<   2011年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 今日の早朝から左官を現場に入れるか入れまいか迷いに迷った。
昨夜から天気予報をズット睨めっこしていて午前中の降水確率が高い上に大気が不安定で気圧計の針を見ていても数値に大きな変化が無く此処は運を天に任せて決断したのは午前7時に決行と腹を括りました。

 午前中は予報と裏腹にお天気が良くて暖かく逆に午後3時ころににわか雨があって現場では慌ててしまったが、養生が間に合ってどうにかギリギリセーフだった。
c0104793_1643625.jpg

 午前に基礎天端均し作業を行う。基礎の上端に定規を固定しモルタルで仕上げるもので基礎断熱の場合は土台との接点となる天端均し精度が特に大事でモルタルの高さの誤差は2mm以内を目指して平滑になるようにレベルを何度となく覗いて確認する大事な作業です。
 
 午後から基礎の板状断熱材100ミリ厚の表面に基礎断熱用モルタル(炭素繊維入りのプレミックス樹脂モルタル)を均一な厚さに下塗りしてからグラスメッシュ(CFネット)を被せて張り巡らしますが、特殊なCFモルタルは硬化が早く左官屋さんは大忙しで4人が現場に入って仕上げます。直ぐに同じ厚さで上塗りした後を刷毛引き仕上げを行います。
c0104793_1645359.jpg

c0104793_1651124.jpg

by titeki-oota | 2011-03-31 16:05 | Comments(0)

「コラム」

 仙台市在住の新住協事務局長  会沢氏のコラムから
 
   未曾有の大地震を体験して思ったこと   
   http://www.shinjukyo.gr.jp/shinsai/column01.pdf   

    地震発生後、暖房を連続10日間OFF、その時高断熱住宅はどうなる!
  http://www.shinjukyo.gr.jp/shinsai/column02.pdf
  
     暖房を止めて15日目~の室温と外気温の変化
    http://www.shinjukyo.gr.jp/shinsai/column02_2.pdf 
by titeki-oota | 2011-03-30 13:14 | Comments(0)

「山梨県防災ヘリ」

 昨日のお昼過ぎに上空からヘリの爆音が聞こえていつも聞き慣れている秋田県防災ヘリ「なまはげ」とは明らかに違う重量感あふれる大型ヘリの音であった。

 最初は自衛隊のヘリかと想いつつ、我ながら本当に「物好き」な事で外に出て見上げれば
山梨県消防防災ヘリコプター「あかふじ」シコルスキー式 S-76B型です。c0104793_1023097.jpg

 ネット情報に依れば11日の震災発生直後から宮城県に派遣されて救助活動を展開している様子。
 
 市立病院付近上空でホバリングしながら病院屋上ヘリポートに着陸した。当地に飛来したのは災害被災地から緊急患者搬送が目的だった。

 石巻市から大館市まで直線にすると約220㎞くらいあるが「あかふじ」の航続距離が700㎞からすると簡単に往復移動できる距離です。
 巡航速度は260㎞/h前後なので1時間も掛からないで到着したことになりますが操縦して来たパイロットは恐らく初めて大館の地に降り立ったと思うが任務遂行とは言え今回の災害では緊張の連続だと思うと本当に、頭の下がる思いで一杯です。
by titeki-oota | 2011-03-29 10:02 | Comments(2)

「水不足」

  昨日も、地元の大型スーパーへ開店時間ギリギリ9時に出掛けたまでは良いが、何と!何と!いつもと違って駐車場には沢山の車が詰めかけております。

 店内に入れば、お客の様子が普段と違って明らかに違って殺気立っていると言えば大袈裟かも知れんが店内放送で「品物は沢山ご用意いたしておりますので・・・」と言われても棚からは次々と無くなって冷凍食品、パン、納豆、ボトル水売り場に殺到しております。

 どうにか全ての品を買うことが出来たが水だけは困った。
首都圏に住んでいる娘は普段からペットボトル水を利用しているので今回の騒動でこっちから送る事にしたが1家族2Lで2本までの制限が・・・。此の量だと幾ら節約しながら使用しても2日しかもたないので取りあえず自宅に在庫していた分と合わせて発送した。

 なんだかんだと詰め込んで重くなった段ボール箱は30㎏もあって残りの箱10数キロと合わせて宅配料金は3000円と何とも高価な「水」となってしまいました。
c0104793_13182890.jpg
 灯油・ガソリン不足はどうにか落ち着いた感があるが昨日も市内を探したが相変わらずローソク、電池や懐中電灯は何処にも無かった。 
人々は軽いパニックになっているのか、必要以上に買い込んでいるようです。
「大丈夫だから買いだめなど、しないように」といわれると逆に買い置きしたくなる気持ちはわかりますが、きれいさっぱりスーパーから消えてなくなっているのには本当に驚かされます。

『奪い合えば足りず、分け合えばあまる』という言葉は、相田みつをさんの詩だそうです。
by titeki-oota | 2011-03-28 13:14 | Comments(0)

鳳鳴初陣飾れず!

  鳳鳴完封負けしちゃいました!!

それでも強豪相手に良く頑張りました。次は夏の甲子園目指して頑張ろう。

 開会式での創志学園の野山主将の選手宣誓は凄く良かった。
被災者への思いを込め、「・・・生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーします」選手は勿論のこと日本全国のみんなの「頑張ろう」という思いが1つになったのではないでしょうか。

 「人は、仲間に支えられることで大きな困難を乗り越えることができると信じています」

 そうなんです。みんな支え合って生きているんです。仲間がいるから、もっと頑張れるんです。
by titeki-oota | 2011-03-25 12:35 | Comments(0)

「桧山納豆」

  ヤ~トナー コラ秋田音頭です♪ 
コラ いずれこれより御免こうむり 音頭の無駄を言う(アーソレソレ)あたりさわりもあろうけれども サッサと出しかける(ハイ キタカサッサー ヨイサッサ、ヨイナー)                                                コラ 秋田名物 八森ハタハタ 男鹿で男鹿ブリコ 能代春慶 桧山納豆 大館曲げわっぱ♪ と秋田音頭にも歌われているくらい有名な桧山納豆(桧山(ひやま)納豆は、能代市桧山地区に伝わる伝統ある納豆です。)だが大地震の後にあっちこっちのスーパーを探し求めて歩いたが、どうしても見つけられず困っておりました。c0104793_1741825.jpg

 何しろ肉や魚を食べなくても納豆だけは年から年中、必ず切らさず多い時は2パックずつ食べているくらい納豆が大好き人間で主食に近い存在ですから(笑)。

 思い余って昨日、能代市の販売製造元に電話を入れて情報を求めたところ大館市内で一番多く納入しているのは●●●ショッピングだと親切に教えてくれました。

 昼休みに勇んで出掛けたらいつもの棚にありました。オレンジの包装パッケージに包まれて燦然と輝いて置かれていたが但し保冷ケースには「一家族一パック」の張り紙があって嬉しさ半分、悲しさ半分の気持ちでトボトボ帰って来ました。
by titeki-oota | 2011-03-24 14:24 | Comments(0)
 今日は、コンクリート打ち作業の前に瑕疵保険検査の1つ基礎検査を国土交通省認定のハウスプラスから委託されている検査員が来て、現場で立ち会いました。
c0104793_13184341.jpg


 保険には2回の中間検査が設定されていて今回は1回目の検査となりますが検査内容は根入れ深さ、各所の鉄筋の太さ、かぶり厚さなどが確保されているか、立ち上がり部分などを検査員が1つ1つ確認しながら約15分ほどで無事に検査は終了しました。

 その後すぐに生コン打設作業に入り基礎・土間を一体化させるために使用した生コン量は約18㎥です。
c0104793_13185897.jpg

 流し込んでいるコンクリート強度は(呼び強度)24N/mm2です。1cm2当たり約240㎏もの荷重に耐えられることを表しております。スランプ(柔らかさを表す指数)は作業効率が悪くなるが少し硬めの15センチにしております。
c0104793_13274733.jpg

c0104793_13191370.jpg
c0104793_13193211.jpg
c0104793_13194830.jpg

by titeki-oota | 2011-03-23 13:19 | Comments(0)

「資材不足」

 大地震の後に建材卸業者から続々と納品がいつになるか分からない旨の連絡が入っております。これから取りかかるモデル住宅やら次の現場なども含めて、今後の工事計画が立てられない状態になっており頭を抱えています。
 
 品不足の筆頭は昨年の9月から中々手に入らないグラスウールだが、これからは更に品不足が激しくなると思いますので昨年の12月から予約しながらコツコツ貯めて建材店に確保して頂いていたグラスウールも急いで当社の作業場に搬入させました。しかし、このトラック1台分でも、モデル住宅は分厚く屋根300ミリ・壁にグラスウールを290ミリで3層に入れる為に、まるっきり足りません。
c0104793_13252868.jpg

by titeki-oota | 2011-03-22 13:25 | Comments(0)

「派遣」

 原発事故現場での放水作業について昨日のTVで東京消防庁がどんな戦略でこのミッションに取り組み、現場で何を行って何が起きてるかその結果どうなったかを分かりやすく説明してくれた。

 決死で立ち向かった隊員も大いに褒めてあげたいが改めて優れた指揮官の重要性をしみじみと感じた。

 現場で指揮した消防隊総括隊長のコメント(ustreamより)

 なにより、隊員のことが・・・申し訳なく・・・(涙ぐみ、しばしのあいだ沈黙)
 若いやつらが、自分に生かせてください、自分に行かせてくださいと・・・
(若い隊員たちに)怒りました・・・おまえたちは、若いのだから、
 健康な子供を作って、日本の復興のために生きろ、と・・・(しばし沈黙)
 それでも、食い下がって・・・
 私たち消防は、命を救うことしか、できませんので・・・
 バカだけど・・・最高の・・・部下たちです・・・(号泣)

 
 私事で恐縮だが娘婿も都内の消防署から気仙沼市に18日から派遣されて頑張ってくれている。娘のところには所属先の消防暑から毎日、活動報告を短いが頂けるようで、これらの細やかな連絡バックアップ体制も流石!です。お陰で残された家族は留守中も安心です。
by titeki-oota | 2011-03-21 13:18 | Comments(0)
 今日で東日本大震災が起きて1週間。
被災地では寒い中で食料も燃料も何もかも不足する中、また福島原発では決死の注水作業が続けられていて先が読めない緊迫した非常事態が続いている。

 そんな中での昨日17日、プロ野球セ・リーグは公式戦を予定通り3月25日の開幕を発表した。こんな状況下で、本当にプロ野球開幕しても良いのか?
選手会の意見を押しのけてまで強行開催に踏み切る理由が 自分には理解できず球界の「老害」の非常識さに、腹がたって仕方がない。 
色んな意見があるのは十分に分かっているが今は野球どころじゃないと思う。

 25日にこだわる意味もキチンと説明できていない。
「野球で勇気づけられる」と言ってたが誰が勇気づけられるの???野球で力になれるのはこれからもう少し先なのに、そのもう少し先をなぜ待てないんだろう。
 
 何でも東京ドームのナイター開催に必要な消費電力は1時間当たり約5-6万キロワットといわれ一般家庭が1日に消費する電力の3000~4000世帯分に相当するそうだ。
予測できない不慮の停電の可能性があると、昨晩も海江田大臣が節電協力を呼びかけていたのに・・・。

  
by titeki-oota | 2011-03-18 13:17 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん