<   2008年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

  28日の夕方にテレビ朝日 「スーパーJチャンネル」で紹介された農機具コンバインを改造した自作戦車である。ナンバーも取ってあり公道走行も出来、廃品も利用して各部品から塗装までかなりリアルで思わずテレビ画面に食いついてしまった。
こんなのを実際に製作出来たらも~う最高!の世界で「男のロマン」です。
脇では奥さんが「女の不満?」でチラチラ語っていた。 ブログのアクセス数も最高1日数千もあり模型ブログランキング でもダントツの堂々の1位です。

http://tank-jisaku.blog.ocn.ne.jp/top/
 雑誌やら各テレビ局が押し掛けて一躍有名人になっているようです。写真はブログに掲載されているのを転載しました。
c0104793_1752778.jpg


c0104793_1754726.jpg


c0104793_1755737.jpg


c0104793_176925.jpg

by titeki-oota | 2008-02-29 17:08 | Comments(0)

旧ジャスコ解体現場

 旧ジャスコがあった裏道を走っていたら正面付近だけが残って解体を終えたと思っていたらまだまだ写真のように解体部分が残っていて脇には解体されたコンクリートのガラも積み上げられいる。
c0104793_9283419.jpg


解体されている空間を見ると、北側のあの辺りは確か寝具売り場だったと記憶が蘇ってきました。 
c0104793_929366.jpg


ジャスコが華々しく昭和63年に大館に開店以来、中心市街地のにぎわいを担ってきた店舗で僅か20年そこそこでこの様に解体されることは誠に勿体無く思うが・・・。

 次なる大型解体工事は大館市立総合病院の本館棟、鉄筋コンクリート6階建てで昭和45年に完成で老朽化が指摘され、いよいよ25日から解体工事に着手。建築からわずか38年で消え去ってしまうが、せめてこれからはRC(鉄筋コンクリート)駆体を途中で内部の変更工事を入れながら60年以上は使用して欲しい。これからの時代は省資源・省エネルギー、環境に負荷を掛けない流れが求められている。
by titeki-oota | 2008-02-29 09:32 | Comments(0)

魔のトンネル

 大館市街地の南を走る国道103号 大館南バイパスの山館トンネルがある。
山を切り開いた場所で冬期間を除けば、さほど大きな事故もなく安全に通行しているが少し寒くなって来ると山からの冷気で早くに凍結が始まりトンネルの入口前後とトンネル内での滑走事故で過去にも何度となく大きな事故が起きている。知人もトンネル内で壁に衝突して大怪我をしている。自分も出来る限り不便だがバイパスは走らないようにしている。
c0104793_10265090.jpg

 
 今年も早くも11件の交通事故が発生しているが是といった解決に至っていないのが現状。
入口付近に融雪剤を捲く機械を設置したりアスファルト面にグルービング工法で縦に溝を入れたりと(せっかく切った溝も走行車両による路面が摩耗してしまい効果が失われ)道路を管轄する行政もそれなりに努力はしているが一向に事故は少なくならないしドライバーの不注意だけでかたずけられない問題でもある。
毎年、こんなに損失を出すくらいなら予算は掛かるが路面に電気ヒーターを埋め込むことをしないと解決には至らないようだ。

 グルービング工法: 路面に溝を切り込むことで路面の排水力をアップさせるとともに、タイヤのグリップ力を高め、安全な走行をサポートするグルービング(安全溝)工法は、一般道路・高速道路などでスリップ事故を未然に防ぐためアメリカで考案された安全技術。
道路に深さ5ミリ、幅1センチの溝(グルーピング)を多数設けるもので、本来はこれにより水はけを良くし、一定の摩擦力を確保する。c0104793_10143762.gif
タイヤに溝が彫られているのと全く同じ原理で、この舗装にはもうひとつ、高グリップを確保することで滑りにくくし、停止距離を短くするという効果があり滑走路や道路の舗装に多用されている。
by titeki-oota | 2008-02-28 10:21 | Comments(0)
 昨日、公民館で「あきたの住宅を考える会」総会に出席したところ後半に講演会もあり(大館市・建築主事)拝聴してきました。建築確認申請に関しての内容で説明があった。

 後半に説明された「けむり感知式火災警報器」では取り付け位置が間違って取り付けられて完了検査に合格出来ない例もあり業者はもう1度説明書を良く読んで天井・壁に規定通り付けて欲しいことを言っていたので、今日は都市開発課に行く用事があったので建築主事から念のため取り付け位置が付いた資料を頂いて来ました。

 大館市内で相次いだ火災による死傷者が多かった為か火災報知器の販売台数が伸びているようです。

 資料中身は次の様な事です。一部抜粋
c0104793_174488.jpg壁・梁から60cm以上 離す。


c0104793_175564.jpg空調等の吹き出し口から 1.5m以上離す。


c0104793_176421.jpg同一居室でも60cm以上の 下がり壁がある場合、 一区画とし1個設置する。
by titeki-oota | 2008-02-27 17:08 | Comments(0)

全館暖房で暮らすには

 以前より「寒くなった家」??が多くなって来た。背景に灯油・エネルギーの高騰によって「もったいない」という気持ちが過度に強くなり、まともに暖房しないで全館暖房の家でやってはならないことをやった結果『寒い』となるケースが多いということです。c0104793_1285664.gif
 
 一番多いパターンが蓄熱暖房機・暖房ボイラーを節約のために夜間止めてしまって室内が冷えて直ぐに暖まらない寒い家。言うまでもなく、全館暖房の家は使わない空間も含めて小さくても放熱を続け暖めることが原則です。夜間に熱源を止めて、朝方室温が13~15℃程度まで下がってしまったら、ストーブとは違って壁・天井・床などの表面温度も下がってこれ等も含めて、すぐに家を暖めることはできません。これはセントラルヒーティングの常識だったわけですが、(引き渡し時に説明はしているが・・・)また夜間に止めて朝運転を始めてもさほどの省エネにならない事も常識ですが、ユーザーはほとんど知らないでしょう。
 そういった特性を持っているセントラルヒーティングの家で、朝まで暖房を止めて、朝から運転しても日差しが入らないとなかなか温度も上昇してくれないし、そうこうしているうちに午後になり、外気温が下がってくると、もう追いつかず、よく計画された高断熱住宅ほどパワー不足に陥るはずです。
 
 このような事もありました。一昨年、当社のお客様から電話が入って「寒くて、寒くて」と言う。此の家はオール電化で気密性能も良いしQ値も1、4と断熱性能も悪くないはずだが・・・。
話を聞く内にピーンとひらめいた、「もしかして暖房切っていませんか?」と聞くと、どうせ居ないから「部分的に切ったけど!」と返答があった。
1週間ほど留守にするために1階の蓄暖の蓄熱量設定を小にして2階の蓄暖を全てをスイッチOFFにしたために帰宅したら家の中に1階と2階で対流が起きてさらに部屋全体から冷輻射が出てしまい、その為の寒さだと判明した。その後は上手く設定を繰り返して快適に使いこなし生活しています。
by titeki-oota | 2008-02-26 12:08 | Comments(0)

スクラップ&ビルド

 大館の旧ジャスコは今、盛んに解体作業が行われて最終段階に入って来ました。あの懐かしい大きな建物も完全に消え去ろうとしています。
閉店後は敷地を囲っていた塀にはペンキスプレーで悪戯され歩道から人の流れも消えて、周辺はすっかり寂しい暗い街になってしまった。
一応、跡地に次の開発も決まっているようだが、新たな開発をするのは勿論商売をする為でもあるだろうが、売上高 は連結:4兆 円のガリバー企業のモットーは「タヌキやキツネの出るところに出店せよ」なのに、それよりも目と鼻の先に存在する「アリ」よりも小さいのが気になっているようだ。その地元資本スーパーをツ●シたいのが最もな理由だとも言われている。

 中央資本大型店は力任せにスクラップ&ビルドを繰り返して地方都市の商業を破壊し、儲からなくなるとあっさりて去って行き、その後の街は衰退の一途。お手本にしてきた米国でも起きている現象だそうです。

 新聞報道に依れば
 郊外型大型店のジャスコ黒石店が4月下旬に閉店して建物の売却も検討している。全国的に見ても開店から僅か11年あまりでの店じまいは珍しい。c0104793_92755.jpg
黒石地区小売業の中心的存在を担ってきたが、しかし近年、同市内外への大型店進出によって集客が最盛期に比べて半減し、売り上げの落ち込みで撤退を余儀なくされた。商工関係者から市南部の空洞化を懸念する声が上がる一方、出店で客足に影響を受けた中心商店街からは、急な撤退に厳しい意見もあった。
 
 開店当初は消費者の期待を担い、3年目まで順調に年10%ほど売り上げを伸ばした。しかし近年は大型店が同市内に矢継ぎ早に進出。さらに近隣での大型店計画が具体化するなど、著しい商環境の変化に対応できず、客足が遠のいていた。
 
 閉店の報に触れた鳴海広道黒石市長は「大変残念だ。同店撤退後もできるなら施設を活用し、雇用が確保されることを望む」と訴えた。また同店の存続を求め、要望書を提出していた黒石商工会議所の北山肇会頭も「市民が生活必需品を買い求めるのに役立っていた。大変惜しい。黒石南部が空洞化する」とコメントした。
 一方、中心商店街の店主は「同店の出店は市内の中心商店街の客足に大きく影響したが、業績が悪くなるとすぐ撤退するのか」と厳しい口調で話した。

by titeki-oota | 2008-02-25 09:27 | Comments(0)

リンゴを求めて

 今日はいつもの弘前・道の駅に向って大館を10時に出発。
いくら何でもリンゴの為だけにガソリンと時間の無駄で往復80kmも掛けて行くなんて誠にアホらしいのだが、とにかくリンゴが大好物でドライブを兼ねて通っている。
県境を越えた辺りから気温が下がり始め矢立峠は氷点下6度で碇ヶ関・大鰐は道路脇の温度計は氷点下3度を示して道路は圧雪状態で良く滑るので安全運転だが1番先頭を走る女性の運転する軽自動車が走行速度が40キロ前後のトロトロ運転で道路は延々と渋滞です。
雪道に自信のないドライバーは少し脇に寄って停車してやり過ごしてくれれば良いが必死でそこまで気が回らなかったようだ。途中の碇ヶ関インター手前の直線で追い越したがドライバーの顔をチラッと見たらハンドルにシガミついてガチガチ状態であった。
c0104793_21415958.jpg


 いつもより到着時間は遅くなったが今日のリンゴ売り場には目当てにしていた新品種などは並んでおらず定番の「フジ」10個と「さしゃ」5個、試食したら美味しかった黄色いリンゴの「金星」3個を買い求めてきた。毎日、リンゴ専用の大型冷蔵庫から出してきて並べているので、どのリンゴもシャッキと硬くて果肉がみずみずしい。
c0104793_2142847.jpg

by titeki-oota | 2008-02-24 21:49 | Comments(0)

打ち子詐欺

 今までタイトル名は聞いたこともないが・・・。自分はパチンコをやらないので良く分からない世界だが詳しい友達曰く、いまだ巧妙にパチンコ絡みの詐欺が横行しているようだ。
「アルバイトとして指定した攻略法でパチンコを打ってほしい。絶対勝てるから勝った分は折半で」という誘い文句から一転、「攻略法の情報を出す前に預かり金が必要」「違法なのがばれたのはお前の責任だ」などと、金を奪うケースが近県で相次いで中には被害が数百万円に及んだ例もあり、パチンコ・パチスロ好きな方は簡単に話が持ち込まれても安易に近寄らない方が無難なようだ。c0104793_17311669.jpg

 パチンコの打ち子を募集している業者は、業者が提供する情報が何ら役に立たない事を十分に認識したうえで、消費者に対して虚偽の説明を行ない、打ち子を行なえば収益を上げる事が出来るかのように信用させて高額な契約金を要求して来て、こういった打ち子詐欺の被害も後を絶たない。

 募集に乗って、パチンコをやって偶然出てもお金は取られ、出なくても攻略法を買わされたり、結果はどう転んでも金を払う羽目になる。
こういった詐欺は 人の欲につけ込んだもので、気をつけないといけない。

 欲と言えば1万円札を偽造した大館市内の例の郵便局長はその後に調べでパチンコでかなりの借金を作り、その穴埋めで職場の数千万の現金を着服していたことが分かっている。ギャンブルは一旦ハマルと中々抜けだせなくなってしまう怖さがある。
by titeki-oota | 2008-02-22 17:20 | Comments(0)

人為的ミス!

 車・飛行機・船など人間が動き回る所には確認・操作ミスなどによる人為的ミスは必ず起こりうる。どんなに気をつけても起こるから事故と言う。

 連日詳細に報道されているが、またしても護衛艦と漁船との痛ましい衝突事故。しかもその後に状況の説明がコロコロ変わる体質。この様な隠ぺい体質と、例の前事務次官のいわゆる汚職は何も変わっていない同根のような気がしてならない。

 右側通行の原則から回避義務があったのは護衛艦のほうだという説も報道されている。
いくら最新鋭艦でも見張りがきちんとしていなければ衝突してしまう単純な人的ミス、しかも12分前の発見であれば当然回避行動はできたはずで、さまざまな不備があったことは想像に難くないが、要するにヒューマンエラーであることは間違いない。

 自衛隊の最重要の任務は国民の命を守る事のはずだ。今回の事故でも国民の命が失われた。
最高責任者の石破防衛相の責任問題が浮上しているがそんなことより制服組に大なたを振るわないと何等変わらないし、前に進めない。いったいこの国の体制はどうなるんだろうか。

c0104793_1337739.jpg

DDG-177「あたご」
イージスシステム搭載艦としては世界最大であり、自衛隊が保有する戦闘艦としても最大級の艦艇となる基準排水量7,750t 馬 力100,000PS 定員300名、速力30ノット 長さ162m幅21m 建造費は「あたご」が1,453億円でイージスシステム関係取得費用は509億円である。
建造:三菱重工業長崎造船所 
by titeki-oota | 2008-02-21 13:28 | Comments(0)

申請書類

 3月から着工予定の物件の建築確認申請書類を現在、作成しているが年々、役所に提出する書類が増えてしまい写真のように机の上に広げた申請書類です。
c0104793_10154683.jpg

今後もまだまだ増えて申請は厳格化されそうだが、今年予定されていた耐震強度審査の木造2階建ての義務化が先送りされた。

 2005年の耐震偽装事件を受けて、昨年の6月にマンションなど大規模建築物の審査を強化して、そして2008年12月に木造2階建て住宅にも耐震強度の審査を義務づける計画だった。しかし、昨年6月の法令が施行後、建築確認申請後の修正禁止も盛り込まれていた為、建築士が申請に慎重になる等の混乱が広がり、着工数が激減してしまった。

 確認申請された物件の7割は木造2階建て物件の為、もし法令が施行されると今とは比べ物にならないくらいの混乱が予想される可能性もあった。

 
by titeki-oota | 2008-02-20 10:15 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん