<   2007年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「代野の家」左官工事

 
 昨日は型枠解体から時間を空けないで基礎天端均し(土台が乗っかる上の所を水平・平滑にする)と基礎断熱用モルタルを左官屋さんが早速塗りました。(基礎に張っている断熱材が紫外線劣化で性能が落ちて行くので少しでも早く塗って養生の意味がある。
他業者さんの現場で酷い所では数カ月もムキ出しのままで太陽光に当てて断熱材表面が色が変わって痩せて風化していた可哀そうな現場もあった。)

 CFモルタルは炭素繊維入りのプレミックス樹脂モルタルで、CFネットは耐アルカリのガラス繊維ネットです。
下塗りへのガラスネット張りは、ガラス繊維を網目状に編んだメッシュを張ることで、モルタルの乾燥収縮による動きを抑えることにより( CFモルタルとCFネットの併用で基礎断熱工法の断熱材保護モルタルの亀裂)問題を解消される。CFモルタルは固まるのも早く夏場は特に超特急の作業性が求められる。下塗りと上塗りを掛けて表面は刷毛引き仕上げにしている。
c0104793_13334611.jpg

c0104793_1334969.jpg


 
c0104793_13335774.jpg

by titeki-oota | 2007-10-31 13:34 | Q-1 代野の家 | Comments(0)

「つづらご」 その後

 「つづらご」=帯状疱疹発病から今日で9日目、内服薬も昨日で飲みきってしまい今日、市立病院に行ってきました。診察では順調に治ってきているようだが取りあえずビタミンB12製剤だけを出して置きますので2週間後も未だ痛みが残るようだったら又病院に来て下さいとのこと。

 正面入口から皮膚科外来にたどり着くまでは迷路のようになっていて距離もある。建物も新しくなり広びろとして明るくなった各科外来です。25番が皮膚科窓口となっている。変わった?点では窓口にはメディカルクラークがいてテキパキと受付等の仕事をこなしています。
クラークとは:外来や病棟での、各セクションで事務を担当する事務職のことを指します。メディカルクラークは、医師や看護師をサポートし、患者の応対、介助、検査の説明、物品や書類の整理など様々な業務を行い看護師不足の昨今、注目されている職種です。

c0104793_1143448.jpg


 痛みを感じた場所にブツブツとした赤い発疹が出来てピークは4日目前後で、小さな水ぶくれとなって帯状に広がり、この症状は、背中、から腹部に表れてきた。
さらに、症状が現れるのは体の左右どちらか片側だけであり、一度に2ヵ所以上の場所に現れることは無く教科書通りであった。 c0104793_11522161.gif
今の皮膚症状は、水ぶくれからカサブタになって黒くなりつつある。痛みが起こり始めてからカサブタが治るまで、後2~3週間、痛みを我慢しなければいけない。
痛みは、刺すような鋭い痛みから始まり、しだいに衣類と触れるようなわずかな刺激にも、ピリピリと痛みを感じて今は絶えず肋間神経痛のような状態が続いている。憎き!水ぼうそうウィルスだが気にしないようにしている。神経に潜んで悪さをしているんだろうが風呂に入って温まると嘘のように痛みがスス―と消えてしまう。
c0104793_11512142.jpgほとんどの場合、皮膚症状の消失と共に痛みも無くなるようだが・・・・。
by titeki-oota | 2007-10-30 11:44 | Comments(0)

「代野の家」型枠解体

 型枠を解体してからは現場は広くないので直ぐにダンプに積んで別の保管場所に移動をしている。今の時期のコンクリート打ちは真夏・冬のコンクリートと違って養生にそんなに気を使わなくても良い。急激な暑さや寒さはコンクリートが固まって行く過程では過酷な条件となるので色々と配合を変えたり、養生をしっかりとしないと見た目は固まっていても所定のコンクリート強度が出ないことがありやはり、生コンクリートは名前の如く繊細な「ナマモノ」でもある。
c0104793_10441356.jpg


c0104793_10442336.jpg


c0104793_10443481.jpg


c0104793_10444570.jpg


c0104793_10445645.jpg

by titeki-oota | 2007-10-29 10:49 | Q-1 代野の家 | Comments(0)

珍しいリンゴ

 日曜日は恒例の美味しいリンゴを求めて午後から津軽に出かける。
店頭に並んでいる新しい品種に目が行ってまずは試食してから昔の名前で出ていますの如く命名された♪~♪黄色いリンゴ「トキ」と濃い赤色で、非常に美しい!「安祈世」←アキヨと読む。
c0104793_1755914.jpg

 黄色系りんご品種「トキ」は王林と紅月を交配育成したもので、2004(平成16)年に登録された新しい品種です。
果皮はその名の通りほんのりとトキ色がきれいにグラデーションされていて10月上旬から中旬ごろに出回る。
王林に変わって期待される品種で糖度が高い甘口のリンゴです。早速食べたら口の中でホワ~っと広がる甘さが特徴のトキ。生産量もまだ少ない。

 真っ赤なリンゴの「安祈世」は「ふじ」から受け継いだ甘味と秋田県で開発されたリンゴの「千秋」から受け継いだ酸味で、初めての味はしっかりと小さくても蜜がはいって歯ごたえも良くおいしく濃厚で「安祈世」にハマりそうだ。次回に買いに行った時は多分売っていないかも・・・。

 店頭には珍しく「紅玉」も売っていて買おうとしたら連れがいらないと却下された。本当は一番好きな品種がこの、昔からの「紅玉」で酸っぱいのは大好きでこの酸味が快感になってくる。
お菓子に良く使われるりんごだが最近は生産量が減ってしまい希少品になってきた。
by titeki-oota | 2007-10-28 17:06 | Comments(0)

長木川の白鳥

 昨年までは白鳥が舞い降りる頃は白鳥広場は見学者で賑わっていたが今年は堰堤が9月の豪雨で損傷してしまい機能を果たせず萎んだままで水を堰き止める事が出来ず川本来の姿で石もゴロゴロしていて自然な流れになっている。今までの様に広くは無く水面の面積も小さくなって白鳥・カモは広場の前から対岸に集まっていてくつろいでいる。人が岸に寄って行くと白鳥が寄って来るが今シーズンから鳥インフルエンザの関係で餌やりが出来なくなり子供等の楽しみが一つ少なくなってしまった。
今、話題の比内地鶏の産地である大館ではこのような措置が取られることは仕方がないのかも知れない。しかし、白鳥は勝手な人間どもに怒っているかも・・・・。
c0104793_10501959.jpg

愛情いっぱいに両親に挟まれながら泳ぐ幼鳥4羽
c0104793_10503780.jpg


c0104793_10504994.jpg


c0104793_1051057.jpg

by titeki-oota | 2007-10-28 10:53 | Comments(0)
 原油高騰が続いていて、冬場の需給懸念もでてきて、ますます大相場になりそうな感じで米国政府も売買規制に乗り出した。
なぜ、これ程高騰するかと言えば、答えは簡単で金などと同じ実需を伴わない誰でも売買できる金融商品だからです。不動産投資不安から引き上げられた資金が、原油に向かっているためです。美味しい物を見つけたら我れ先にと奪い合う人間の心の中に潜む悪の心理の表れによって招いたものです。原油生産国はその心理をうまく利用している。資源の無い国にとっては死活問題で原油高騰で世界的な景気への不安が増し、日本でもガソリンや灯油価格が11月から更に上がって、暮らしや経済に大きな影響を与えそうだ。暮らしで身近なテッシュペーパーも再度、値上がりして来月からは安売り品でも1箱400枚入り300円以上の価格が付けられるはず。昔に戻って硬い「はながみ」を何度も乾かして使用する時がくるんだろうか。
by titeki-oota | 2007-10-27 14:17 | Comments(0)

世界最大旅客機

25日、エアバス製A380型機が初の商業運航。シンガポール航空の初飛行便としてシンガポールから飛び立ったA380がオーストラリアのシドニー空港に同日午後に到着した。 この初飛行の搭乗券は、ネット上のチャリティーオークションで販売され、最高価格は「ファーストクラスA1番」を手にした英国人がつけた10万0380米ドル(約1140万円)だった。チャリティー目的で航空券をインターネット競売にかけた特別便だが、ほぼ満席だった。
ファーストクラスの上をいくとの触れ込みの「スイートクラス」の乗客には、高級シャンペン「ドン・ペリニョン(Dom 」1996年物のロゼ、キャビア、鴨肉のロースト、タラのムニエルなどが振る舞われた。

c0104793_1744689.jpg

来年5月にはシンガポール~成田にも就航を計画している。
A380は2階建てで次世代型ジャンボ旅客機、エコノミークラスだけにすれば約850席を確保できるが、シンガポール航空は471席に絞り機内にゆとりを持たせた。写真を見ても分かるように重さも半端でなく最大離陸重量が560トンこの巨体を支える降着装置のタイヤは、ノーズギア2本、ボディギア12本(6輪ボギー×2)、ウイングギア8本(4輪ボギー×2)の計22本と多い。
今月28日からシンガポール⇔シドニー間で運行が開始されるが早く乗ってみたい気がします。

 「当機にファーストクラスは存在しません。あるのは、『スイートクラス』です」―シンガポール航空の客室乗務員が世界最大のジェット旅客機エアバスA380の機内を紹介するときの決まり文句。
記事には「ぜいたくと安らぎの新基準」と銘打って、最高級の12席には、それぞれ23インチの薄型テレビ、フランスのデザイナー、ジバンシーのシーツ、座席とは別に体を完全に横たえることができるベッドがついている。金銭に余裕のあるカップルなら、2つのスイートクラスを合わせてダブルベッドにし、2人の世界に浸ることもできるとか、小生にはどうせ縁はないだろうけど・・・。  A380機内の豪華なベットこれは空を飛ぶホテルと言える。
c0104793_17381627.jpg

by titeki-oota | 2007-10-26 17:48
 が24日午後から予定どうり市立総合病院屋上ヘリポートで行われた。
大館新報の取材写真を見てアレッ!着陸面の中心Hマークが良くは見えないが赤色でないように見えるが多分間違いなくグレー色系の上に白色でマークを塗られているだけかな?。
新聞記事の中でも書いてあったが消防防災航空隊にとっても県内初めての病院屋上ヘリポートでの訓練で、救助小隊長のコメントでは「ヘリポートの広さは良いが、色が均一で感覚をつかむのが難しい」と話し、課題も判明した。(当日は天気が良くて太陽光が反射して特に建物が白っぽく上空からは見えずらいはず) 大館新報 掲載写真より
c0104793_1415266.jpg


 日本のほとんどの病院のヘリコプター離着陸施設がそうであるが、『病院ヘリポート』であるにも係わらず『病院ヘリポートマーク』が記されていない。上空から病院ヘリポートを探したが簡単に見つからなかった。
c0104793_14585085.jpg

      2004年供用開始 筑波メディカルセンター病院ヘリポート
世界的に病院のヘリポートマークはICAOの基準に従い「白十字の中心部に赤でH」と決まっているのに、最近でもコンサルや設計会社はそのことを案内しないどころか知識としても持っていない。(いまだにこのマークを案内しない手抜きコンサルも多い)。これでは重篤な患者搬送のパイロットがタイムロスの上に迷ってしまい危険です。


c0104793_14205134.jpg

c0104793_1554314.jpg


岐阜赤十字病院 屋上ヘリポート2006年 供用開始 上空からも目立って分かりやすい。
c0104793_17351475.jpg

by titeki-oota | 2007-10-25 18:31 | Comments(0)

今日のニュース

 は秋田の明暗の話題が取り上げられていた。
久し振りの明るい話は24日に公表された全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果で、最上位に秋田県がランクインされ8分類中で5分類でトップだった。
秋田県は過去の全国学力テストで都道府県のうち40番台をウロウロしていて、24日に記者会見した秋田県教委の幹部は「びっくりしている!」「驚いた!」ととまどいの表情を見せている。勿論、秋田県民すべてが意外な結果に驚いていると思う。

 今回のテストでは、学校の授業だけでなく、食生活や両親とのコミュニケーションも学力に影響を与えるという結果も発表している。例えば朝食を規則正しく毎日食べる子供、家の人と学校の出来事について話をする子供は、各テストの正答率が相対的に良い結果が現れており、勉強だけでなく、こうした普段の家庭生活も重要であり、両親の役割も大きく影響している。

 専門家は好成績の理由に、01年度から取り組む「少人数授業」を挙げている。秋田大の浦野弘教授(教育方法)は「1学級は20人前後で教育先進国のフィンランドと近く、目が届きやすい」と解説。また、「自習がきちんと成立し、学級崩壊がほとんどない。勉強に取り組む姿勢が確立している」と分析する。同大の佐藤修司教授(教育行政学)も「貧富の差が著しく、階層化が激しい大都会に比べ、家庭が比較的安定している」と述べた。

 一方、暗い話は連日次から次と偽装が発覚してしまい「秋田県大館市・・・」とアナウンサーが読めば偽装比内地鶏ニュースで変に大館市が有名になってしまった。
社長の行方が分からなかった食肉加工会社「比内鶏」の藤原誠一社長(76)が24日、問題発覚後、同社で初めて記者会見し、「家内と近所の山をさまよったが、死に切れなくて舞い戻った。苦しんでいますのでお許しください」と謝罪した。藤原社長は21日夜から、社員とも連絡がとれなくなっていた。

25日付の天声人語にまで話題を提供してしまった。
「秋田の「きりたんぽ鍋」には素朴な味わいがある。漫画家の東海林さだおさんはある日、鍋の材料をあれこれ購入した。だが必須とされる秋田特産の比内地鶏は、店になかった。やむなく「比外鶏」を使ったと、近刊の著書でユーモラスに書いている▼今なら比内地鶏と銘打っていても、信じられない。秋田の業者が、卵を産まなくなった廃鶏に「比内」の衣装を着せて長年出荷していた。きりたんぽ鍋のセットにも偽の鶏肉を使っていたと聞けば、湯気の向こうの笑顔も曇る。・・・・・
 
by titeki-oota | 2007-10-25 09:36 | Comments(0)
 昨日は朝からベタ基礎・土間の同時一体コンクリート打ちを行った。
用語説明:ベタ基礎
「ベタ」とは、全面という意味です。建物が土に面する部分全面に配筋をしてコンクリートを打ったもので、基礎工事で最も効果が高いといわれています。
布基礎と比べ、土に接する面積が大きく、建物の荷重が分散されるというメリットがあります。
c0104793_92438.jpg
生コンはポンプ車で送り出されて行きます。
c0104793_921610.jpg 
布基礎から生コンを入れて行くと浮型枠になっていますので土間の部分に流れ出てきます少し時間を置いた所で更に土間に生コンを入れるとコールドジョイントが発生しないで生コンが一体化します。
c0104793_92286.jpg
呼び強度(N/m㎡) は21でスランプ(柔らかさを示す単位)は15cmと少し固くしている。
c0104793_924323.jpg

c0104793_93675.jpg
左官屋さんが土間のコンクリートをコテで何回も押さえてからシートを掛けて養生をします。c0104793_932175.jpg
by titeki-oota | 2007-10-24 09:04 | Q-1 代野の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん