<   2007年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

基礎断熱とイエシロアリ

 今日から獅子ケ森地区にオール電化・Q-1仕様の当社モデル住宅の建設に入った。建築場所は今まで草がボウボウ状態になっていた地盤の黒土を剥ぎ取る作業から始めてその後に採石を入れて行きます。大型ダンプ7台で50m3です。c0104793_1231595.jpg
c0104793_1232918.jpg
隣りの道路を挟んだ他の建築現場では基礎断熱の周りの土に薬剤を噴霧していたので係りの方に聞いたらシロアリ予防薬剤だそうで有効期限は5年位との事であった。
当社が15年前からべた基礎と基礎断熱材を使用するようになってから今まで建っていた地面の土は全て剥ぎ取り砂利とか採石を入れての地盤改良は必ず行い、同時に何と言ってもシロアリ対策のことがあった。(コンクリート布基礎と基礎の断熱材の間をシロアリが登って行って土台に被害が報告されている)この土の入れ替えをやっても安心は出来ないくらいシロアリはしぶといのだ。
シロアリは土の中が棲みかで、餌が木材そして分巣して他の場所に羽アリの姿をして飛んで行き、自分の家族を増やしていきます。
例えばシロアリを全滅させる薬剤があったとしても、外ですから雨が降れば流れて効果はなくなってしまう。先ほどの散布も1時間もしない内に雨が降ってしまった。
現在は薬剤を最小限にした施工方法などはあるが、まだまだ一般的では無いし今後の対応としては、シロアリを家屋に近づけないことを考えたほうが良い。
家屋に近い場所や壁に引っ付けるような形では、材木を保管したりや基礎のすぐ側の花壇、植木などは避け、理想を言えば毎年春先に点検をして薬剤処理をした現場ではシロアリ駆除業者などにある期間毎に点検依頼した方が良い。
by titeki-oota | 2007-07-31 12:03 | Comments(0)

戦い終わって・・・・

  参議院選挙から一夜明けて予想どうりに 自民党の完敗で終わったが自民党がここまで酷い負け方をするとは正直思ってもみなかった。まさにマスコミ各社が表現する“歴史的大敗”と言える。意気消沈の中で党執行部の責任問題で党内でも暫くはドタバタ劇が繰り広げられる。

 その分、議席を伸ばしたこの後の民主党の動きに興味を持っている。 参議院で第一党になった民主党が 国民の期待をどう受け止め、そして、それに対し、どう行動を起こすのか? 今後の日本が、どのように変わり行くのか? 国民の期待を一身に受け次のステップが直ぐに待ち受けているし課題も多いが頑張って欲しいものです。

 今回の選挙で気になる人物は前にブログでも取り上げた自民党から出馬した義家弘介氏。 「ヤンキー先生」の呼び名で知られる彼は、「教育再生を断行する」と主張して出馬し当選したが自民党からの出馬というのがチョット残念に思う。
安倍内閣教育再生会議委員(内閣官房教育再生会議担当室室長)であって途中で仕事を投げ出しての感がある。 どうせなら「若者たちのために、しがらみの無い無所属で闘ってやる」くらいのヤンキーの勢いを見せて欲しかった。
 
by titeki-oota | 2007-07-30 16:29 | Comments(0)

明日は

c0104793_16153159.gif投票日です。管理者は期日前投票を終えてすでに気持ちは開票結果に気持ちが飛んでいて今回の選挙は大いに関心があります。年金問題で今回の選挙は大きな動きが国民から湧き上がってすごい反発エネルギーとなりそうだ。
 
 最近では社会保険庁の職員が今までぬるま湯体質から急に忙しく残業を強いられて仕事がキツくて大変で、それと共に退職金が心配になって来たのが原因なのか退職する職員が急増しているようだ。兎にも角にも今回の問題はウヤムヤに出来ない徹底した責任追及が必要であるし今後は国の機関は常に浄化機能を持たせ国民がもっとしっかりと目を向けて監視しなければいけない。
by titeki-oota | 2007-07-28 16:16 | Comments(0)

Q値って何のこと!

 Q値(Q-1)に付いてある方から問い合わせがありましたので再度説明します。
全国、何処の家でも現在建っている家でも、新築に限らず、どれだけの熱が損失しているかというのは出そうと思えば計算で簡単に出せます。
屋根、壁、窓、床などの(材料)部位別毎に、それぞれの面積に熱貫流率を掛け、さらに換気による熱損失も計算し、夏の日射取得係数を加味すれば全体の熱損失合計が出せる。いくらQ値が良くても必ずしも結果数字が良いとは限らず少しややこしい話となります。
あくまでも机上の計算表であって選択する際の目安の数字と覚えておいて下さい。仮に同じ材料を使用して大工グループのAとBに分けて家を建てたとすると両グループの建てた家の冬期間の暖房代にも大きな開きが生じるかも知れません。それは簡単に言えば「技術力」の差であって今の時代どんな個人の大工さんで高断熱・高気密を謳って盛んに工事を進めていますが此の工法の基本さえ良く分からずに従事している方も見受けられます。要は大工さんの頭?と腕次第という事です。c0104793_14512264.gif

 この熱損失合計値を、建築面積で割ると㎡当たりの数値が出る。これを熱損失係数(Q値)という。
つまりQ値が1.9Wというのは1㎡当たりから1.9Wの熱が逃げているということであり、Q値1、0Wは1㎡当たりから1.0Wの熱しか損失していないということ。当然数字の小さな方が、熱損失が少ない。Q値1.0Wの住宅は、Q値1.9Wの住宅に比べて約2倍の暖房性能があるということになります。

 こうしたQ値の表現だけで住宅の省エネ性能が分かり、消費者の方が納得してQ値の少ない住宅を選んでくれ、CO2の削減と共に私の家はQ値が1.0W(当社で現在造っているモデルハウスはQ値が1,0だからキューワンと呼んでいます)、延べ床面積が120㎡だから、熱損失合計は120Wだという事で話を盛り上げて頂きたいもんです。(一般の方でこんな会話が交わされるのはもう10年位経ってから・・・・・)
by titeki-oota | 2007-07-27 14:37 | Comments(0)

大型機械が・・・

 国道7号線脇、三の丸地内の旧大東京火災建物跡で見た事の無い重機が唸りをあげている。現場の監督さんに聞いたら地面下にある杭抜き工事だそうで昨年の秋にも工事をやったが機械が小さすぎたのか抜くのに失敗して今回は大型の杭抜き機械を用意して(このタイプの機械は少なく他の現場で使用していたために今の時期にずれ込んだ。)12M杭を引っ張り上げる作業を進めている話だった。大館市内で杭打ち作業は偶に見かけるが引き抜くのはあまり見かけない工事である。c0104793_9664.jpg
c0104793_961791.jpg
c0104793_962670.jpg
c0104793_964334.jpg
by titeki-oota | 2007-07-26 09:07 | Comments(0)

ウッドデッキ

 Kさん宅から依頼のあったウッドデッキが寸法を切り詰めて面積は小さくし青森ヒバ材で造っていたが完成しました。
以前はデッキの階段も木製で作っていたが今回は耐久性重視で型枠に流し込んでコンクリート製で仕上げました。チョット味気が無くなったが丈夫に長く使用できるから良しとしましょう。デッキの側に行けばヒバ材特有のヒノキチオールを豊富に含み、抗菌・消臭・リラックスに効果があるプーンと良い香りが漂っています。価格がもう少し手頃になってくれれば嬉しいが・・・。青森ヒバを室内に張れば室内の芳香・消臭剤としてだけでなく、 リフレッシュやストレス解消などアロマテラピーとしても利用出来ます。c0104793_11212136.jpg
 管理者の自宅でも青森ヒバで昨年デッキを造ったがその際出た木屑は袋に入れて保存しているが偶に香りを嗅ぐと気持ちが落ち着くやはり秋田杉も同じく木の香りは不思議な力を持っている。
by titeki-oota | 2007-07-25 11:21 | Comments(0)

芸能人の建物

 華道家の假屋崎(カリヤザキ)省吾が都内に完成させた新居の詳細が明らかになった。内部は公開されていないがこんな雰囲気の部屋だろうか?
c0104793_13153665.jpg渋谷の一等地に地下2階、地上3階建て。外装はベネチア風で内装はヨーロッパを基調にして、何より周囲を仰天させたのが、新居の総費用だ。
周辺の地価は坪1500万円。90坪で単純計算すれば13億5000万円で、建物の4億円を加え17億5000万円。諸経費などを加えると、“豪邸”のお値段は推定20億円。それに家具・調度品を入れると・・・・・。
新居の出来には「満足度は半分。日本の建設史上、史上最悪の建築業者が担当しちゃっの。何から何までめちゃくちゃよ。
物は知らないし、知識はないし」と不満だらけ。建てる前には本人は豊富な知識もあるし業者との打ち合わせも十分に行って、お金を沢山つぎ込んでも「良い家」が建つとは限らないのだ。(僻みも少しはあるが・・・)

 假屋崎氏はある対談で「建築ほど好きなものはないと言ってもいいくらい大好きだと。
子どもの頃から、大学で建築を学んだ父に連れられて、神社・仏閣等を見てまわっていて歴史的な建築物以外に、家を見ることも好きです。家にお邪魔すると間取りはもちろん、その方らしい住まいの工夫にも興味があり、失礼を省みず、つい隅々まで見てまわることになります。家を見学させていただいて、その中から気に入ったものを見つけては、自分の家にも取り入れたりすることはとても楽しいことです。
」と述べていたが全然今回の建物には理想どうりに行かなかった。建築関連は奥が深い事を改めて感じます。
by titeki-oota | 2007-07-24 13:07 | Comments(0)

安い!理髪店オープン

 当社の事務所の並びの3件目の所に以前は自動車販売会社があったが、その空き店舗が2週間位のリフォームで低料金が特徴の理髪店に生まれ変わり先週にオープンした。地元以外のチェーン店でアクアと言うお店で昨日店の奥を覗いたら10人位のお客さんが利用していた。
デフレ経済のなかで、消費者は何でもかんでも 安いものを求めて動き、、家電 酒類 食料品など、何でも安売り競争が盛んである。c0104793_1154464.jpg
百円ショップの躍進も、安すさから中身云々より得をしたかのような心理となっているしそんな中で床屋さんも例外で無く都市部の駅前とかでよく見かけるQBハウスなんかはチェーン店の理髪店が全国で338店舗もあり、カットのみで千円と忙しいサラリーマンに好評だとか・・・今回オープンしたお店はQBハウスと違って、単価は少し高いが、ちゃんとひげや襟足も剃ってくれるコースの様だ。

 安売り店進出の裏で理容業はかってない深刻な状況に追い込まれていると聞いていますので益々競争が激しくなって行く。人間の心理は 安い理髪店が少なかったときは、安いものは悪かろうで、一部の人しか利用しなかったものが今では利用者も抵抗なく利用している時代の流れがある。
床屋さんも住宅業界と同じで今は顧客が三極化してとにかく安ければいいという人・内容を重視する人・(見た目・デザイン)ファッションに重きを置く人に分かれます。
by titeki-oota | 2007-07-23 11:54 | Comments(0)
 外壁材も全て張り替えて足場も解体を終えて残す工事はペンキ塗装だけとなりました。
足場を解体しながら南面に新たに3箇所設置したのが白色フラワーボックスです。
早速、ボックスにお花が飾られ、いい雰囲気を出しています。

c0104793_10261340.jpg
c0104793_10263419.jpg
by titeki-oota | 2007-07-20 10:26 | Comments(0)

ウッドデッキ

 市内のKさん宅の7年経過したウッドデッキの床板が痛んで来たので昨日から床板材・手すり等をを取り換える工事に入っています。組んであった材料を1回全部バラバラにして今までより通路側に広く出ていたデッキを30センチ程、切り詰め再度組み直しています。玄関への通路も広くなり今度は車の進入駐車も出来ます。
c0104793_1359580.jpg
前回使用していた材料は外材で保護塗料(キシラデコール)をマメに塗って頂いていたが限度に達して新たなに取り換える事となった。新たに加工して組み上げた材料は色々と検討したが最初は腐らない木の粉に樹脂を混ぜてつくった耐久性の高い合成木を採用するか天然木で耐久性の定番で青森ヒバの2種類で検討した結果ヒバ材に決定した。ヒバ材に塗っている色はキシラデコールのスプルース色で外壁のタイル色に合う黄色っぽい茶色みたいな色に仕上がります。c0104793_13591889.jpg
by titeki-oota | 2007-07-19 13:59 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん