<   2013年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

中日監督 誰に・・・

 近頃、中日の監督候補を巡って賑やかさが増して来ました。

 落合監督時代よりも前から中日はほとんどAクラス。それが今季は残念ながら12年ぶりにBクラスです。

 落合監督が辞めさせられた原因の1つと言われた観客数だが高木監督となっても、更に観客数が落ちてナゴヤドームはガラガラ。

 おじいちゃん監督の発言もヒドかった・・・。
 トップの発言と思えない、兎にも角にも、何でも人のせいにする「自分が悪い」と責任を受ける事ができない事から始まって全てが悪循環となる。

 「自分が悪い。選手たちは悪くない!」常に人をカバウ落合監督の偉大さが此処に来て良くわかります。
by titeki-oota | 2013-09-30 09:47 | Comments(0)

シーリング材

 屋根材料も外壁材も、それなりに長持ちする素材は有りますが何故かしらシーリング材(コーキング材)だけは効果が持続しない短命な素材しか出回っておりませんでした。

 日頃からシーリング業者にもっと長持ちするシーリング材(コーキング材)を開発出来ないもんか?と言って来ましたが遂に弾力性が長く持続出来て高接着力を発揮する、45年の製品保証がついた内外装用シーリング材が発売されました。
c0104793_1264043.jpg

 生まれは残念ながら国産物で無くてアメリカ製です。 其の名も「KM45」アクリル・ラテックスの1成分形のシーリング材。
 
 
 特徴としては、弾性性能が可なり高い事と、シーラー(プライマー)刷毛塗り無しで使えることから一手間省けるのも嬉しいこと。

 但し、輸入品で新製品な事もあって価格が高いのがチョットです。多く出回って、こなれた単価になる事を望みたいものです。

 詳細は http://www.brigh-ton.co.jp/product/km45
by titeki-oota | 2013-09-27 12:06 | Comments(0)
 昨日からクロス工事が始まりました。
c0104793_1231637.jpg


 現場の数が多く忙しい中での、職人は任せて安心なベテランのA君だけで最後まで1人で頑張ってくれるそうです。
c0104793_12312271.jpg


 パテは下塗り用のパテを2回塗って、上塗り用のパテと合計で3回塗って乾いたら凸凹下地を滑らかにするためにペーパーを掛け下地処理は完成です。

 クロス工事の後は水回り器具取り付け、電気設備や左官工事が順次、行われ仕上げ工程へ突入です!
by titeki-oota | 2013-09-26 12:32 | Q-1 谷地の平の家 | Comments(0)

北のJR

 連日報道されてお分かりのようにJR北海道の多数の異常を放置したり頻繁に起きる事故発生には呆れてしまう。明らかに組織に深刻な問題を抱えている結果だろう。

 
 安全より金、利益優先で修理に費やす金を惜しんで手抜きしていたに違いないのであって、それらを同社首脳陣が知らないはずは無い。誇り高き鉄道マンは、何処へ行ったんだ。安心して乗れない鉄道とは異常極まりない。
 
 
 
 

 苦労して鉄道を敷いた先人たちは泣いている。 日本人としての本来あるべき、職人気質、自分の仕事に誇りをもっている職人に対して日本人は敬意を払ってきたはずだ。
 
 決して、粗末な仕事はしない職人達だったはず。その長い信頼感が職人にあるからこそ、それを誇りに思ってきたはずではなかったのか。

 5月に青森から室蘭まで乗車していたころは何事も?無かったが・・・・
c0104793_9471890.jpg

by titeki-oota | 2013-09-25 09:32 | Comments(0)

車庫造り その3

 合間を見て取り掛かっていた車庫だが、ようやっと完成しました。
  
 断熱材と気密層が無いだけで後は住宅と同じように(強度面や部材まで)造りました。
c0104793_14385417.jpg
c0104793_14391367.jpg

 僅か2、3坪の車庫にオーバーだと思ったが壁には耐力壁を設けて基礎部にはホールダウン金物を入れて、垂木にはツーバイ材の「あおりどめ金物」 (ハリケーン・タイ) と地震や雪や風対策としました。

 1本で2トン位まで支える突っ張り棒(パイプサポート)です。c0104793_14503312.jpg
 
 手前の8寸の梁材だが柱も無い所に左側に大きくオーバーハングした為に案の定、梁の自重に依って少し垂れ下っております。(雪の重さで下がりが大きくなったらパイプサポートを噛ませます。)(笑)
c0104793_151703.jpg


 手間は掛かるが出来るだけビスや釘を打つのを少なく、表には長くは効果が持続しないコーキング剤は見せずに下張りトタンとの中に充填してから板金加工して被せて頂きました。
c0104793_14424359.jpg

 サビ対策を考えて雪止め金具はオールステンレス製+ポリカ板です。
c0104793_1444169.jpg

by titeki-oota | 2013-09-24 14:44 | Comments(0)

H邸 リフォーム工事

 25年ほど前に建築された住宅を今週の始めからリフォーム工事に着手しました。

 屋根の形状を変更する工事に始まって外壁の張り替え、窓は樹脂サッシに入れ替え、断熱材の交換、内部はキッチン、お風呂場は元にあった場所から大きく配置替えするなど大規模なルフォーム工事となります。

 生活する上で誠に不便を掛ける為に他の所で仮住まいをして頂いております。

 当時でも防水・透湿・防風に有効なタイベック紙は売り出されていたが、あの頃は高価な為に黒い防水フェルト紙が張られております。
 
c0104793_12482562.jpg

 天井裏や壁には袋物10キロのグラスウールが置かれたり、填め込んでおります。
c0104793_12483546.jpg

 25年経ってもキレイな状態を保っているグラスウールです。この素材を嫌う業者さんは、決まって「GW断熱材は湿気を含んで垂れ下がって・・・」と宣伝してます(笑)。但し、あの頃の技術では断熱材が入っていても、床下から風が上昇して熱が移動するためにスカスカで室内は幾ら暖房を行っても暖かくならない欠点はあります。
c0104793_1249023.jpg
c0104793_12491117.jpg

by titeki-oota | 2013-09-20 12:53 | Comments(0)
 昨日、梱包されたシステムキッチンが漸く入荷して来ましたので今日から組み立て作業に入っております。

 レンジフードの配管は同時給排、2本の150mm金属ダクト管には断熱材を隙間が無い様にシッカリと巻きつけ結露が起きない処理を行います。
c0104793_13432371.jpg

  午前中に現場に行った時は吊り戸棚が付いていたので午後からは梱包を開いてキッチンが据え付けられます。
c0104793_13434850.jpg


 キッチンと言えば腰痛になる原因になる要素のひとつがシステムキッチンの高さが合っていないことが挙げられています。

 高さを決める基本的なは下記の計算式。

 身長/2+5~10cm 

 身長が160cmの方なら 160/2+5~10cmからして85~90cmとなります。

 上記の計算からすれば85cmか90cmのシステムキッチンを選択するのですが、感覚面から言えば個人差が出ますのでショールールに出かけ実際に動作を繰り返して体験してから決めることが肝心です。 

 因みに今回、設置する高さは90cmタイプにレンジフード底部までの高さは180cmと全てが高めに取り付けます。
by titeki-oota | 2013-09-19 13:43 | Q-1 谷地の平の家 | Comments(0)
 連休中の夜に会合があって、久しぶりに靴箱に長いこと寝かしていた「メフィスト」の靴を取り出し歩き出し何か変で違和感があったが、取り敢えず車に乗った所、ペダルに掛ける右足が急に軽くなり足元を見たら何とと!!靴底が剥がれて無いのだ。

 庶民には少々値が張る靴だったが、履けば履く程に値段に負けない少し重さがあって歩きやすい靴でした。
今までに3回くらいしか履いていないので1回使用ごとで1万円の出費となってしまったが、やはり靴は間隔を余り開けずに履き続けないとダメですね!

 上から見れば何ともない普通の革靴。
c0104793_13104297.jpg


 黒革靴も普段は滅多に履かずに冠婚葬祭などに限定され眠っている事が多く以前にも、いざ!履こうとして靴底を粉々にして良い靴は買わない事に決めて、必要なら、その都度調達する様にしている。

 この現象が起きるのはウレタン底、特有の「加水分解」に依るもので仕方が有りませんが一番に困るのが登山靴、山に行く前に毎回、試し履きを行ってから持って行くが少しでもヒビなどが有って不安な時は細い針金やガムテープを持参してます。

 ウレタンは断熱材としても利用されているが、初期の頃のウレタン断熱材は添加剤が悪かったのか、ある程度の年数が経てば消失してしまう事例が大館市内の公共建築物に発生した事もありました。

  http://www.kokusen.go.jp/news/data/a_W_NEWS_071.html

 ボロボロとなった悲惨な靴底です。
c0104793_1312736.jpg

by titeki-oota | 2013-09-18 13:12 | Comments(0)
 先週の土曜日に行われた第15回大館市民住宅セミナーにご参加された皆さん、お疲れ様でした。

 台風接近の影響で暑い中、2時間に及ぶ講師の話に引き込まれ途中の休憩を挿んだ後にも一般客全員が席に戻られて熱心に聞いて頂きました。

 講演に使用されたスライドを一部ですが紹介します。
c0104793_9483050.jpg
c0104793_9484457.jpg
c0104793_948577.jpg

 近頃、自然素材を使用すれば換気は重要でないと説明されてる業者が居ますが大きな間違いでして、小難しく言えば室内空気質は二酸化炭素(CO2)濃度が基準となります。

 換気計画において必要換気量(空気量)と有効換気量(換気能力)が正しく設定させれている場合には、二酸化炭素濃度は1000ppm以下(建築基準法やビル衛生管理法の規定値)になっている。それが規定値を超えている場合には、どちらかが適切ではないということになります。

 因みにビルの規制値は1000ppm以下、法制化されてないが一般住宅では700ppmが平均値と言われ屋外では400ppm、自然豊かな山の中で100ppmだとか。
c0104793_949870.jpg
c0104793_9491938.jpg

by titeki-oota | 2013-09-17 09:50 | Comments(0)

【住宅セミナーご案内】

15回目となります大館市民住宅セミナーが、いよいよ明日、開催されます。

 これから新築、リフォームされる方は勿論ですが既に建築を終え住み始めた人達も貴重な、お話が聞けるはずです。

 当日は申し込みしてない方でも参加出来ますので、皆さん是非お出掛けください。
c0104793_936519.jpg

by titeki-oota | 2013-09-13 09:38 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん