<   2011年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 モデル住宅に備え付けとする家具を探して又もや最近、知ったばっかりの北秋田市の大型家具屋さんに行って来ました。

 大きな倉庫に展示しているコーナーで2Pソファーと食卓テーブルを迷いながらも選んで今日の午後に大雨の中、室内に搬入してくれました。

 ソファーのアーム部分は小さいがサイドテーブルにもなっており、お茶やドリンクが置けます。素材は国産のタモ無垢材で出来ており飽きの来ないシンプルデザイン。
c0104793_15563672.jpg


 ダイニングテーブルは120㎝幅 回転式イス4脚5点セットを選んだがソファーに少しばかり多く予算を使ったので機能重視で天板は無垢材を諦めて集成材となってイスの造りは当然に座面は本革で無くて合成皮革となりました。

 座って良かったのは回転するので着席や立ち上がり時には楽な動作が出来ることです。
c0104793_15565880.jpg


 搬入を終え業者が帰った後に気が付いたのはソファー、イスの足裏にフィルトが一つも張られていなかったこと。
直ぐに電話で呼び戻して接触面の裏側にはフィルトを張って頂きました。これで押しても引いても軽くスムーズに床面に傷が付く事も無く移動できます。

 ソファーは掃除の際に移動もさせますので、貼り付けを家具屋さんに依頼することは忘れてはなりません。

その他に気が付いたのはダイニングテーブを組み立てているのは(長く使用している内に緩んできます。)六角ビスが使用されていますのでダメ元のつもりで六角レンチを頂く事をお勧めします。今回は帰り際に2種類のレンチをスンナリ置いていってくれました。
by titeki-oota | 2011-06-30 15:56 | Comments(0)
 今日から家具職人が入って造り付け食器棚の設置工事を行っております。幅はカウンター部分も入れて1800mmです。
造り付けの良さは設置場所の横幅から天井までの高さにピッタリと合わせて造れることから無駄な空間が生まれません。
c0104793_15522048.jpg
c0104793_1554137.jpg


 色指定でも数多くある中から希望の色で仕上げる事が出来るので悩む事も少なくこれらを既製品から探すとなると時間も掛かるし中々ピッタリと合う家具は見つけられないものです。

 時には思い入れのある古い食器棚を持ち込んで使用したいという方もおられますので、その際は食器棚と天井までの空間にスッポリと、はめ込むように同色で仕上げた天袋を造る事によって地震の揺れでで倒れる事も無く、ホコリが溜らず一石二鳥です。

 工場で造っていた部材を家具職人2人で運び込んで積み上げ固定しながら組立てて行きます。
扉にガラス類は一切使用しないで中が見えない半透明な強度があるポリカボネート使用ですので万が一の際も割れないので安全です。


 写真は地震の際に食器棚の扉開放防止となる瞬時に扉のロックが掛かり、収納物の飛び出し・落下防止に大変有効です。
c0104793_15524937.jpg


 カウンター部には最も使用頻度が高い箇所なので実用性を考えてメラミン化粧板を採用しました。

 特に表面が強く、テーブルやカウンターなどの耐久性が必要なところに使用され化粧板の中では耐摩耗性、耐水性、耐熱性に優れたもっとも高機能な素材といえます。
c0104793_17344261.jpg

by titeki-oota | 2011-06-29 15:52 | Comments(0)

草取り

 雑草は今の時期、取っても取っても次々に伸びて草取りは追いつかない。

 自宅脇の50坪くらいの空き地だが土を入れたばっかりの頃は、そんなに雑草は目立っていなかったのだが3年目辺りからスギナやクローバーなどが急に勢いが出始めて手でむしり取っていたんでは、腰に負担が来るうえに、どうにも効率が悪くギブアップ。
 
 次なる考えた手段は手っとり早く粉末の除草剤だが、良く考えて散布しないと飛散してしまう事もあって残して置きたい周り近所の植物まで影響が出てしまうのでアッサリと一回使用しただけでこれまた辞めてしまう。

 今度は薄めて使用する液材除草剤に変更したが時間と共に最後には薬剤が分解されて無害となると書かれているが井戸水とかを使用しているので大量に噴霧すると余り気持ちが良い物では無いことから、しつこい雑草だけに局所的に使用して枯れた雑草をカセットボンベを利用して焼くバーナーで焼却処理して来た。

 しかし、今年は水吐けが悪くなったのか苔までが新たに地面に生えて来てしまった。
早速、ホームセンターから雑草取り用のくわを調達して地面を撫でながら小さな雑草と一緒に苔も剥ぎ取る方法に変更したが、面白いように取れて色々と試したが、手動ではこの方法が一番効率が良さそうな感じがする。

 草取りをしている時は何にも考えなくて作業に没頭出来るからクセになってしまう。家族からは色んな道具ばっかり用意してと笑われているが懲りずに先週はとうとう野芝を刈る電動草刈り機を購入してしまった。
c0104793_16334185.jpg
使用場所や草の種類に合わせて金属8枚刃やナイロンコード刃と取り換えながら使用出来るので凄く便利です。
広大でない決まった場所だけで草刈りするにはエンジン式より電動式の方が面倒なメンテナンスが掛からず直ぐに作業に入れます。但し電気コードを引きずって歩いて邪魔なのが只一つの欠点だが、それでも以前に比べたら楽で楽で10分の1の仕事量に感じるくらいにもっと草刈りをしたい程に余裕が生まれました。
by titeki-oota | 2011-06-28 16:33 | Comments(0)

お買いもの

 何年ぶりだろう県北に住んでいると中々秋田市は遠い地で土曜日に久しぶりに買い物で出掛けて来ました。

 休日にブラッと大館からだと弘前か盛岡に向かうパターンが多く所要時間も1時間から1時間半ほどなんだが御所野のイオンまでだと国道285から秋田道・秋田北IC~南IC利用で行く前から時間が掛かる事は想定していたが2時間半も掛かってしまうと流石に遠く感じます。

 開店から随分と経っているのに思えば、イオンの店内に入った事が無いのは周りを見渡しても恐らく小生くらいではなかろうか?以前に何度か近くの秋田テルサに会議で出掛けた事もあったが、其の時も寄る事も無く駆け足で帰って来てしまった。

 今回の買い物時もそうだったが人出が多い所で大きな建物内を動き回っている時に限って何故か眠気が襲ってくるから不思議です。
商品からの匂いも少し苦手な上に二酸化炭素濃度の影響なのかと勝手に思ったりしているんだがハッキリした事は分からないが何かが身体に影響してるんだろう。
 
 買い物に興味が無いアッシー君としては何する訳でも無いのであっとこっちに置かれた店内のベンチでコックリと寝ては移動する度に起こされていたが最後に座った個所だけは最初から最後まで、ある少年を見つめていた。c0104793_15242077.jpg

 ゲーム機コーナーに入る入口付近に置かれた「太鼓の達人」です。
音楽に合わせよくあんな譜面見ながら、2本のバチでテンポ良く小さな身体一杯でチョコチョコと可愛い表現で太鼓を叩きまくるのだった。
余りに上手なもんだから近くに来たお客は、皆が足を止めて見入ってしまう程の腕前で踏み台に乗って連続で何ゲームかを汗を流しながら熱演してくれた40分。
年齢は8~9歳くらいのワンマンショーで退屈しのぎに良い物を見せて頂き感激してしまった。
by titeki-oota | 2011-06-27 15:22 | Comments(0)
 中道の以前に「すし匠」があったところの建物が改修工事に入っていたのは通りすがり見ていたが工事が全て終えたようで、今日の新聞に開店チラシが折り込まれて来ました。

 オープンするのは函館発のグルメ回転寿司・函太郎大館店。
29日のオープンの前に25(土)・26(日)の2日間は時間を限ってのプレオープンとあります。
c0104793_13365097.jpg


 回転すし業界は競争が激しく「かっぱ寿司」や「スシロー」大手チェーン店が大館に進出と共に「つどい亭」など地元資本の回転寿司店が相次いで撤退してしまった。

 つどい亭があった時は年に何度か利用していたんだが何故か大手チェーン店だけは一度もノレンを潜ったことがなく入りたいと願っているんだが家族を誘っても乗り気が無く一人では行くには勇気が・・・そんなことで利用出来ないでいる。今回オープンの函太郎には暫くして客足が落ち着いた時にゆっくりと出掛けたいと思う。

 かっぱ寿司とスシローが一皿100円前後の単価で気楽に食する事が出来るのに対して、店名の頭にグルメと歌っている函太郎は一皿単価が高い分、味に拘った寿司ネタ本物志向のお客向きのお店と期待している。
 
 もし子供連れで行って好き勝手に注文されるとなると親は120円皿の納豆巻きで辛抱しながらソワソワして食べた気がしないかも・・・・・。
因みに「ご馳走寿司」の ぼたんエビ・生うに・活アワビなどはお品書きに490円と鮮度も良くて極上もんを少しだけ食べたい方であれば、安くてお勧めのお店かも知れません。

 一度だけの贅沢を述べるなら銀座辺りの高級鮨屋で数百万円はする分厚いヒノキのカウンターを前にして・・・・其の前にイチゲンの客は無理か。
by titeki-oota | 2011-06-24 13:36 | Comments(0)

新車ダンプ納車!!

 4月6日で社有車の三菱キャンター2トンダンプが廃車となってそれ以降は手足がもがれたようなもんで如何に車が無いと何も出来ない事かと再認識しました。

 あの頃は何処のメーカーも大震災の影響で納車が大幅に遅れていたし注文時は3カ月待ちの話であった。

 納車までの間は現場に資材も運べず誠に不便な思いで取引業者さんから、その都度トラックなどを調整して頂き借用しながら、どうにか仕事をこなして来たが昨日、漸く待ちに待った日産アトラス2トンダンプが納車されました。
c0104793_1414824.jpg


 新車を見て驚いた!。昔の様なダンプのイメージでは無くて機能的には乗用車と何ら変わらない。ディーゼルエンジンも随分と変わって黒い煙を思い浮かべるが新しいエンジンは東京都など各自治体の条例に依るもろもろな規制にも対応しており排ガスもクリーンな上に音もかなり静かです。

 仕様・装備でもエアバックに始まって足回りは4輪駆動にABS(アンチロックブレーキ)付き、万が一の際に衝撃を吸収する安全ボディで極め付きは近頃、各社が盛んにPRしているアイドリングストップ&スタートシステムなどと環境にも配慮されている。

 紹介出来ないくらい沢山の装置や機能はあるが、もっとも恐れるのがダンプの盗難です。
車ディーラーの営業マンからキーを渡されて一番に驚いたのはイモビライザーが付いていた事。やはり、これ等の盗難予防装置が標準装備で販売されている事は、近年それだけ盗難件数が多いことの裏づけかも知れない。

 
by titeki-oota | 2011-06-23 14:01 | Comments(0)
 梅雨に入ったと同時にハッキリしないお天気になってしまいました。

 昨日から、左官が入って玄関、ポーチのタイル工事に取り掛かる予定だったが雨の予報なので無理しないで今日の作業となりました。
しかし、明日、明後日は本降りの☂予報が出ておりますのでタイルを張る仕上げは残念ながらまた延びそうです。職人はブルーシートを掛けながら作業を早く終えたいようだが固いだの冷たいなどと言われようが(笑)許可は出しません。

 タイルを張る前に、水勾配を正確に取ってモルタル下地を作るには以前に粗打ちされていたコンクリート表面を綺麗に掃除してからくっ付きを良くする接着剤を塗布して必要量のミキサーで練ったモルタルを敷いて木ゴテで平滑に整えて前半の作業は終了となります。
c0104793_1244428.jpg
c0104793_12441611.jpg

by titeki-oota | 2011-06-22 12:44 | Comments(0)

石田ローズガーデン

 例年より少し開花が遅れてたが石田ローズガーデンは今が一番の見頃を迎えております。
時間が取れなくてバラもジックリ見れずに園内を急ぎ足で撮影して来ました。

 もう一つのお楽しみは入り口を入ってすぐの、ブロック塀にあいた穴で今年もコムクドリが子育てしているだろうと期待してカメラを向けたらな〜んと穴が無い!モルタルでシッカリと塞がれておりました。
c0104793_892948.jpg
c0104793_894182.jpg
c0104793_895065.jpg
c0104793_895937.jpg

 
 写真は2年前の撮影だが今後、親鳥の子育てが見れないとなると淋しい。
c0104793_8101357.jpg


26日(日)まで開催しておりますがもう少し先まで観賞出来そうです。
ライブカメラはこちらから http://ww2.city.odate.akita.jp/cgi-bin/livepic/rose/index.shtml
by titeki-oota | 2011-06-21 07:10 | Comments(0)
 200坪もある広さだと基礎鉄筋を組み上がるにも、5人で13日から取り掛かって末だ半分の100坪分の鉄筋組みが終わったばかりである。

 今日は配筋の検査に立ち会って来ました。

 スラブ筋の間隔
c0104793_11403811.jpg
c0104793_11405336.jpg

 
 立ち上り基礎の鉄筋間隔
c0104793_1141127.jpg


 コーナー筋や配筋間隔
c0104793_11412977.jpg

c0104793_11482725.jpg
c0104793_11484298.jpg

by titeki-oota | 2011-06-20 11:41 | Comments(0)

骨董品!?デジカメ

 デジカメを常に助手席に置きながら10年近くに渡って私用から仕事にと使用して来た。
そのタフで今なお現役で頑張っているのがオリンパス製の光学10倍ズーム搭載の200万画素 C-700 UltraZoom。

 コンパクトなボディながら、光学10倍という高倍率ズームレンズを搭載したヒット商品だった。この当時、光学10倍ズームのコンパクトデジカメはこの機種しかなかったので、弘前で確か5万円で購入したような気がする。
c0104793_13285954.jpg
 それまで使っていたデジカメは電器メーカー製だったが、このカメラは光学メーカーらしくカメラ・レンズの性能に驚きました。レンズの良さと撮像素子の大きさとのバランスが良く画質・解像感・発色ともに素晴らしく、L判プリントくらいであれば現在でも十分に通用すると思います。

 暑い車内にも耐えて雨の日も寒い日も故障せずに此処まで来たが流石にくたびれて来て蓋などが甘くなって上手く閉まらずセロハンテープなどを挟んで蓋が開かないようにしているが、いまだに捨てられない手に馴染んだ愛着あるカメラです。
by titeki-oota | 2011-06-17 13:29 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん