<   2014年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「 住まいの創造展」

 恒例の「吉田産業 住まいの創造展」が今年も来週の3月7日から9日の3日間、岩手県「アピオ」に於いて開催されます。

 東北最大規模の住宅資材、工法の展示会です。

 会場では、建材、住宅設備メーカーや関連メーカーが新商品や工法を分かりやすく展示して説明してくれますから新築、増改築等計画のある方は『見て、ふれて、感じる』貴重なチャンスです。
c0104793_1475537.jpg
c0104793_14896.jpg

by titeki-oota | 2014-02-28 14:08 | Comments(0)

小耳に挿む!!

 先日、小耳に挿んだオール電化住宅の電気料金のこと。

 1軒目は大館市郊外に、お住まいのお宅。

 盛んにCMを流している大手ハウスメーカーで建築して築5年ほどだが昨年までは1月分の電気料金は7万~8万ほどで推移してたが今年の1月分は昨年の9月に電気料金値上げもあって、とうとう大台の10万円の請求に青くなっているそうだ。

 2軒目のお宅は1軒目と似たような名称の大手ハウスメーカーで市内に建築された築3年ほどの2世帯住宅。こちらの電力会社との電気契約は
  時間帯別電灯A+融雪用電力契約(ロードヒーティング)です。
  1軒目と2軒目とも住宅の床面積は60坪ほどであるが1月分として請求された金額は何と!!14万円とのこと。

 見た目はタイルを張って高級感を出しているが、中身は薄っぺらな断熱材で気密もスカスカ状態ゆえにこんな請求金額になったんだろうと思う。

  
by titeki-oota | 2014-02-27 10:14 | Comments(0)

S邸 リフォーム工事

 S邸は完成から19年目に入りましたが世帯が増える為に増築工事と共に既存の外壁の張り替え、屋根の葺き替え工事を昨日から始めました。

 写真で見てお分かリの様に外壁もキレイですし屋根に関しては何処にもサビの発生が無いことから解体、撤去するのは勿体無い気がします。
c0104793_11544519.jpg
c0104793_1155084.jpg


 当時、採用した外壁材は16mmの窯業系と屋根材は高額な塗膜20年保証品のフッ素ガルバリウム鋼板「大同鋼板 耐摩カラーGL」だった。

 時代の流れで当時の大同鋼板も日鉄鋼板と社名も変わって、その後は日鉄鋼板が住友金属建材を統合して日鉄住金鋼板(ニスク)になりフッ素ガルバリウム鋼板は更に機能アップし「ニスクフロン」で売り出されております。

 今回のS邸には外壁材にはガルバ鋼板を張って屋根にはステンレス屋根材に葺き替える耐久性を重視した素材で施工します。
 
 屋根のガルバ鋼板は10数年後には塗装し続けて行く必要が出て来ますが、その点、ステンレスはガルバに比べて倍近い費用になりますが一生ものでトータルで考えたらコストパフォーマンスに優れております。
by titeki-oota | 2014-02-26 11:55 | S邸 増築 リフォーム工事 | Comments(0)
 先週末はペンキ作業に入る為に(少しのホコリでも舞い上がりを嫌う為に)クロス屋さんを含めて誰も現場室内に入れない様にしました。今週からクロス工事を再開。
 
c0104793_11451474.jpg


 写真では階段の蹴こみ板部分に入れる通気ガラリを塗装している所です。
c0104793_11481370.jpg
c0104793_11483118.jpg

by titeki-oota | 2014-02-25 11:48 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)

「金属系外壁腐食」

 12年前に建築して引き渡したSさんから相談が入った。話の内容はフード周りの金属系外壁が錆びて来ているので修理して欲しい旨。

 先日、現場を確認して来たが、直ぐに原因が分かり今日、修理して来ました。

 要するに2階トイレの配管に接続させている通気管からの末端部分が(外壁に出ている)ガスが外気に拡散しないでフード内に滞留して金属外壁を長年の間にジワジワと腐食させたようです。

 同じ時期に建築された金属外壁を採用した他のお宅では、この様な現象が起きていないので恐らくパイプの突き出し長さや風向きなど、色々と条件が重なった上で腐食に繫がったと予測されます。

 通気管の役目は
 
 2階にトイレを設置する場合、排水管と外気とを連絡させる「通気管」を施工することになっております。
 通気管は以下の目的のために施工されております。
●便器の底に溜まっている、排水管からの臭気を防ぐ水がなくなるのを防止するため
●排水管内の排水の流れを円滑に行われるようにするため
●排水管内に新鮮な空気を流通させて、排水管路内の換気を行うため

 ランドセル型のフードは取り外して今まで壁から出ていた50mmの配管は異径ソケットを差しこんで100mm径に大きくしながらH型排気フードを差し込んで作業は無事に終了しました。此れで外壁面にガスが漂っての悪さは無くなると思います。
c0104793_16101465.jpg

  取り外したガルバ鋼板外壁材。
c0104793_16112874.jpg
c0104793_16114568.jpg

by titeki-oota | 2014-02-24 16:11 | Comments(0)

脳天気屋さん発言!!

 ソチでの日本選手の活躍に毎日、頑張れ!頑張れ!と応援して来たのに折角の盛り上がりに水を差す、いつもの偉い方の発言で物議を醸し出している。

 「頑張れと思って見てたら、見事にひっくり返ってしまった。あの子、大事な時には必ず転ぶんですよね。何でなんだろうなあ」

 「あれは出なければよかった。浅田さんが3回転半をすれば、ひょっとしたら3位になるかもしれないという気持ちで浅田さんを出したが、見事にひっくり返った」

 心・体・技ギリギリな所まで挑戦しているのに・・・。何を想ったのか、配慮を欠いた問題ある発言である。

 
by titeki-oota | 2014-02-21 14:51 | Comments(0)

「講演・セミナー」

  3/14(金)に東大の前准教授の講演とセミナーが大館で開かれる事になりました。

 今や住宅の省エネ対策や温熱環境研究の第一人者でもあります東京大学大学院の前(マエ)真之准教授を講師に迎え、「省エネ・快適なエコハウスの住まいづくりなど」についてのお話を聞く事が出来ます。

 詳細については、当社にお問い合わせください。 
by titeki-oota | 2014-02-21 14:24 | Comments(0)

「井戸メンテナンス」

 水質が悪い井戸水を使用するには定期的なメンテナンスが必要だが、今日は昨年の秋に井戸を突いた現場に行ってクリーニング作業を行いました。

 融雪専用で掘った井戸だが、当初より鉄分が含まれている水だった事から予想では2シーズンくらいは使えると睨んでいたが、予定していたより早くも水量減少に始まって遂にダウンしてしまった。

 打ち込み井戸といったパイプを地盤内に設置した井戸は、時間経過とともに地下水の取り込み口に土砂などが詰まることがあって、井戸水の水量減少や濁ることがあります。

 この場合は、高圧洗浄機やコンプレッサーに依る高圧空気を送ることで井戸を洗浄することが必要となります。

 井戸は経年と共に底に砂・泥などが溜まったり、ケーシング管(打ち込まれた井戸パイプ)、スクリーン(穴開きパイプ)の内外における スケール(水垢)の付着による目詰まりを起こし揚水量の減少、揚水位低下の大きな要因となります。

 スクリーン先端が赤さびに塗れたヘドロで詰まっており高圧洗浄します。
c0104793_145435.jpg
c0104793_146027.jpg

c0104793_146459.jpg

配管を繋ぎ換え高圧空気を流して配管内のスケールを吐き出させております。
c0104793_1465895.jpg

元の水量に戻って、ご覧のように駐車場入り口の通路は完全に雪が消えてしまいました。
c0104793_15375285.jpg

 
by titeki-oota | 2014-02-20 14:07 | Comments(0)

「樹脂窓APW430」

 エネルギー事情が身近な問題となっている現在、省エネ性の高い品々をメーカーは次々と開発中です。

 各サッシメーカーが高性能サッシを開発販売して来るだろうと以前に書き留めましたが、予想よりも早くYKK APから、画期的な高性能トリプルガラス樹脂窓が4月に発売されます。

 当社が標準で使っているYKK-APW330、熱貫流率1.9(W/㎡・K)や、この上位機種で真空トリプルサッシで熱貫流率が1.09(W/㎡・K)ですが、今回発表されたAPW430熱貫流率0.91(W/㎡・KですからAPW330と比べたら倍以上の性能の差がある優れもの。熱貫流率(Uw値)1を切って漸く世界トップクラスに到達です。

 窓枠、 ガラス部、スペーサーなど、全てを見なおして開発、Uw値を引き上げている。
0.91(W/㎡・K)性能はドイツの最低基準を日本で初めてクリアーしたサッシでもあります。
c0104793_13521949.jpg

  トリプルガラスの空気層には断熱性能を高めるアルゴンガスを注入し、ダブルLow-Eトリプルガラスを採用。

 同じ4月にシャノンから「シャノンウインドⅡ」発売開始されます。こちらはクリプトンガスをいれて0.8(W/㎡・K)性能を出している。(但しクリプトンはアルゴンに比べて価格が余りに高くて製品に跳ね返って現実的でなく、封入時のロス率などを除いてガスだけの価格を見ても16倍の開きがあります。)
c0104793_1445392.jpg

by titeki-oota | 2014-02-19 13:49 | Comments(0)
 作業で動き回っていると汗をかいてしまう程に暖かいと(暖房なし)、言いながら職人Aさんが丁寧な仕事ぶりで頑張ってくれてます。

 ハイクリーン石膏ボードの継目や釘頭をパテで平滑にする為に下塗り用のパテを2回塗りその後、上塗り用のパテと、合計で3回塗って乾いたら下地を滑らかにするためにペーパーを掛けて今日の午後からから2階の天井からクロスを張り始めました。

 クロスを張る面積が増えるに従って室内は変わって行き、同時に部屋の明るさが増していく。

 クロスを張り終えると次の工程は、照明器具を取りつけたり、住宅設備(トイレ器具や洗面化粧台など)設置、玄関のタイル施工と、一歩、また一歩と完成に向けて進んでいます。
c0104793_1552311.jpg
c0104793_1553555.jpg

by titeki-oota | 2014-02-18 15:06 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん