<   2014年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 先週の土曜日はA邸の敷地で井戸掘り(突き井戸)を行いました。
c0104793_1251362.jpg


 経験豊かな業者さん曰く、事前に此の近辺は井戸水が豊富に無く地盤も余り良い層で無いと聴いての作業開始です。

 朝の8時から作業を、ずっと見守っていたが案の定、5~6m付近で硬い層にぶつかり打ち込む作業が捗らずイライラしてしまう。

 漸く硬い層を突破したと思ったら次は粘土層が待ち受けており中々、水の層には当たりませんが根気良く50mmの鉄管を打ち込んで行きます。

 8m付近から濁り水がホースから流れ出て9mを過ぎて10mまで入った所で入り過ぎたと判断して、今度は鉄管を1m引き抜いてコンプレッサーからの強力なエアーを入れながら地中の中で泥と砂を吐き出しながら鉄管先端付近を大きく広げる作業を暫く続けます。

 午後3時にエンジンポンプを設置して地中の汚れた水を吐き出している内に徐々にキレイな水に変化して来ました。
c0104793_1254839.jpg
c0104793_126647.jpg
c0104793_1262570.jpg


 問題は毎分、地下水をいくら汲み出せるかだったが測定の結果、約30リットルまで出たので250W井戸ポンプ使用しての融雪には問題ない量を確保でき、施主さんに「水が出ませんでした」と報告しなくても良くホッとしております。
by titeki-oota | 2014-03-31 12:06 | Q-1 有浦5丁目の家 | Comments(0)

「空間除菌剤」

 昨夜、NHKのニュースで、空間除菌剤は効果に根拠なしと消費者庁から発表と放送していた。

 首にぶら下げるタイプが発売されて間もない頃に購入しようかと気持ちが傾いた時もあったが結局は買うのをやめたが、しかし購入した人の騙された感は大きいと思う。

 
 部屋に置いたり、首から下げたりすることでウイルス除去や消臭に効果があるとうたった空間除菌グッズの広告に根拠がないとして、消費者庁は27日、17社に対し、景品表示法違反で再発防止を求める措置命令を出した。
 
 
消費者庁によると、17社は2009年末ごろから自社のウェブサイトなどで、二酸化塩素を空気中に放出することで除菌や消臭効果があると宣伝。同庁が裏付け資料を求めたところ、極端に狭い空間や密閉状況など、実際に使われる環境とは異なる条件で行った実験データが提出されたため、「合理的根拠がない」と判断した。

 違反が認められたのは計25商品で、対象商品の売り上げが年1億円を超える会社も4社あった。 

 「二酸化塩素」が全然、効果が無いとは言えないと思うが1のもを100と言っても嘘で無いが 結局は、どの範囲までが嘘で、どれが真実か見極めるのは難しい。
 
 あのマイナスイオンがブームになった時も疑問を呈するものが多く、十分な裏付けが得られないまま効能を謳うメーカーが多いことが問題視された。
by titeki-oota | 2014-03-28 10:00 | Comments(0)

S邸リフォーム工事

2月下旬より工事に入っておりますが、2階建て部分の外壁の入り替えは終了して平屋部分に2階を乗っける増築に向けて解体作業に入っております。

  今週はお天気が良く仕事が、はかどって助かります。
c0104793_1047213.jpg

 板金屋さんも入って今までのガルバ鋼板20年補償屋根材 (築19年で此の状態ですから優れた製品だったことが今更ながら分かります。) からステンレス鋼板に葺き替える作業も行っております。近くで見たガルバ鋼板にはサビ一つも無いが流石に雪止め金具だけはサビが可なり進行しております。

 此の箇所も増築部分と一緒にステンレス鋼板にします。当然に雪止め金具もステンレス製に取り替え変更します。
c0104793_10531453.jpg

by titeki-oota | 2014-03-27 10:52 | S邸 増築 リフォーム工事 | Comments(0)
今までのお客さんは現状のまま、割引が継続されますが平成26年4月1日より夜間蓄熱式機器割引の新規適用がなくなります。

 一般の家庭で今まで設置されて来ました電気温水器、蓄熱式電気暖房器、エコキュートなど通電制御型夜間蓄熱式機器割引について、新規適用は停止されますと、東北電力より再度、書類が届きました。

当社で多く採用して来た電気温水器、蓄熱式電気暖房器は構造がシンプルで故障が少なく長く使用出来て良い機種だったが、電力事情を考えると今後は「生焚き機器」を採用することは難しく、給湯はエコキュート、暖房はヒートポンプに依る温水暖房や寒冷地用エアコンに移行して行くしかありません。

「夜間蓄熱式機器割引等の新規適用終了について」

  夜間蓄熱式機器割引等の新規適用終了について”のお知らせをご案内申し上げます。

 平成26年4月1日より時間帯別電灯・深夜電力の夜間蓄熱式機器割引の新規適用及び深夜電力Cの新規加入を停止することになりました。

                 記

  1. 新規適用を停止する割引等について

   以下の割引等について新規の適用または加入を停止いたします。

   ○時間帯別電灯A「5時間通電機器割引」「通電制御型夜間蓄熱式機器割引」

   ○時間帯別電灯B「5・8時間通電機器割引」「通電制御型夜間蓄熱式機器割引」

   ○深夜電力B「通電制御型夜間蓄熱式機器割引」

   ○深夜電力C(新規加入の停止)

  2. 夜間蓄熱式機器割引等の適用終了にかかわる経過措置について

    以下の条件が満たされた場合には、上記によらず割引等の適用を継続いたします。

   ○平成26年4月1日時点で当該割引等の適用を受けている場合は、その時点に
おける割引内容を上限として継続適用いたします。

   ○平成26年3月31日までに申込み、かつ、平成27年3月31日までに受給開始する
    場合には、申込内容にもとづき割引を適用いたします。



by titeki-oota | 2014-03-26 12:56 | Comments(0)

第3種換気システム清掃

 当社のお客様から(築19年)換気設備システムの清掃を依頼されて今日は作業を行っております。
業者さんは秋田市から朝の6時に出て来たそうで朝早くから現場に駆けつけてくれました。
 
 

三種換気システムで主な部品構成は壁に付いている吸気口となるパッコンと室内天井に取り付けられた排気口のマウスから吸い込まれてダクト管に繫がって、1,2階の各部屋からの枝分かれしたダクト管から1箇所に集められ換気本体を通過させながら汚れた空気が屋外に24時間連続して排気されるシステム。

 最初にパッコンはフタを開閉するヒモが付いているが、長期間の汚れが固まって引っ張ることも出来ない状態。そこで分解して心棒に潤滑剤を入れながら汚れを流れ出して機能を復活させます。
 付属のフィルターは風化して全てがボロボロで使用出来ないのでレンジフード用のフィルターを(専用のフィルターも売っているが高いのでレンジフィルターを切り抜いて代用します。)
c0104793_1471098.jpg


  天井に付いているマウスをそっと抜き取ります。ホコリがビシッと付いております。
c0104793_1473450.jpg

c0104793_1481158.jpg
c0104793_1483061.jpg

 天井面のダクト管の中に腕まで深く入るようにしてエルボー(配管曲がり部分)付近をグリグリとタオルで拭き取ります。

 全部のマウスと配管の清掃を終えたら換気スイッチを最大に運転して配管に付着したホコリ等を換気器械本体に集めます。

 最後に換気機械本体1台を分解掃除、掃除前の器械から発する風切り音と掃除後の音は静かになって明らかに違います。分解すると羽根車にも厚く油っぽいホコリが付着していてモーターから伝わっている心棒がぶれていた可能性があります。
c0104793_1484770.jpg
c0104793_1485850.jpg

by titeki-oota | 2014-03-25 14:08 | Comments(0)
 住宅の換気設備は1種でも3種でも測定しない事には、どのくらい汚れた室内空気を吐き出しているのか分からないものです。

 今回の現場は3種換気を採用。風量測定器で測定して見ました。

いつもなら交流モーターのダクト用換気扇をメインにしているが今回は直流タイプの定風量機種を選択。
直流(DC)モーターは消費電力も少なく強運転でも5.5W弱でも2.2Wと電気代を気にすることがありません。

 定風量と謳っているだけあって1mほどのパイプに繫いであっても殆ど圧損が無くカタログ値(強160㎥/h 弱85㎥/h)に対して実測値は(強152㎥/h 弱84㎥/h)でした。
c0104793_15175883.jpg

 こちらの住宅の必要換気風量は148.30㎥/hですので強運転だと1時間に1.02回、弱運転で0.56回の室内空間の空気が入れ替わることが分かります。(但し冬期間は0.35回になるように調節します。)

 実際に取り付けてから希望とする換気風量のコントロールは難しいものです。風量は少ないと空気が汚れたり湿気がこもるし、多いと寒くなったり、絶対湿度が減少して乾燥感が強くなったりと不快になります。

 高い断熱性能と共に気密がしっかりしていて、適切な換気風量や換気ルートが必要です。

 断熱・気密・換気は全て繋がって初めて効果を引き出させるのだがこういった当たり前の基本的なことが、なぜもっと普及していかないのか?

 やはりハウスメーカーや設計事務所などのように、下請け、孫請けの工務店に仕事を発注するシステムでは、一定のレベル以上を望むこともできないし、ノウハウの積み上げも出来ないことが影響しているのかも知れない。
by titeki-oota | 2014-03-20 15:18 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)

「スマートメーター」

 全国の電力会社が家庭向けのスマートメーターの導入計画を前倒しすると先日、報道されました。

 スマートメーターとは、従来のアナログ式電力量計と異なり、電力をデジタルで計測し、メーター内に通信機能が付いた次世代電力量計のこと。

 導入完了時期は東京電力が2020年度末と最も早く、次いで関西電力と中部電力が2022年度末、北海道、東北、北陸、中国、四国、九州の各電力会社が2023年度末、そして沖縄電力が2024年度末で完了となりそうです。

 家庭にスマートメーターがつくと、今は電力会社の検針員が1軒ごと歩いて検針入力作業を行っているのが自動検針が導入されると、電気の使用量が30分単位で把握できるようになるため、より一層の節電につながることが期待されます。

 いずれは、全てのガス業界や水道業界でも,設置されて行くでしょう。
by titeki-oota | 2014-03-19 12:49 | Comments(0)
 昨日は引き渡しが迫って来たH邸の気密測定を行いました。

 測定結果は開口面積76c㎡ (家全体の中に点在する隙間をまとめると8.7センチ正方形の穴に相当します。)
 
この総隙間相当面積を元に計算しますとC値は0.5c㎡/㎡となります。c0104793_132099.jpg


  いつもの様に1階、2階の大きな開口部は引き違い窓で、数は7箇所と多い。
 
 この窓タイプは色々と便利な反面、気密に関しては悪い影響を及ぼします。

 漏気する場所として引き違いの召し合わせ部、上框、下框のレール部分やレールの水抜き穴などが弱い箇所だが、それでも最近は改良されつつ、良くなっては来ているが、それでも引き違い窓はスベリ出し窓等に比べると気密性は不利になります。
c0104793_12523249.jpg

 写真を見て変な数値があります。室内温度が故障で-50度と表示されてますが、測定出力数値には殆ど影響が有りません。
c0104793_12524993.jpg

by titeki-oota | 2014-03-18 12:52 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)

「講演会 その2」

 講演の最中、スライドで写し出された建物には青森の有名なガラスを多用した美術館であったり、コンクリートで超有名なあのA先生まで、登場しました。どちらも良い方でなく悪いほうでの建築環境であることの説明であった。

 今までは許された、このような設計手法や建築物は2020年に「改正省エネ基準」が導入されると、すべての新築住宅・建築物に対して、省エネ基準への適合を義務付けられる事になります。

 エコハウスとして紹介される住宅は巷にあふれており、その多くは建築雑誌のグラビアを飾るような美しく開放的な住まいです。明るい光が差し込む大窓や、爽やかな吹き抜けの大空間はエコハウスの定石とさえいえるでしょう。写真映えを考え抜いた設計において、こうした目を楽しませる高いデザイン性は「定番」です。

 しかし忘れてならないのが、これらのエコハウスが実質的に地球環境に優しく、快適な住み心地を実現するとは限らないということです。建築環境の研究者として、私がこれまで全国でさまざまな住宅のエネルギー調査を進めてくるなかで多く出会ったのは、快適性とはかけ離れた人が住むのにあまりに不便な「エコハウス」でした。冷暖房が効きにくく、特に冬場は凍えるように寒い家などがその代表格として挙げられます。

 前先生は、ドキッとするこんな事も話されました。

 今はサラ金の還付請求などで忙しい弁護士の先生方も落ち着いて、次は住宅の「目に見えない問題点」などにもスライドして来るだろうと驚きの発言。

 目に見えない問題点の1つとして、室内から見てキレイに仕上がっていても断熱や気密の不良があれば、素人でも住宅から逃げる熱の個所や冷たい箇所を瞬時に目視できる赤外線サーモグラフィカメラがあります。
 
 今までは高価な為に多くは普及してないがのが現状だが、そのカメラが一般の方でも安価で手にする事が出来そうです。
 
   其の名も「FLIR ONE」 iPhone5用 温熱感知カメラ

  http://gigazine.net/news/20140109-flir-one/

 世界初のiPhone用サーマルイメージングデバイスであるFLIR ONEは、2014年の春から350ドル未満の値段で販売開始予定と紹介されました。
c0104793_117213.jpg

by titeki-oota | 2014-03-17 11:03 | Comments(0)
 44年にわたって上野と青森を結んできた寝台特急「あけぼの」遂に今日ラストランを迎えた。

  昨晩、多くの人たちの見送りを受けて上野13番線ホームを発った下りの定期寝台特急「あけぼの」は順調に北上し、大館駅を少し遅れて9時20分過ぎに出発、沿線には最後の雄姿を見届けようと、沢山の人々が詰めかけ手を振って送りました。
c0104793_10371734.jpg


   最終列車はEF81-138号機が牽引。
c0104793_10363890.jpg
c0104793_10365875.jpg

by titeki-oota | 2014-03-15 10:37 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん