・・・さすが、お役所仕事。事務的に所詮なにも考えてないのだ。
by titeki-oota | 2007-06-19 12:48 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん