<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

積雪にウンザリ!!

 今日も朝には雪がどっさりと降っていて昨日の雪かたずけで疲れが溜まっているのにもう勘弁して欲しい気持ちです。

 車庫の屋根に積もった雪の高さは60㎝くらいで未だ余裕があるが今後、一気に降られる事もあるので安心は出来ない。

一般的な家屋は、高さ1m程度の積雪量に耐えられる構造になっているが、それ以上の積雪が見込まれる場合には、そろそろ雪下ろしが必要になります。

 雪は、1㎡当たり1㎝の高さで積もった場合、2~3㎏の重さにあって例えば、50坪(約160㎡)の総二階建ての住宅の屋根に1mの雪が積もった場合、その重量は荷物を積んだ大型ダンプが乗っかった様なもので16~24トンにもなります。

 雪の重さは1立方メートル当たりで大体新雪で150kg以上、 だんだん固まっていった場合は500kg以上にもなる場合があります。
最も怖いのはこれ等の重さを乗っけた所に地震とか雨降りがあると家屋には大きなダメージを与える事となります。

 午後2時ころに長木川堤防を走行中に突然に猛吹雪で道路の堺が分からなくなるくらいだった。
c0104793_15412780.jpg

by titeki-oota | 2011-01-31 15:41 | Comments(0)
 早く料金を知りたくてEさんに連絡を取ったら早速、メールで1月分の電気料金が送られて来ました。

 昨年の1月とは打って変わって(昨年は暖冬で雨の日もあった。)今年の1月は特に寒い日が連日に亘って続いており当然に暖房料金や灯油料金に関心が集まります。

 1年で最も暖房料金が多くかるのが1月です。昨年1月のE邸(Q値:1.18・40坪・4人家族)の電気料金は(12/24~1/5 33日間 電気使用量は昼夜で2317kwh)21529円に対して今年の1月分は(12/24~1/5 33日間での電気使用量は昼夜2294kwh)22053円と機器割引等の関係で料金は上がっているが電気使用量は僅かだが23kwh少なくなっております。

 22053円の内訳で夜間電力量料金は16525円使用しており、其のうち9割近い金額(14500円くらいか)が1階・2階に配置された蓄熱暖房器に使用された電気代となり1日あたり40坪全館暖房に使用された料金は440円余りかと推測されます。
c0104793_1331544.jpg

by titeki-oota | 2011-01-28 13:03 | Q-1 代野の家 | Comments(0)

-14.5度

 今日の朝は犬の散歩で一歩外に出た瞬間から、かなり気温が低いのが分かりました。

 歩いて暫くすると鼻が痛くなる位にジンジンして来て変な表現だが瞳まで冷たく感じる程の低温だった。

 午前5時半、空には雲が無く月と星空がクッキリと輝いて長木川の川面から低く流れながら霧が漂ってめったに見られない幻想的な世界が造り出されておりました。

 それもそのはず大館市が全県で一番、外気温が低く-14、5℃を記録されてました。
年に何度か-12、3度台までは記憶にあるが-14度台は非常に珍しい。
c0104793_11575361.jpg

by titeki-oota | 2011-01-27 11:57 | Comments(0)

「はやぶさ」試乗会

 東北新幹線に3月5日から導入される新型車両E5系「はやぶさ」だが一足早く乗れるというので試乗会に真っ先に申し込んでいたんだが、いざ蓋を開けて見れば試乗希望者が余りに多くてビックリ!です。
c0104793_16294916.jpg

 JR東日本の集計に依れば、定員4000人(その後に4400人に変更)に対し約25万人の応募で60倍を超える希望者が殺到したそうだ。抽選は“超狭き門”となりそうです。
 
 試乗会は2月18~20日の3日間で大宮―仙台間、盛岡―新青森間の上下線で計8回実施され大宮―仙台間の一部区間では最高時速300キロも体感できるようだがネットで申し込んだ区間は盛岡から新青森駅間だからスピードと景色は期待出来ないと思う。

 くじ運が悪いから今回も抽選は外れる可能性が大きいと思うが出来れば営業前の「はやぶさ」に是非とも乗って見たいものです。
 当たればの話だが2011年2月20日(日)盛岡駅 9:55頃発 → 新青森駅10:47頃着(盛岡駅集合、新青森駅解散)に乗車します。
by titeki-oota | 2011-01-26 13:03 | Comments(0)

厳冬期コンクリート打設

 言うまでも無く今年の1月は連日に亘って寒さと降雪量が生半可でなく新聞報道でも色々と市民生活に重大な影響を与えている事が掲載されております。

 そんな折に昨日の朝に犬の散歩の途中で見掛けた大手ハウスメーカーの基礎コンクリート打設後の現場です。
夜にも通り掛ったが2重に掛けられたブルーシートの中は煌々と明るく照らされていたので投光機など熱源となる器具等でコンクリート養生をされているものと推測しております。

 大手ハウスメーカーの中でも此処までシッカリと単管で小屋組みまでして基礎を大事に造っているのには感心と言うか褒めて上げたい気持です。
c0104793_10483644.jpg

 今年の様な厳しい冬のコンクリート打設は養生期間に凍結するおそれが有ります。
コンクリートが凍結するとは、コンクリートに含まれる水分が凍って、膨張してコンクリートを破壊することもあって当然、強度も落ちます。これを凍害と言います。


  では冬のコンクリート施工で気を付ける点は何でしょう?

 コンクリート標準示方書ではコンクリートの凍結温度は水セメント比等によって異なるがおよそ、-0.5~-2.0℃程度といわれている事から示方書では平均温度が4度を下回る場合には、寒中コンクリートを使用しなければならないと定められています。

 これは、施工業者が生コンクリートを注文するときに指定する物なので、到着した生コンを現場で見ていても違いは分からず納入配合表を見て初めて分かる代物です。

 温度を下げなければ、凍害は防げることから、まず出荷元の生コンの材料は出来るだけ冷やさずに(温水など)配合しながら混和材としてAE剤やAE減水剤を使用してコンクリートを打ち込んだ後には保護シート等で養生すれば万全です。

 本当に良い物を造ろうとするならば厳冬期の生コン打設は細やかな気配りと経費の掛かり増しは避けられません。
by titeki-oota | 2011-01-25 10:38 | Comments(0)

消雪スプリンクラー

 毎日、雪、雪、雪降りでもうウンザリです。雪寄せすれば溜まって行くし溜まった雪は運ぶしか無いのだが運ぶのが面倒であれば、その場で溶かすしか方法は残されていない。
そんなことを考えながら昨日の買い物中にホームセンターで雪対策グッズを購入して来ました。c0104793_11153100.jpg
 自宅の駐車場は井戸水を埋設したパイプに流して雪は消えているが、建物の隙間などは雪がズンズン積み重なって例年に比べて今年は中々消えないで残っています。

 そこで偶然、目にした簡易スプリンクラーだが価格がとにかく安くて497円だった。
お馴染みの住宅の庭などで夏に散水設備として広く使われている物だがこれを転用して掻き集めた雪山に置いて井戸水を散水しながら雪を消そうと考えた訳です。仮に機能しなくても金額が金額だから懐は痛まないから気が楽です。

 機能・特徴は回転しながらノズルが3方向に噴出して先端のノズルの角度を変えることも出来て360度ムラなく散水可能で放水範囲目安は水量調節で最長直径 約5Mまで飛ばすことが出来ると書かれています。

  散水前の雪山状態。
c0104793_11165413.jpg


  散水後には地面まで表れました。
c0104793_11171568.jpg

by titeki-oota | 2011-01-24 11:18 | Comments(0)
 東台の家もガルバ鋼板外装材を張る所まで進んで来ましたが時折、吹雪いて屋外仕事は大変寒い中で大工さんは頑張ってくれております。その反面、室内担当の棟梁は暖かい環境の下でラジオを聴きながら薄着で石膏ボード(ハイクリンボード)を張る作業ができるから幸せです。

 2枚目写真奥に見えております開放型石油ストーブは休憩時間だけ稼働させて働く時は消火しておりますが(窓を小さく開けて換気しながらでも直ぐに室内が暑くなり過ぎます。)室内が直ぐに寒くならずに十分に暖かいのは基礎断熱・スカート断熱された床下コンクリート土間などからの蓄熱⇔放熱があるからです。
c0104793_145238.jpg
c0104793_1453382.jpg

by titeki-oota | 2011-01-21 14:05 | Comments(0)

雪落とし棒

 今日も時々、風雪が強くなって大荒れの天気です。今年は特に自宅の小屋軒先には雪庇(せっぴ)が大きく育って来ており、かなり気になっております。c0104793_1764355.gif
そんな中で昨日は気に入った商品があったのでネットで雪落とし棒を申し込んだら今日になってメーカーなど何処にも在庫が無くなって品切れ状態だと連絡が入っていた。

 仕方がないので市内の数件のホームセンターに問い合わせて見たが希望する伸縮する高さの商品は置いていないと言う。期待もしないで、ふらっと現場の帰り道に立ち寄ったスーパーの売り場を覗いたら片隅に最後の1本だけ輝いてポツンと立て掛けられており即!!購入。まして今日は20日で5%OFFでラッキーな日でした。

買い求めた雪落とし棒は、超軽量アルミボディで驚くほど軽く、雪落とし作業に威力を発揮しそうです。
先端はゴムになっていて、屋根などに優しく アルミボディは錆びにくく永持ちしそうで4、4mまで伸縮自在パイプなので高い所のせり出した雪庇にも楽々届きそうでこれで一安心です。
c0104793_177879.jpg

by titeki-oota | 2011-01-20 17:07 | Comments(1)

アメッコ並木

 冬の風物詩・大館アメッコ市が近くなって来て恒例のPRジャンボ枝アメ並木も国道7線沿いの長倉町にお目見えしました。まだまだ寒さが厳しい折にピンク色のアメが一足早く春の花々を先取りしたかのようです。

 昨年と同じ規模で市役所前から長倉交差点まで400mに亘って両側街路樹に50本もの枝アメが並んでいますが昨年はカラスにも知恵が付いてか散々に食い荒して無残にも枝だけの状態になったりした木もあったので設置団体が今年はカラス撃退法を考え、釣り糸のテグスを全ての木に張っておりました。
c0104793_14401135.jpg


 例年だと県内外から15万人の人出があるというが今年のアメッコ市の人出は天気に左右される所もあるが新幹線が延伸された影響で青森方面から入って来る多くの観光客で賑わうだろうと予想されます。
by titeki-oota | 2011-01-19 14:40 | Comments(0)

寒中コンクリート打設

 清水町の現場での擁壁工事は本来ならば先週の内にに生コンクリート打設を行う予定だったが昨日のブログに書いたように連日あまりの、朝晩の冷え込みが激しくコンクリート強度が出ない事を恐れて工事を再々延期して来ました。

 漸く気温も上がって来た今日の工事では念には念を入れてコンクリート防凍剤を加える事にして1.0m3に対して18ℓ缶を投入して良く混ぜてからコンクリートを打って行きます。c0104793_10362915.jpg
 防凍剤を入れたので生コンクリートが早く固まり、凍結温度も-10度まで大丈夫なように、この後はシッカリと養生しながら保温して初期強度が上がるようにします。

 寒中のコンクリート施工には課題があります。
特にコンクリート打節工事に於いては、低温下での養生になるため強度発現が遅れたり、凍害によりコンクリートの品質や耐久性が悪影響を受ける恐れがあります。そのため、寒中コンクリートの養生には、給熱や保温などの処置を施すことや、養生期間における温度管理など十分なケアーが大切です。
c0104793_10344789.jpg

 以前なら厳冬期はコンクリート工事は行わなかったものだが大寒が近い1月のこの頃でも基礎工事を行っているのを大館市内でも普通に見受けられるようになりました。
手間を掛けながら完全に保温養生すれば問題が無いのだが中にはブルーシート1枚を軽く釘で留めただけの現場も見受られます。夏と変わらない養生仕事では、この寒さの中では余りにもコンクリートが可哀そうです。
by titeki-oota | 2011-01-18 10:34 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん