<   2014年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 今日は第三者機関によるハウスプラス住宅保証の検査員による検査を受けました。
瑕疵保険(戸建住宅)の検査は、原則2回の検査で今回の検査は、建物が完成すると見えなくなる構造躯体です。主に建物骨組の構成、構造部材の規格、部材の接合状態などを確認しました。

 今回の検査も何ら問題無く終了しました。
c0104793_11384396.jpg

検査員がホールダウン金物が適切に施工しているか写真に収めております。
c0104793_114017.jpg

 耐力壁に打ち込まれた釘の長さ確認、ピッチなどを測っております。
c0104793_11411343.jpg

by titeki-oota | 2014-07-31 11:33 | Q-1 北神明町の家 | Comments(0)
 昨日から左官屋さんが入って外回りの仕上げとタイル工事を始めております。

 タイルのサイズは、いつも多く採用しているINAX ニュージーネット100角です。

 すべりにくい面状はもちろん、防汚・清掃性をあわせ持つマイクロガードフロア仕様品です。

 外装用の床タイルは、玄関 及び玄関ポーチが多く、雨水に濡れるため滑りにくいタイルを選ぶのが賢明です。タイルの表面に細かな凹凸があるタイルは滑りにくく、また、タイルの目地間隔が狭い、小さなタイルほど滑りにくくなります。
c0104793_150868.jpg

c0104793_11135497.jpg

by titeki-oota | 2014-07-30 11:13 | Q-1 有浦5丁目の家 | Comments(0)
 Eさんから久しぶりに電気料金明細を頂きました。

 家族が1人増えて5人家族になったんですね!おめでとうございます。

 電気料金が、またまた値上がりの気配がありますがEさん宅は他のお宅に比べて家計に占める電気料金負担率は少なく余裕で暮らしていることが伺えます。

    3ヶ月分の電気料金です。

    6月に家族が増えて、7月からミルク用に電気ポットを
   使用し始めたり、夜中にも照明をつけたりと生活環境が
   変化してきたので、以後節電はしばらくは無理しない
   範囲でということになります。

    今のところ過去6年の検針結果と比較して、住宅性能に
   異変をきたしているような電気使用量の変化はありません。
c0104793_11465263.jpg
c0104793_1147418.jpg
c0104793_11472242.jpg

by titeki-oota | 2014-07-29 11:48 | Q-1 代野の家 | Comments(0)

「家」が歩いて来た

 ビックリ!!ビックリ!!「家」が2本足で歩いてきた。

 既に新聞等でご存知の方が多いと思いますが、家を担いで全国を巡ってる青年です。

  http://satoshimurakami.net/

さきがけ新聞
c0104793_11153876.jpg

c0104793_11171961.jpg
c0104793_11174261.jpg

by titeki-oota | 2014-07-28 11:16 | Comments(0)

エコキュート爆発!!

  今朝のニュースをみてビックリ!!です。オール電化住宅では数多く採用されております『エコキュート』に大変な事が起きてしまいました。
c0104793_12122144.jpg
 パナソニック製で2003年11月~2013年1月に製造された208機種、103万台に対して、圧縮機が破裂(爆発)する可能性があるということからリコールの届けが提出されました。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140725/waf14072501300004-n2.htm

 以前にエコキュートに関して、あれこれ書きとめたが本当に起きてしまった。
  http://titeki.exblog.jp/13823483/

by titeki-oota | 2014-07-25 12:12 | Comments(0)
 手造り家具は食器棚 ロータイプ の上に作業用天板を乗っけたタイプです。

 ポストフォームカウンター(天板)の素材は耐久性のあるメラミン化粧板です。通称デコラ板と言った方が分かりやすいかも知れない固い素材です。

 システムキッチンの扉と色調は合わせております。 
c0104793_11565447.jpg
 
c0104793_11571238.jpg

by titeki-oota | 2014-07-24 11:57 | Q-1 有浦5丁目の家 | Comments(0)

キシラデコール塗装

 建築から8年も経つと外部の木部の塗装は薄くなって来ます。

 最初は建て主さんに高圧洗浄・塗り方などを教えるから自分で塗って見たらと昨年から伝えていたが、なかなか重い腰が上がらずに遂にはプロを頼んで欲しいと言われしまいました。

 塗った塗料は「キシラデコール」です。ペンキと違って吸い込みが良いので素人でも簡単に刷毛塗りが出来ます。但し面倒なのはペンキと一緒で他の箇所を保護してキレイに仕上げる為には養生が大事なこと。後はキシラを3回塗るがコツは1回塗る度に乾いたら塗ることを守ることだけです。

  板塀が25メートルもあるので、誰が塗っても可なりの根気が必要かも知れません。
c0104793_11572292.jpg

  フラワーボックスや縁側、休憩用の木製イスも、ついでに塗って頂きました。
c0104793_121927.jpg
c0104793_1212492.jpg

     
by titeki-oota | 2014-07-23 12:01 | Comments(0)

暖房用ボイラー交換工事

 14年間に亘って使用された暖房用ボイラーの交換工事を行いました。

 以前のボイラーは、サンヨーの製品で当時としては、燃焼音が静かで燃費もそれなりに良くて良い商品であったが残念なことに、この分野から撤退したと思ったらその後は会社まで無くなってしまった。

 そこで同じ暖房能力機種を探したらコロナから販売されていたので、早速工事を行いました。

 以前のボイラーはタイマーリモコンが付いていなかったのでオン・オフは手動で行っていたが、今回の新機種は好きな時間帯に応じて自動で運転・停止ができる事から灯油消費量は少なめに抑えることが出来ます。

 もし、以前のように連続運転を新機種で行うと最低で1時間あたり0.55ℓから最大で0.88ℓとカタログに書いている。

 運転設定目盛りを最低に24時間運転したとすると13、2ℓと料金にすると凡そ1300円も掛かる計算になって1ヶ月だと4万円近くの出費となって暖房としての灯油使用は電気に比べて、どうしても高くなってしまう。

 こうなると電気だろうと灯油だろうとガスだろうと、住宅の性能が伴っていないと、長年に亘って高い暖房料金を払い続けることとなりますから建てる前に燃費金額情報はシッカリ知って置くことが大事です。

  取り外したサンヨー製ボイラーです。上部断熱カバーが黒くなっているのが見えますが燃焼排気ガスが漏れていた。
c0104793_13305386.jpg

新機種の手前のタンクに入った赤い液体は密閉式に換えて不凍液でパネルヒーターに回しながら40リットル使用しました。
c0104793_13355265.jpg

by titeki-oota | 2014-07-22 13:31 | Comments(0)

重いものでも1人で

 自宅で400ℓの冷蔵庫(中の物は入れたままで)を移動したくて何か無いもんかと探していたところ「らくらくヘルパー」なる1人で簡単に移動できる道具を見つけてホームセンターで買って来ました。 
  
  http://www.picus.co.jp/item_helper.html
  
 フローリング材の上を1メーターほど移動させるので、念のためにフクビ化学の エコフルガード(折りたたみ式養生材)も一緒に。
 
c0104793_962724.jpg

by titeki-oota | 2014-07-18 09:06 | Comments(0)
 一昨日は5人の左官屋さんが現場に入っての作業です。

 天端均しは基礎の上端に定規を固定し水平に成るようにモルタルで仕上げます。
基礎断熱の場合は土台との接点となる天端均し精度が特に気密性能に影響して来ますのでモルタルの誤差は2mm以内を目指して平滑になるように当社の社員がレベルを何度となく覗いては左官屋さんと一緒に行う大事な作業です。
c0104793_932470.jpg
c0104793_9415481.jpg


 午後からは基礎周りの板状断熱材100ミリ厚の表面に基礎断熱用モルタル(炭素繊維入りのプレミックス樹脂モルタル)を均一な厚さに下塗りしてからグラスファイバーメッシュを伏せ込みますが、特殊なモルタルは硬化が早いことから下塗りしてから、その後を追い駆ける様に直ぐに同じ厚さで上塗りして刷毛引き仕上げを行います。
c0104793_9323146.jpg
c0104793_9324761.jpg

c0104793_9330100.jpg

 写真の様に地面の境と板状断熱材の下までキッチリとモルタルを入れて置きます。
 モルタルを詰め込んだりするのは、万が一のシロアリ侵入を警戒しての侵入防止処置です。
c0104793_9331570.jpg

by titeki-oota | 2014-07-17 09:33 | Q-1 北神明町の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん