<   2008年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

全国学力テスト

 文部科学省は29日、全国の小学6年生と中学3年生計約224万人が4月22日に受けた全国学力・学習状況調査の結果を公表した。
2回目となる今回は、都道府県の中で秋田、福井、富山などが2年連続で好成績をあげる一方、沖縄、北海道、大阪などが引き続き低迷し、地域間の学力差が固定化している実態が明らかになった。

 去年の秋田・福井の成績が偶然すごかったんじゃなくて、今年も引き続いて成績が良かったのは秋田や福井は社会環境・家庭環境が良くて教育指導のたまものなんだろうなぁ。
こうなると何処の県も気が気でないはず上位県は今の成績を維持するのに教育現場ではプレッシャーが掛かるし最下位グループの県は肩身の狭い思いをする事となる。
そんな中で大阪の知事さんはかなり怒っていらっしゃる。
「産経新聞」の記事に依ると橋下徹知事は「教育委員会には最悪だと言いたい。これまで『大阪の教育は…』とさんざん言っておきながら、このザマは何なんだ」と述べ、26日の教育委員との懇談の際と同様、府教委を厳しく批判した。そのうえで教員の意識改革が必要との考えを示し、「現場の教職員と教育委員会には、今までのやり方を抜本的に改めてもらわないと困る」と注文をつけた。http://sankei.jp.msn.com/life/education/080829/edc0808292241009-n1.htm
by titeki-oota | 2008-08-30 09:13 | Comments(0)
 付加断熱工法とは、柱間に断熱材を施工する充填断熱工法に、更に外側に断熱材を付加する工法です。
充填断熱工法では、柱と柱の間に断熱材が入り、柱の外側には断熱材が入っていませんがその柱の外側に更に100mmの断熱材を入れて100mm+100mmで合わせて200mmになります。
c0104793_13123953.gif

胴縁・石膏ボードを張って仕上げると外壁と内部の壁との厚みは約30センチとなって窓台はすべてが出窓のようになります。
イラスト図には付いていないが正式には室内側の石膏ボードの下にも胴縁が取り付けられて防湿層との間の空間を配線関係が通ります。
c0104793_13121348.jpg

 今日から専用のカッターで切断しながら外側からグラスウールをソフトに丁寧に充填しているが赤い色のがグラスウール断熱材で昔の袋物のグラスウールとは比べようが無いほど性能がアップしていて肌ざわりもフカフカしている。
以前のGWは1本1本の太さが7ミクロンくらいあったが現在、採用しているGWは撥水処理をされて3~4ミクロンと細くなってその分、空気が多く含む為に性能が上がっています。熱抵抗値は2、6(m2・K/W)相当密度は高性能16 (kg/m3)です。

 充填したら直ぐにタイベックを張って行きます。昨日の様な局地的な大雨がいつ襲ってくるかも知れないので現場はテキパキと作業をこなしております。

 タイベックが張られた左側に見える吐き出し窓は今年から発売されているシャノン製PVCサッシュ・アルゴンガス入りLow-E トリプルガラスです。
by titeki-oota | 2008-08-29 13:12 | Comments(0)

オール電化 電力料金

 いつもの電力料金の知らせがEさんからメールに入った。
Q-1仕様の約40坪で4人家族で暮している。
8月分(7/24~8/25の33日分)で6999円で1か月分の31日分に換算すると6575円で先月7月の電気料金は6556円だったので夏のエアコンを使用する期間のE宅の電気料金はこの金額帯で決まったようなものです。
1日に掛かるすべてのオール電化使用での電気料金は212円とかなりの暮らし方上手で省エネ生活。

 一方、Eさんと同じ地区にお住いのSさんが当事務所に寄られて(7月から入居で家族は4人で約40坪でQ-1仕様)電気使用量のお知らせのコピーを渡されましたが金額を見て「エッ」と桁間違いかと一瞬思ったが間違いがなく15125円であった。
8月分(7/24~8/25の33日分)1か月分の31日分に換算すると14208円であるがEさん宅から比べると2倍強の開きがある。どうしてこんなに開きが出たのか聞いて見たら予測だが冷凍庫があって各室にエアコンが設置されて夏休み中で子供が家にいる時間が多くたまにはエアコンを付けたまま切るのを忘れていたとか時間帯を余り気にしないで(奥さんの勤務時間の関係で)乾燥機を使用している話をされていたがそれでも以前に比べたらガス代や灯油代がない分、安いと言っているが出来れば1万円以下に持っていければ良いのだが・・・・。EさんもSさん宅どちらも給湯設備はエコキュートを使用しています。
by titeki-oota | 2008-08-28 09:38 | Comments(0)

トイレ床リフォーム

 いつもの犬の散歩コースでお会いしたWさん、立ち話で相談を持ちかけられました。
当社で8年前に建てられたお客様で普段から几帳面に大事に使って頂いているがトイレの床材(フローリング)が少し大・小便器の周りが黒ずんで来たので何とかしたいお話であった。

 そこで便器を外さないでそのままに長尺塩ビシートを張るか全部の便器を外して手洗いの配管・排水管までも外して全ての床に完全にシートを張ってしまう2つの案を提案したところ後者の方で工事を行うことで昨日、水道屋さん内装屋さんが入って半日掛って完成させました。

 今度はお孫さんが少しくらい粗相をしても気にする事もなく、いくら汚れても跡形が付く訳でもないし安心ですとお言葉を頂きました。

 リフォームに入る前の状態。
c0104793_1204251.jpg

 便器の手前の床材が黒ずんでいる。
c0104793_122875.jpg

 取り外した便器、奥さんが外に持ち出して更にピカピカ綺麗にお掃除をされて乾かしてくれました。
c0104793_1274457.jpg


 糊を付けてシートを張って行きます。土足でも良い耐久性のあるシートで少し硬いのでコーナーで曲げるのに職人は苦労してました。
c0104793_1275595.jpg

 すべて張り終えて今度はいくら「零しても」雑巾でゴシゴシと拭いてスッキリ出来ます。
c0104793_1295394.jpg

by titeki-oota | 2008-08-27 12:09 | Comments(0)

太陽光発電

 この頃、機会ある度に太陽光発電で如何なの?と話題に上がる事があります。
年々注目度は高まって来て新聞に盛んにPRを載せて勧めている建築会社も見受けられますが直ぐに飛びついて良いんだろうか時代の流れに逆行するようだが個人的には疑問である。

 国も2020年には現在の10倍にする目標を掲げていて補助金も復活しそうな気配がある。現在の設置費用が今後、余程安くならないと採用数は伸びないのではないかと思うし、その前に投資した金額が何年で回収出来るかが消費者は一番知りたいところでは無いだろうか。
例えば4KWシステムで(セル部材)シリコンの種類などで250万円位から400万円の価格帯であるが、もしこの金額を回収しようとすると専門家はざっと20年から30年はかかると見ている。c0104793_1333217.jpg

 もし、設置しても発電パネル自体は年々変換効率が落ちて行くしメーカーでは2割下がったら寿命と考えているようだしその寿命期間は投資回収に掛かる期間と同じ「20年から30年程度」としている。
その他にDCからACに変換するパワーコンディショナーはメーカーにも依るが10年くらいで交換が必要な場合もありこのPCは10年~15年で交換しなければいけない上に価格も20万円台からと決して安くはない。
その他に電力会社に売電メーターも10年に1回交換が義務付けられている。

 エコ意識を高めCO2削減で地球環境を真剣に考えている方だったらお勧めだが金銭的に確実に回収を考えている方はもう少し時期を遅くされた方が無難かと思います。
by titeki-oota | 2008-08-26 12:48 | Comments(0)

断熱材火災!

 http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20080824222042.asp

 動画を見てください。大規模な工場などに使用される断熱材は大量だと一旦、火が回ると幾ら難燃処理がされても猛烈に黒煙や炎が予想を遥かに超えた燃え方をする。ニュースに依れば出火当時、扉を取り付ける溶接作業が行われていた模様。この板状断熱材採用の際には慎重に工事を進めないといけない。これがポリスチレンフォームやウレタンフォーム化学断熱材の怖さである。
by titeki-oota | 2008-08-25 08:24 | Comments(0)

「愛犬 りゅう」食事

 今日もスッキリしない空模様で近くの山にトレーニングを兼ねて出かける予定も断念して家でブラブラして時々「愛犬りゅう」にチョッカイを出して遊んでいます。
c0104793_19144436.gif
 大好物のさつま芋を「待て!」の指示でヨダレがツーと流れ口をムニョムニョしてジットにらんでいます。「ヨシ!」と共に一気に飛びつき1口でかぶりついて飲み込んでしまいます。

c0104793_18434069.jpg

 朝晩2回ドッグフード180グラムと少し少なめに与えており可哀想だが常にお腹が空いている状態かも知れないが体調はすこぶる良くてドッグランに連れて行って曳き綱から解放されると一気に猛ダッシュし走るのはとにかく速い。
c0104793_18522116.jpg


 餌の匂いに敏感に感じて小屋から出ようとしないで入口でダダをこねる。
c0104793_1854336.jpg

 お盆過ぎから気温が下がって犬も夏の間はコンクリートの土間で体を冷やして寝ていたが近頃は犬小屋の中で過ごしている時もある。
c0104793_18561349.jpg

c0104793_19174590.gif
by titeki-oota | 2008-08-24 18:56 | Comments(0)

「軒先」

 以前に建てられた古い住宅は軒先は当たり前のように出されており突然、夕立や雷が光って雨がザアーザアー降ってもどっかのお宅の軒先に避難して雨宿りが出来たものです。
それが最近の新築住宅は、何処もかしこも軒先がないデザイン重視の建物(コスト軽減にもなる)ばっかりで軒先に避難すら出来ない。
それに壁も複雑に出凹んだり窓も細かいのを一杯付けて気を引いてオシャレが優先して本来最も大事な防水性低下や通気機能を邪魔している。
 
 先人の知恵で軒先が深いと 現代の住宅の軒先のない家にくらべれば涼しいでしょうしなるべく外壁を日にさらさないことが、家には良い事だと思います。(但し軒を余り出し過ぎると家の中が暗くなったり、大雪の際に構造材の垂木に負担が掛る時もあります)
軒先が無いビル風の住宅は土台水切りから入って壁の通気を最終的に何処から効率的に出すのか考えられてない現場も存在します。
夏涼しくすごすためには、昼間に室温を上げすぎない工夫が必要です。その為には日射を直接室内に入れない工夫が必要。
軒の出深さの検討はとても大切ですが、それだけで全て日射のコントロールをすることは出来ません。
日射は室内側ではなく室外側で外付けブラインドやすだれ等で遮ると、すごく効果的です。

 「Q-1東台の家」の軒先の出寸法は外装材が張られて最終的には約30センチとなる。
本当はもっと出したいが総合的に判断して機能的にも此の寸法に落ち着いた。
屋根形状は陸(ロク)屋根(やや水平)と切り妻屋根で組み合わせ写真にわずかに見える白い紙はタイべックで壁に張るタイべックと重ね合って連続する。その上部は屋根通気になっていて壁・屋根からの通気層と繋がっていて全方面の軒天井から抜けるようになっている。
c0104793_133482.jpg
c0104793_1353118.jpg

by titeki-oota | 2008-08-23 13:04 | Comments(0)

いよいよ!!

  明日「大曲の花火」が開催されるが1晩数時間の花火見学だけで全国から約80万人が雄物川河川敷に集う。
旧大曲市の人口は4万人そこそこ、そんな小さな街に20倍の人が押し寄せ入り込み数はそろそろ限界に達しようとして大会当日は都市機能が完全にマヒする。
売り出されていた約2万の桟敷席は8月1日発売わずか30分で既に完売している。
c0104793_1326205.jpg

 
 当日は朝から駐車場を探す車で大混雑し夕方前から、会場の河川敷は人で埋め尽くされ観覧場内の簡易トイレ(観覧場内を中心に臨時駐車場など市内主要施設に、700個以上が設けられても)は長い列が出来て携帯電話もつながりにくい上に大人だって迷子になり帰りは車やバスの駐車場まで歩く人たちで、街中は首都圏の駅前にでもいるかと錯覚する程。

 数年前に観光バス御一行様で参加した事があるが花火ばかりで無く街中がそれはそれは凄まじい迫力で人の波が動き回っている表現がピッタリする。
花火終了後に会場から出ようとして「本当に死ぬ思いをした!」勝手に身体が押されて動いて土手に上がる近辺では特に酷かった。(その後は警備体制が変わって土手上の道路は通行できない)

 今年もNHK デジタルハイビジョンで夜空に舞う豪快な花火の模様を生中継される。
テレビの中継が大曲の花火人気に拍車を掛けた。本物見たさに人がまた増える。大変な思いをしてでも、また行きたくなる。呼び物の大会提供花火は幅1キロの河川敷いっぱいに連発され6分間連続で2200発も上がり、それも1年もかけて製作するという力作。比べるのが酷だが大館の花火大会1時間で上げる打ち上げ数より多い。
 
by titeki-oota | 2008-08-22 13:08 | Comments(0)

「Q-1岩瀬の家」内装工事

 塗装工事は、お盆休み中に職人に出て頂いて終了し現在は内装クロス工事が入っております。パテ塗りも3回掛けて全て終えて2階からクロスを張って来ていたが施主さんから電話が入って2階の勾配天井になっている12畳部屋をクロス張りから変更して壁・天井全てを秋田杉板を張りたい依頼であった。
c0104793_12453262.jpg


 早速、モルダー加工の内装秋田杉の注文をしながら大工の手配し昨日から足場を組んで張り始めました。c0104793_12455652.jpg
張る面積は19坪で石膏ボードに塗られたパテを平らにして杉を留めるのは細い仕上げ釘だが此処で怖いのはボードの下を通っている電源ケーブル、最初から張るのが分かって居ればボードに配線位置を印して置くんだが大工の記憶も曖昧で出来るだけ下地部分で留めておいて万が一、釘がケーブルを貫通するのだけは避けなければいけないので注意深く作業を行っています。

 勾配天井から張り始めて化粧梁と相まってログハウス風に生れ変わります。
今の段階では木肌が白いが徐々に月日と共にアメ色に変化して来て後々は落ち着いた感じとなります。本物はやはり良いものだ!クロスの様に張り替え時期など心配しなくても良いし杉板は長く変化しない利点があります。
c0104793_12481299.jpg

by titeki-oota | 2008-08-21 12:48 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん