<   2008年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

制震補強金具

 日本は、いつ大地震が起きても不思議でない国だが住友ゴムグループの SRIハイブリッド(株)が開発した超高減衰テクノロジー「GRAST」、この技術を採用したミサワホーム「MGOE」が、発売以来約2年半という短期間で受注1万棟突破を達成している。

 昨年に完成した大館市立総合病院 高層棟の基礎にも免震装置(鉛プラグ入り積層ゴム:32基、直動転がり支承:8基 )が採用されています。(写真は鉛プラグ入り積層ゴム)
c0104793_13492763.jpgSRIハイブリッドの制振技術は、1994年参入以来国内シェアNo.1の大型橋梁用ケーブルダンパーで初めて商品化され、これまで特に戸建住宅、超高層ビルに、そして海洋構造物、IT機器設備と拡大を続けて来て その中で戸建住宅分野では、ミサワホームの「MGEO」に続き、建材大手メーカーであるフクビ化学工業から「REQダンパー」がH19年9月に発売された。
震度6強クラスの地震でも特殊ゴムの効果で建物の揺れを「震度5強」程度に低減する効果が出る。
c0104793_13504531.jpg
REQダンパー」を取り付ける事に因り地震エネルギを熱エネルギーに変換して変形を2~5割(取り付ける数により)に削減して損傷を低減する事が出来ます。高性能高減衰ゴムを鋼板で挟み込んだ部材を土台と柱、梁と柱にビスで取り付ける。サイズはW300×H300。耐力壁の四隅に設置することで、制震効果が得られる。
出来るものなら直ぐにでも標準仕様にしたいのだが金額的に施主さんの理解を得られるだろうか・・・。

 2階建ての場合は、1階だけに設置する。延べ床面積10m²当たり1セットが目安になる。
1セット(4個)当たりの設計価格は、6万5000円。
例えば延床面積100m2(1階60m2・2階40m2)の住宅の場合、10セット(65万)が必要とするがこれからPRして行くが果たして何人の方が関心を示してくれるだろうか。
by titeki-oota | 2008-05-09 13:55 | Comments(0)

点滴サービス専門店

  今日の朝のラジオでも話題として取り上げられていたが、このご時世、誰もが、かなりお疲れの様なのか?ついに気軽に点滴が出来る「点滴バー」が出現。
「健康な人がより健康になるために」と効果をアピールしている「TENTEKI 10」。医療関連業務をフランチャイズ展開する東京の会社が医師や看護師を常駐させ、点滴を行う。東京・恵比寿に4月にオープンし点滴終了まで約10分かかるのが名前の由来とか。
点滴コンビニで気軽に疲労回復点滴は病気になったときに病院で受けるもの・・・そんな常識はもはや過去のものとなりつつあるようだ。
疲労回復や美肌効果のために、病院に行かなくても点滴が受けられる専門スペース。c0104793_1252096.jpg

 恵比寿ガーデンプレイスの全面協力でオープンした「TENTEKI 10」 は肉体疲労やストレス解消に効果のあるビタミン剤50mml点滴 10分2000円(税込)が基本で、オプションとして二日酔い防止や滋養強壮に効くレッドパック \2,500、日焼けによるシミやソバカスを軽減する成分が入ったホワイトパック \3,000 、ダイエットパック\2,500円など。
オプションメニューは、自由に組み合わせ可能。

 会社側は体のセルフメンテナンスへの意識が高まっている、と集客にかなりの自信を見せているが、はたして点滴行為がセルフメンテナンスと呼べるのかどうか若干の疑問も残る。点滴なしでは安定した精神状態を保てなくなり、一種の習慣的快感に陥らなければ良いのだが・・・。
http://www.tenteki.jp/index.html
by titeki-oota | 2008-05-09 12:06 | Comments(0)
 4月4日に土台を敷いてから約1ケ月で階段組み上げに入っている。今回、階段を担当する職人は当社で一番若い20代のT君でビス1本打つにも真剣に取り組んでいて休み時間にも会話に参加しないで階段の割り付けで段ボールに書き込んで何やら計算していて必死です。取り組んでいる階段は「回り階段」で組んでいます。
c0104793_1725886.jpg


 階段を上がるのを楽に感じるかどうかは、1段の高さばかりでなく、状況の変化(踊り場につく、身体の向きを変えるなど)による精神的要素も大きい。しかし現実として小規模住宅に於いては階段幅(S邸は芯芯で1メートル取っているが)蹴上げ、踏み面寸法等は大きく取れない。

 読み方は階段のステップの部分を『踏面』(ふみづら)といい、段の高さを『蹴上げ』(けあげ)というが建築基準法では階段の最低寸法が、『踏面』は15cm以上、『蹴上げ』は23cm以下と定められている。理想だが寸法は蹴上げで18cm以下で踏み面寸法は21cm以上は欲しい。
by titeki-oota | 2008-05-08 17:03 | Comments(0)

「Q-1岩瀬の家」遣りかた

 1ケ月まえに地鎮祭を行なってから、その後は地盤改良で表土をすきとって採石を搬入し漸く今日から遣りかた(ヤリカタ)作業を行ています。杭を打つにも地盤が前の黒土に比べて採石を60センチの層で入れ替えたためにかなり硬くなり中々刺さっていかず苦労します。この後は引き続き根伐り(ネボリ)工事に入って行きます。根伐りとは基礎をつくるために地面に穴を掘ることをいいます。
一昔前は人手で掘っていましたが現在はバックホーで行うため根伐りの能率は人力で行っていた頃と比べて飛躍的に向上しています。
 
c0104793_1323177.jpg

by titeki-oota | 2008-05-07 13:23 | Comments(0)
 前から色々と周りから聞いてはいたが、やはり本当の様なウソの様な信じられない事が今日の新聞での記事です。全国どこでも今や119番通報はタクシーの代わりに110番通報は雑用依頼と公的機関への通報が本来の利用から大きく懸け離れ関係機関は苦慮している。

  5月6日 読売新聞

 緊急性のない110番や事件事故と関係のない相談に、各地の警察が苦慮している実態が読売新聞の調査で明らかになった。

 少なくとも37都道府県の警察本部が業務と無関係な通報や苦情の実例を把握しており、中には「雨が降ってきたので家に送って欲しい害虫駆除の依頼、恋愛相談……。警察に舞い込む様々な電話に、首をかしげたくなるような内容が目立つようになった。

 警察庁によると、110番の受理件数が減少傾向にある中、こうした通報は増え続け、昨年は95万件に増加。専用回線がふさがってしまうなど業務に支障も出始めている。
地域住民と向き合う警察にとって、モラルに欠ける要求でも無視するのは困難。非常識な通報に追われることで、警察力の低下を招くのではないかと危惧(きぐ)する声も出ている。
 全国の警察本部に取材したところ、事例に関する回答がなかった10県を除き、神奈川、石川、広島など37都道府県の警察本部が、事件事故と無関係の通報・相談の実態を確認していた。
 具体的には「○○さんの自宅の電話番号を教えて」(山口県警)と110番を電話番号案内代わりに使うケースや、「新しく買った携帯電話の電源が入らない」(九州地方の県警)といった
相談のほか、「公衆トイレにいるが、紙が切れて困っている。持ってきて」(埼玉県警)など私的な要求が目立っている。
 「ゴキブリが家の中に出てきて、気持ちが悪い
昨年夏、大阪府内の警察署に、若い男性から電話がかかってきた。対応した署員は「自分で駆除できるはず」と考え、この依頼を1度は断った。

 しばらくして再び同じ男性から「本当に困っている。来てくれ」。最寄りの交番にいた50歳代の男性警部補が男性宅を訪ねると、おびえた目つきでゴキブリを見つめる若いカップルが待っていた。警部補はゴキブリを駆除し、死骸(しがい)をビニール袋に入れて持ち帰った。
この警察署の副署長は「市民が助けを求めてきた以上、むげに断ることはできないと判断したが、ゴキブリの処理は警察の本来の業務ではない」と語る。

 今年2月中旬、千葉県内の警察署に女性から「恋人に振られてしまった」と電話があった。女性は約20分間、相手の人柄や交際の経緯を話し続け、翌日から連日のように電話をしてくるようになった。夜の当直体制で人手が少ない時間帯にかかってくることも多かった。

 山口県警では、110番を使って電話番号を尋ねる人に、県庁など主な公共機関の番号は教える場合もあるが、個人宅や民間企業の番号は答えていない。
「110番は緊急の事件・事故に備えています。不要・不急の電話はご遠慮下さい」と、電話番号案内「104番」の利用を促すと、「104番を使うとお金がかかるだろ」と不満をぶつけてくる人もいたという。
ある警察の広報担当者は「緊急性がなくても警察が役立てる内容であれば相談に乗りたいが、個人的な要求も増えており、対応に苦慮することも多い」とため息をついている。

 警察庁によると、いたずら電話などを除いた110番通報は2004年の953万件をピークに減少し、07年は898万件にとどまったが、警察業務と無関係な相談や要求は増加傾向にあり、04年の88万件から07年は95万件に膨らんだ。

 埼玉県桶川市の女子大生殺害事件(1999年)でストーカー相談を警察が放置した問題を受け、警察は2000年以降、市民の訴えに丁寧に耳を傾けている。
ある警察本部の担当者は「身勝手な要求に思えても事件と関係ないとは言い切れないため、時間をかけて対応している」と語る。

 しかしモラルに欠けた通報が重なった結果、警察官の現場到着が遅れるなど影響も出ており、警視庁では週に1度は30秒以上、110番回線がふさがる事態が起きている。

 警察庁は「110番にかけるべき通報かどうか良識を持って判断して」と訴えている。

by titeki-oota | 2008-05-06 21:25 | Comments(0)

品種:アンビシャス

 これからの季節はリンゴが日持ちしない時期に入って特にリンゴが食べれない期間は非常に寂しくさえ感じる大好き人間である。近くに置いて有れば1日に2~3個も食べてる事もある。

 弘前に行けない時は地元スーパーで「小玉のフジ林檎」をチョコチョコ買い求めているが昨日の4日は1ヵ月振りに弘前にリンゴだけを買い求めるために行って来ました。
いつも行く道の駅の店頭で名札を目ざとく見つけました!!その名は「アンビシャス」めったに入荷することのない珍しい品種だそうだ。
c0104793_22225745.jpg

晩生種で収穫時期は11月上旬~中旬、果肉は黄色で緻密で硬く、果汁多く、甘味多く、酸味少なく、食味はすこぶる良好です。
自宅で食べたら思いのほか美味しく2日間で食い尽くして終い、もっと買ってくれば良かったと後悔している。アンビシャスは5個だけで残りはフジを20個買い求めた。
25個で1300円だがガソリンを掛けてまで行く必要があるかと周りから良く言われるが、スーパーの物と違って大型冷蔵庫で冷やされた「シャキシャキ」した食感がもう堪りませんし3度の御飯よりリンゴを食することが至福の時でもある。酒飲みが酒に溺れるように自分はリンゴにかぶり付いてたらそれだけで大満足です。(笑
by titeki-oota | 2008-05-05 22:23 | Comments(0)

秋田犬本部展覧会

  このところ好天の日が続き、今日も午前中から気温がぐんぐん上昇し、夏本番を思わせる暑い中で秋田犬保存会の本部展覧会が桂城公園を会場に開かれ、いつも何かと用事があって見れなかったが今年は漸く見学出来た。展覧会には幼犬A、同B、若犬、壮犬、成犬A、同Bの各部門、メス、オス別に約180匹がエントリー。

  同保存会の展覧会は、秋田犬の普及や保存を狙いに毎年に開かれていてこのうち本部展は展覧会の最高峰ともいえるもので、春、秋2回のうち毎年5月3日に大館市を会場とする春の本部展は、秋以上に高いレベルを誇る。
秋田犬の正統的なスタイルである巻尾立耳や体型、歯並び(どの犬も口を開けさせられて嫌がっていた)、毛の色、艶などを厳密に審査されていた。
秋田犬そのものが良い状態に仕上がっていても、それを生かすも殺すも綱さばきが勝敗を大きく左右しかねないだけに、どのハンドラーも緊張の面持ちで愛犬の持ち味をアピールしていた。

c0104793_20145830.jpg

c0104793_20152077.jpg

c0104793_2015397.jpg

c0104793_2016126.jpg

 外国でも秋田犬は人気があって外人記者も取材に入っていた。
c0104793_20245244.jpg

 秋田犬の赤ちゃん。生後3~4ヵ月くらいか
c0104793_20271290.jpg

 TVクルーから取材を受ける。
c0104793_20283881.jpg

by titeki-oota | 2008-05-03 20:16 | Comments(0)

窓枠とコーキング材


 新築住宅で窓サッシを取り付けると外壁とサッシ枠の間にシーリング材(コーキング)を充填するのが殆んどですがシーリング材は環境にもよりますが案外短くて6~10年位で劣化が進み(本当は傷んだら打ち直しをして頂きたいのだがな中々手が回らない箇所である)当初の機能が(伸縮、防水機能が低下)維持できなくなって劣化がさらに進むと建物内部に水がしみ込み、そこから建物本体の劣化が加速され家の寿命を著しく短くしてしまう結果になります。

 近くの新築住宅2軒の窓枠上部を見るとごく普通の収め方でコーキングでグルット防水処理されていています。此の枠上部は水平になっていて時には水滴も溜まっていてコーキングが劣化してヒビが入って来た時には漏水の可能性が出てきます。(タイべックと窓回りのテープ処理に依っては漏水しない場合もあるが完全ではない)
c0104793_11261819.jpg

c0104793_11263324.jpg


 そこで当社は考えました。窓枠の水平部分をどうしたら良いか?此処で板金屋のSさん・棟梁が考えついたのが上部枠に板金加工をして傾斜を付け上からスポット被せてしまう方法です。
手間ヒマ掛かるがこれだと万が一コーキングが切れても水滴は傾斜に沿って流れ落ち外壁の汚れも(ヨダレ)軽減できます。
c0104793_1149165.jpg

by titeki-oota | 2008-05-02 11:26 | Comments(0)
 昨日から地盤改良で地表の土壌入れ替えを行っていて捨土が黒土で深さ約60センチすき取って、その後に採石を入れて固めて行ってます。
この土地はシラス層で地盤強度面では申し分無いのですが表土入れ替えをしているのは当社が採用している基礎断熱やシロアリ被害に関連して地耐力を更に上げる事と地盤が保水するのを嫌うために実施しているものです。
150坪の敷地面積ですが母屋・物置・カーポート(2台分)建築部分があるので約6割の地盤入れ替えとなります。
土の量も168m³と多く大型ダンプで24台分となり、すき取りと搬入で2日間の作業となっている。
 
c0104793_1239879.jpg


c0104793_12391992.jpg


c0104793_12393059.jpg


c0104793_12394230.jpg

by titeki-oota | 2008-05-01 12:40 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん