<   2014年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

御嶽山噴火

 噴火した日は土曜日で天気が良くてお昼頃の時間帯と余りに運が悪かった。

 登山ブームもあって登山者が多く山に挑んでいたから死傷者が多数で何とも痛ましい。

水蒸気噴火だったから、まだこれだけで済んだが、マグマ噴火だったらそれこそ大変だった、と知識人が言っていた。

噴火に関して現状では予知は困難なようだが早く地震を含めて予測可能な日が来れば良いんだが。

こんな時に駆けつけてくれるのが警視庁や東京消防庁などです。
東日本大震災の時も活躍してくれたが噴火救助活動にも支援、東京消防庁は、ハイパーレスキュー隊や山岳救助隊など現地に派遣している。

 大震災の時も娘婿は東京から福島に派遣されて頑張ってくれたが、今回も28日早朝から出掛けたと聞いた。

 
by titeki-oota | 2014-09-30 08:38 | Comments(0)
LIXILは、世界トップクラスの断熱性能を持つ樹脂窓「エルスターX」を来年1月に、アルミと樹脂の複合窓「サーモスX」を来年3月に発売すると発表しました。

熱の伝えやすさを表す<熱貫流率(U値)は、何と!0.79W/㎡.K (クリプトンガス入りトリプルガラスタイプの場合)となっております。

YKK APが熱貫流率0.91W/㎡.K のトリプルガラス樹脂窓「APW430」を、エクセルシャノンからは「トリプルシャノンⅡ」最高レベル機種で0.8W/㎡.K 三協アルミが熱貫流率0.86W/㎡.Kのトリプルガラス樹脂窓「トリプルスマージュ」をそれぞれラインアップしている。これらに、LIXILのサーモスXとエルスターXが加わることで、さながらスペック競争の感を呈してきた。

 各メーカーの最後に発表したトップレベルの商品を出すことでLIXIL、かなり本気のようです。

   左が複層ガラス仕様、右がトリプルガラス仕様
c0104793_11111546.jpg
 

 
by titeki-oota | 2014-09-29 11:11 | Comments(0)
 今日は配筋検査を受けました。

 建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分。
コンクリートで固めてしまうと、鉄筋は見えなくなってしまうので、その前にチェックを受けます。

 重大ポイントとなる基礎の配筋(基礎の底盤部分と立ち上がり部分)は事前に届けていた書類内容と違いが無いか鉄筋の径や配筋の継手の位置・継手の長さ、配筋のピッチなどなど検査します。
c0104793_13454541.jpg


 今回の土間鉄筋は13ミリの鉄筋を200ピッチとしました。

c0104793_13452842.jpg

 ブルーの板状断熱材は立ち上がり部にB-3 100mmに特殊接着剤で+50mmをくっ付けて150mm厚として、土間下部にはB-3 100mm厚です。

 以前なら基礎外周部にだけスカート断熱を施工していたが最近の熱解析の結果などから、基礎断熱の場合は土間下の断熱が、有効であることが分かって来ている。
c0104793_1345977.jpg

by titeki-oota | 2014-09-26 13:45 | Q-1 清水4丁目の家 | Comments(0)

愕然

 無事を祈っていましたが、神戸市の小学1年生、生田美玲ちゃんが

雑木林から変わり果てた姿で見つかり 最悪の事態になって愕然としております。

 人はなぜこんな残虐なことが出来るのか

犯人よ、どうしてこんな事を、ひど過ぎる! むごすぎる!

  遺族の気持ちを思うと・・・・。

今の私たちには同苦することしか手だてがないのです。

 美玲ちゃんの御冥福を心よりお祈りいたします。

by titeki-oota | 2014-09-25 07:05 | Comments(0)
 足場を掛けたのが7月中旬なので約2ヶ月ぶりに足場が解体されてスッキリしました。外壁材は多く採用しております耐久性抜群のガルバ鋼板・金属系サイディングです。
c0104793_1342478.jpg

 解体作業中の傍らで、せっせと雪止め金具などを1人で取り付けていた板金職人のTさんでした。
写真は台所脇の壁に掲示板用のトタンを加工して貼り付けている所です。冷蔵庫のドアに書類をマグネットで貼っている方が多いと思いますが、この様にすれば壁にピンの穴を気にすることなく長くキレイに使用できます。
c0104793_137290.jpg
c0104793_1371661.jpg


  外壁を張る前に板金職人Tさんが窓周りに加工して取り付けてくれた部材です。
 外壁を伝わって来た雨水は窓枠上に溜まったり、外壁を伝わる事が少なく水切り部材で外部に流れ落とし汚れ防止や万が一シーリング材が切れても壁内への雨水の浸入を軽減します。
c0104793_13364826.jpg


c0104793_13161960.jpg

 同じく窓枠下部にも施工しております。
c0104793_13203630.jpg

by titeki-oota | 2014-09-24 13:20 | Q-1 北神明町の家 | Comments(0)
  ここ数日は朝晩の寒暖の差が激しく、稲刈りも本格的に始まり新米が出回る時期となります。

 新米と言えば、やはり「きりたんぽ」ですね!。

 10/11~13に開催されます「本場大館きりたんぽまつり」の前売り券も順調に売れているようなので嬉しいことです。

 今年も10万人を超える人出が予想され大きなイベントに成長しました。

   2013年 会場の様子です。
c0104793_1375691.jpg



     詳しくはこちら

         ⇓

    本場大館きりたんぽまつり
c0104793_131158.jpg

  
by titeki-oota | 2014-09-22 13:08 | Comments(0)
 台所の隣に設けられた1、4坪の パントリーと勝手口です。

 改めてパントリーとは、キッチン周辺に配置された主に食品庫として使う収納スペースのこと。
食品やキッチン雑貨などを大容量で収容できるため、台所がきれいに片付くほか、棚を使った奥行きある収納ができます。

 冬になれば今までの住宅なら縁側や使わない部屋(非暖房室)に野菜やビール瓶ケースなどを保管できたものですが 近頃の居住空間は全館暖房で暖かくなっておりますので、冷蔵庫に入りきらない野菜などは室内に置けば早く痛んでしまう不便さがありました。

 そこで居住空間と違う半外の空間と言うことでパントリー内の壁・天井の断熱材の厚みは100ミリと薄くして凍らない程度にします。冬季間は冷気導入で、小さな小窓を開け閉めしながら温度コントロール出来るようにしました。
c0104793_11343475.jpg

c0104793_11341121.jpg

by titeki-oota | 2014-09-19 11:35 | Q-1 北神明町の家 | Comments(0)
 朝方は寒くなって来ました。

 年のせいなのか、此処数年は風邪をひくと2週間くらい治らないことが多い。

 今回も熱は出ないが咳込む症状が一週間も続き、ついに重い腰を上げて、いつものT先生に診てもらいました。
 
 午後の2時半過ぎに医院に着いたが、いつもと変わらず凄い混みようです。

 受付で症状を伝えたら直ぐにマスクを渡され待っていたが、他の患者さんを見ていると同じような咳をしている方が数名見受けられたので、このウィルスが流行っているのかも知れない。

 処方されたのが総合感冒薬①ピーエイ配合錠と咳・痰に効く②アスベリン③ムコソルバンのオーソドックスな三錠剤に胸などに貼る小さな「お咳テープ」ホクナリンテープです。
 
 このテープの成分は「気管支拡張薬」なので気管支が収縮しているのを広げるための薬です。
by titeki-oota | 2014-09-18 14:35 | Comments(0)
  今日、中型トラックで現場に直送便で運び込まれたスタイロ断熱材の数量はスタイロエース-Ⅱ 3種b の100ミリ厚が108枚、50ミリ厚が28枚と大量で置き場所に困るほど。

 今までは基礎断熱材の厚さを100ミリ厚だったが、今回の現場で初めて採用する100ミリ材に特殊接着剤を塗って50ミリ材を、くっつけて150ミリの厚さとします。

 同じく土間下全面に敷く断熱材も今までの現場では50ミリが多かったが今回は始めて採用する倍の100ミリ厚となります。
c0104793_16151612.jpg


c0104793_16152841.jpg

by titeki-oota | 2014-09-17 16:15 | Q-1 清水4丁目の家 | Comments(0)
  9/4付けの当ブログで照明器具交換を記述したが http://titeki.exblog.jp/22547066/
 またまた今度は書斎の蛍光灯シーリングライトが突然と前触れも無く消えてしまった。

 頻繁に照明器具が壊れて行くのは、それだけ年数が経ったと言う事だろう。

 近くの大型電気店で購入して来たのは「日立LEC-AHS810 B」。廃番機種となった関係からか1万3千円と大安売りであった。
c0104793_11584510.jpg


 さっそく夜の真っ暗な中で懐中電灯を照らしながらの作業だったが今まで何度も交換した慣れもあってか、取り外しから取り付けまで15分ほどで作業を終えることが出来た。

 買い求めたLED灯は6畳程度の部屋に対して8畳用器具(4299lm)なので充分な明るさを確保、最大にすれば、眩しいくらいだ。色合い・明るさの調光も結構細かくできるので、利用状況に合わせて調節すればいい。
    故障した蛍光灯
c0104793_11594465.jpg


    新たに設置したLED灯、光量を半分に抑えて撮影しても此の明るさです。
c0104793_1203167.jpg

by titeki-oota | 2014-09-16 12:01 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん