<   2014年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「冷蔵フジリンゴ」


 日曜日は、いつもの様にリンゴを求めて弘前に出かけて来ました。

 冷蔵リンゴも、そろそろ終わりに近づいていて、恐らく7月いっぱいで販売は終了となる可能性が高いようです。

 向かった先は前回から購入先を変えた「キタエアップル」。店頭の冷蔵庫に入れられた「ふじ」を10袋(中玉6個)4500円で購入。

 今の時期としては冷蔵コストを考えると格安の値段だと思います。ちなみに昨日の地元スーパーのフジリンゴは冷蔵しないで棚に並べtられていたが小玉で4個入りで600円を超える価格設定となっていた。

  ギンギンに冷たくなったリンゴを直ぐに冷蔵庫に入れ替えます。
c0104793_1404173.jpg

by titeki-oota | 2014-06-30 14:01 | Comments(0)

APW 430

 発売直後から今や業界で話題となっているYKKAPの樹脂製サッシ APW430の貴重なカットサンプルが届きました。(カタログさえも多くは入荷して来ないのに・・・)
  
 写真の左側はシャノンのトリプル窓カットサンプルで右がAPW430を並べて見ましたがガラス層・フレームと大きさや厚さの違いが分かります。
c0104793_13403829.jpg


 「APWフォーラム2014」イベントも全国で実施中のようだが、メインとなる東京会場ではビルダーや設計事務所、建築関連業者など定員500名のところに約850名が来場するなどAPW430に対しての期待と関心の高さが伺えます。

 下記は代表的な各サッシのU値ですが、性能値を比べればダントツ差が大きい事がわかります。
c0104793_13353364.jpg
c0104793_13405693.jpg


 トリプルガラスサッシの中でもダントツの『0.9』を実現。これは、北欧製の木製トリプルサッシのフルオプションでないと出せ無かった数値です。
 
ガラスとして最も断熱効果の高い空気層の厚さ16mmに、アルゴンガスを封入。c0104793_1340785.jpg
 その空気層を2層にし、2枚のLow-Eガラスで挟んだ、総厚41mmのトリプルガラス。また、スペーサーには熱伝導率の低い樹脂スペーサーを採用。断熱性能と日射熱取得率のベストバランスを追求したガラス仕様です。c0104793_13412842.jpg

 但し、北国で要望の高い「引き違い」に類する、大きく開口するサッシの設定が無いのが残念!早めの開発を願いたいものです。

最後はやはり価格の問題になると思うが現在、北海道のみの生産であるAPW430は、当然に、南に持ってくるのには運搬費が掛かり増しとなる事から、全国の各工場で生産する体勢が整えば、更なる価格面でも有利になることに期待したいと思います。
by titeki-oota | 2014-06-27 13:36 | Comments(0)

たけのこ

 今日の10時の休憩時間の話題は竹の子取りの話。 田代岳は、もう終わったと大工から聞いた。

 その話の中で田代山中での岩瀬の老女とその息子が行方不明となった話も出たが、大方の意見は、もう生きていないだろうと一致した。 新聞でも不明から経過した時間も長くなって現地での捜索は、打ち切りとなったと報じていた。

 ところが今日の昼のニュースで驚くことが起きてしまった。その77歳の高齢の女性が10日ぶりにお隣県、大鰐町で発見され、命に別状は無いと言ううから何と!逞しいものです。山に置かれた50代の息子の救助が急がれるが、普通だったら年齢的に見ても反対だと思うが、幾つになっても精神・肉体力とも恐るべし母は強しです。

  http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062501001381.html

   追記

  「何があっても助け合うべし」――。タケノコ採りで山中で10日を過ごした親子は、沢の水を飲み、山菜を食べながら命を支え合って奇跡の生還を果たした。エガッタ! エガッタ!
by titeki-oota | 2014-06-25 14:34 | Comments(0)
  お天気に恵まれて順調に作業が進んでおりますが今日は配筋検査を受けました。

 建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分。
コンクリートで固めてしまうと、鉄筋は見えなくなってしまうので、その前に 図面どおりに組まれているかをチェックします。

 重大ポイントとなる基礎の配筋(基礎の底盤部分と立ち上がり部分)は事前に届けていた書類内容と違いが無いか鉄筋の径や配筋の継手の位置・継手の長さ、配筋のピッチなどなど検査して行きました。
c0104793_11431261.jpg
c0104793_11434140.jpg

 ブルーの断熱材は立ち上がり部にB-3 100mm、土間部はB-3 50mmです。
c0104793_11534520.jpg

 今回から暖房機器はヒートポンプなので基礎にスリーブを入れておきます。
c0104793_11551365.jpg

by titeki-oota | 2014-06-25 11:55 | Q-1 北神明町の家 | Comments(0)

「柴犬 めごちゃん」

 大館で熊が出ても、そんなに驚く人はいないが、犬が登場すれば話題性が違ってくる。

 今日もTVで放映されて今や時のワンコとなった柴犬「めご」ちゃん、熊を追い払って5歳の男児を救ったお手柄ニュースです。c0104793_8163069.jpg
   
   



 Yahoo!ニュース
   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140622-00000181-sph-soci

by titeki-oota | 2014-06-24 08:16 | Comments(0)
  内部の石膏ボードは全て貼り終えて床材を敷き詰める作業に入っております。

 床材の素材は無垢の赤松で厚みは15ミリで節のあるクリア塗装品です。
 
 節と共に表情豊かな木目と黄白色の木肌は加工されたフローリング材とは、又違ったムク材の魅力があります。
c0104793_12552822.jpg

 
by titeki-oota | 2014-06-23 12:55 | Q-1 有浦5丁目の家 | Comments(0)

仙台研修旅行

 初日の午前中は高速道で移動し午後から「電化住宅体験ミュージアム エコノバ゛」の見学です。
c0104793_1354622.jpg
c0104793_1361078.jpg


 数社の大手ハウスメーカーのモデル住宅を覗いた際に某メーカーの係りの方に此のままの状態での(床面積60坪くらい)販売価格と聞いたら一般庶民には夢の夢5千万円超えの返答だった。我々のグループは此の手の物件は余り参考にならないので滞在時間を少し早めて宿に向かいます。
 
 
秋保温泉「岩沼屋」に向かう途中、温泉街にある細いに道に面して商売している「主婦の店 さいち」は相も変わらずオハギを買い求める客で大繁盛であった。
c0104793_134427.jpg

 
 翌朝、旅館から9時に出発のはずが出れないと言う。どうやら先頭車の乗客が9時開店の「さいち」にオハギ買いで出かけて未だ帰って来ないそうで結局は15分遅れでの出発。

 2日目は仙台卸商センター サンフェスタで開催されているダイキンの「HVAC展2014」の見学です。向かう途中に今年の夏にオープンするダイキン研修棟も見学したがここでは職人さんがハイテクな色んな機種の据付や技術を学ぶ施設となるそうだ。
c0104793_1344145.jpg

c0104793_1351661.jpg

 HVAC展会場では興味ある機種が所狭しと展示されていたが、何よりダイキン社員の多さと熱気に、これからの東北に掛ける意気込みが伝わって来ます。

 今回の最大の目的であった「DESICAデシカ」の技術説明も聞くことが出来たので大満足であった。
c0104793_1364358.jpg
c0104793_137029.jpg

 会場で一際、目だっていたのが頭の尖がった可愛い車です。「ダイキン工業」と、「メルセデス・ベンツ」がコラボして、ベンツの小型電気自動車(EV)「スマート」をベースに「ぴちょんくん」をデザインして開発した車です。

 ダイキンのマスコットキャラクター「ぴちょんくん」の形状をボディーの一部に取り入れ「Smarpy(スマーピー)」と名づけられました。
c0104793_13204084.jpg
c0104793_1321076.jpg

 ダイキン社員に価格を聞いたんですけど知らないらしく、それでも何人も聞くもんだから仕方なく、お偉いさんに聞くに行って漸く教えてくれました。デザイン料とかも入れて予想を遥かに超えて1800万円になるそうです。
by titeki-oota | 2014-06-20 12:59 | Comments(0)

出張

 18日、19日は仙台に10数名で出張で、出かけて来ます。

 宿泊先は秋保温泉で初めて泊る旅館なんで今から楽しみです。
by titeki-oota | 2014-06-17 19:05 | Comments(0)
 ユニットバス組み立て業者A社が入って職人2人がかり1日で完成させました。  

 今回もオプションで多めに手すりを取り付けております。
 
 入居当初は、そんなにオプションの手すりは必要ないと考えている方が多いものですが、入居してから手すりが欲しくなった時に困ってしまうのが、ユニットバス壁なんです。

 内部の壁は薄いパネルの構成で、ビスだけでは強度的に耐え切れません。市販されている後付けできる手すりもあるが素人工事は難しいのが現状です。 

 そこでユニットバスを組み立てる際に壁の裏側下地に補強材を入れてからI 型やL 型手すりを取り付けて行きます。
c0104793_13295325.jpg

c0104793_1330617.jpg
c0104793_13302169.jpg
c0104793_13303652.jpg
c0104793_13304721.jpg

by titeki-oota | 2014-06-17 13:31 | Q-1 有浦5丁目の家 | Comments(0)
 1台あたり1.4KWの床下専用蓄熱暖房器を6台(1台は予備)床下に設置しました。

 此の器具はオール電化住宅の安い深夜電力を利用し、 電熱線に通電して発生させた熱を蓄熱して、昼間は通電せず、蓄熱した熱で部屋を暖める暖房器具。
 
しかし、今年の3月末まで新規に」申し込んだのが機器割引対象なので、今後はこの手の機種は割引が無いので採用される台数は少なくなって行くはずです。

耐火レンガを入れる作業を行い、黒い棒状の物がヒーターで通電されるとレンガは700度くらいの高温になります。
c0104793_13134059.jpg

c0104793_1314294.jpg

  室内側の断熱材(105mm)も充填を終えて防湿・気密シートを張り終えて胴ぶち材で押さえました。
 内・外併せて315mm厚の断熱材で写真のように開口部は全てが出窓の様になってしまいます。
c0104793_13192768.jpg

by titeki-oota | 2014-06-16 13:19 | Q-1 有浦5丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん