<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 「お家騒動!!」

 連日に渡ってO塚家具が、 お家騒動を記者会見まで開いて大騒ぎしている。 
経営をめぐる親子の確執なんてよくある話。

 父の旧態依然とする高級路線維持と、娘の大衆路線への転換並びに経営体制の刷新路線との争いだ。

 会長、社長はそれでも戦う。どっちが勝っても、信用はガタガタO塚家具に未来は無い社員の事を二の次にする企業に未来は無い。

 御家騒動に巻き込まれて可哀想なのは役員と社員。
企業自体に問題が起ったらすぐ、まっさかさまに業績悪化する時代、早く収束して懸命に頑張ってる社員に影響がないようにして欲しいものです。
by titeki-oota | 2015-02-27 15:55 | Comments(0)
 2015年度の再生可能エネルギー固定価格買取制度の買取価格が発表されました。
太陽光発電については、10kW未満の区分に買い取りを制御する出力抑制装置を設置する場合の新しい区分を設けて10kW以上太陽光の区分は時期により価格に差をつけている。
c0104793_14241445.jpg


 余談だが太陽光パネルを設置する一般家庭が増えると同時に、新たに浮上してきた問題があります。
補助金制度や余剰電力の買い取り制度などの後押しもあって、太陽光パネルの設置件数は、平成24年度末時点で100万件を超えて、10年前の約10倍になっているそうだ。

 数が増えればトラブルも必然的に増え、最近では、滑りやすい太陽光パネルの表面に積もった雪が落下して隣地の設備を壊したとか、太陽光パネルに反射した強烈な光が隣家に被害をもたらした、などの報告も出て来ております。

裁判も起こされていて被害の源が太陽光という自然現象であるにもかかわらず設置した側の不法行為責任を認め、慰謝料だけでなくパネルの撤去まで認めるという踏み込んだ例まであります。

 これらの新しい設備を設置する際は細やかな気配りで設置場所を考える必要があるようです。
by titeki-oota | 2015-02-25 14:24 | Comments(0)
 ここ数年、LED照明器具が加速度的に普及して来ております。

 例にもれず、清水4丁目の家の照明器具は殆どがLEDを多く採用しております。

 洗面化粧台も上部から照らすのでは無く、横から照らす事に依って顔に影をつくらない、ツインラインLED照明器具です。
c0104793_16331741.jpg


 施主さんの希望により各室2箇所に、受け台と共にベッドの傍にLEDデスクアームスタンド クランプタイプ を取り付けました。小さいので暗いだろうの予想に反して、何と此れで1000ルーメン弱と凄く明るいんです。
c0104793_16363465.jpg

by titeki-oota | 2015-02-20 16:39 | Q-1 清水4丁目の家 | Comments(0)
 昨日は第3種換気風量測定を今日は気密測定を行いました。

 昨日行った風量試験は、約39坪の床面積空間内の換気が上手く働いているかを目で確認するもので換気回数とトータル風量数値が分かります。

 排気口に測定器を当てたところMAX風量は200㎥/hだが此れだと室内容積に対して排気量が多すぎます。そこで「中運転」に切り替えると、合わせて134㎥/hと計測され1時間当たり 0.4回室内の空気が入れ替わることが分かりました。「小運転」ですと70㎥/hで0.2回の測定結果となります。
c0104793_11591182.jpg

 気密測定試験は、いつもの建材卸会社のI君が担当して測定してくれました。

 車からデジカメを取り出して直ぐに撮影したものですからご覧のような写真映りとなってしまいました。

 測定開口面積は46㎡と測定表示されてます。無数の穴が点在していて、それらをかき集めたとしますと約6.8センチの正方形の「穴」がある事を示します。

これ等の数値を元に計算したすき間相当面積は0.26cm2/m2です。

c0104793_11592873.jpg

by titeki-oota | 2015-02-19 11:59 | Q-1 清水4丁目の家 | Comments(0)
 夏に通風などで頻繁に窓を開け閉めしたりカギを閉めるとなれば台所前の窓は、どうしても手が届き難い場所の1つとあって今までなら踏み台などに上がる面倒な動作が必要でした。
(更に断熱材の厚みが30センチ以上もあり出窓のようになって益々手が届かない・・・)

 そこで電動リモコンに依って窓を開閉する方法を提案いたしました。
 
電動に依る開閉窓と言えば高所に取り付けるイメージを思い浮かべる方が多いと思いますが今回の現場はキッチンカウンター・シンク前の窓に2箇所取り付けられました。
c0104793_14431544.jpg
c0104793_1444194.jpg
c0104793_14441743.jpg

by titeki-oota | 2015-02-18 14:44 | Q-1 清水4丁目の家 | Comments(0)
     


  連日、雪に依る被害が大きく報じられております。
  屋根などの損傷で保険会社に寄せられる被害報告も可なり多くなりそうで、春になったらもっと増えそうな 気がします。  
  
  地元新聞「北鹿新聞」でも取り上げられておりますので転載して紹介します。
  ◆視点・記録的大雪

  大館は「戦後最大級」
  除雪事故、倒壊相次ぐ
 
c0104793_11421440.jpg

北鹿地方は今冬、記録的な大雪に見舞われている。大館市内は12月からの累計降雪量が
644・5cm(14日現在)となり、平成18年豪雪時(615・5cm)を超えた。除雪作業中の事故や建物の
倒壊が相次ぎ、市民生活を脅かしている。専門家は「戦後最大級の大雪」と指摘する。なぜ、これほどの大雪になったのか。
 市危機管理課によると、市内の月別降雪量は▽26年12月=318・5cm▽27年1月=203cm▽2月(14日まで)=123cm。
2月13日朝から14日朝にかけて今冬最高の降雪量37cmを記録した。この時点で18年豪雪時を上回った。積雪深は121cm(14日現在)。
 過去の大雪では、累計降雪量615・5cmの18年豪雪が記憶に新しい。25年冬に613cmという記録もある。
 
今冬を含め、共通する原因は大陸から吹く偏西風という。この風の流れに沿って寒気が日本に入り、雪をもたらしている。
同市の気象予報士・鳥潟幸男さんは「今冬は南に蛇行し特に12月、平年以上に強い寒気が継続的に北日本を包んだ」と解説。
蛇行は珍しくないが、1カ月近く続いた点が特徴的、と分析する。
 1月に蛇行が収まり、冬型の気圧配置が緩むはずだった。だが、北鹿地方に雪雲の列が入り込む日が多くなった。
局地的な降雪が続き、大館市や鹿角市など内陸部ほど顕著だ。
 
12月から2月上旬までの降水(雪)量を見ると、大館は406・5mm。平年の1・6倍に当たり「3カ月長期ではかなり大きな差」になった。
鹿角市は1・4倍、北秋田市鷹巣は平年並み。局地的な雪雲の発生理由などについては「今のところ解析が難しい」としている。
 鳥潟さんによると、今冬の累計降雪量は統計の残る昭和47年以降で最多。積雪深は明治25年以降、大正14年と並んで3番目に多い。
上位2位は大正12年(255cm)、昭和20年(165cm)で、戦後では今冬が最多になる。
 
今後、最も注意が必要な災害は建築物の倒壊だ。建築物には地域ごとに設計上、積雪の荷重に耐えられる目安がある。
一概には言えないが「荷重が大きくなる今の時期は積雪が1m以上で目安を超える危険性が出てくる」と懸念する。
大館郷土博物館前で14日、計測した積雪の荷重は1平方m当たり354kg(積雪118センチ)だった。
 特に軒先は雪の塊や氷がたまりやすく、荷重がかかりやすい。鳥潟さんは「軒先の雪だけでも落とすと被害軽減につながるのでは。

 設計上の積雪荷重を建築業者に確かめ、災害に備えることができる」と指摘している。 
 
 【取材メモ】 気象庁によると、鹿角市は積雪深が123cm(15日現在)で観測史上最高を更新中。
県総合防災課のまとめで、雪による人的被害は県内82人(前年同期比64人減)を数え、県北地区が39人(同14人増)と半数を占める。
鹿角市では2人が亡くなった。




by titeki-oota | 2015-02-17 11:42 | Comments(0)
 働く忙しい奥様の希望にそって家具職人が手造り製作しました。
  
 汚れに強くキズに強いシステムキッチンと同じ素材・色調を選び調理台及び収納として、裏側に回ればダイニングテーブルとして使用します。

 両袖面に各コンセントを取り付けておりますので家電品もタップリと使用できます。
c0104793_15401393.jpg
c0104793_15402738.jpg
c0104793_15404045.jpg

by titeki-oota | 2015-02-16 15:40 | Q-1 清水4丁目の家 | Comments(0)
 T邸の1年分の(昨年の1/11~今年の1/11)外気温・室温データを、さっそく送って頂きました。

  グラフ内の折れ線ブルーは最低気温でエンジは最高気温を表しております。
  室内の温度を表す黒色線はリビングの温度です。


表の上でクリックすると拡大!
c0104793_9285383.jpg

by titeki-oota | 2015-02-12 08:59 | Q-1 谷地の平の家 | Comments(0)
  東台五丁目のHです。

 電気使用量の内訳、送信しますのでよろしく。

1月は蓄熱暖房を月半ばからでしたが、意識的に全6台「小」にし
(真冬日等は「中)」寒い分はエアコンを使用しました。

2月もこのパターンを試しに継続したいと思います。


 2階建てで延べ床面積44坪のH邸の1月分(33日間使用分)は5万円チョット超えたくらいの請求額でその内、夜間電力量料金は3万2千円ほど。

  今月2月分は暖房と給湯に要した夜間電力量料金は1日あたり、およそ906円となったが、来年度はもう少し落ち着いた電力量に成るかと思います。

c0104793_14255859.jpg

by titeki-oota | 2015-02-10 14:28 | Q-1 東台5丁目の家 | Comments(0)
 2月分電気使用量明細をTさんから送って頂きました。

 表から見てとれるように昨年の2月分は(28日間使用)1559kwhで19325円に対して今年2月分(同じ28日間使用)は1483kwhと前年より使用量は少ないが金額は20139円と電気料金値上げの影響を受けております。
c0104793_12291313.jpg


  いつもお世話になっております。
 2月の電気使用量の明細が届きましたので添付いたします。

今月は、使用日数が少なかったので請求金額は少なく見えますが、

請求1日単価はほぼ変わらずです。

 今年は去年と違って、雪は多いですが暖冬なため室温はとても暖かいと感じます。

 今朝はマイナス9.5度まで下がったものの、早朝でも室温は21℃ほど。

夕方帰宅時では23℃を超えていました。日中日が差すと室温は

だいぶ影響を受けるようで、だんだん春に向かっていることを感じます。

電気料金は、びっくりするほど各1日単価は変わっておりません。

 蓄熱を調整したり、換気を調節したり、など全て無調整です。



 電気料金は、1日単価で算出して、

深夜電力1日単価  昼間電力1日単価  請求金額1日単価

1月: 739.51円      89.54円     883.05円 7台小運転

2月: 543.64円      79.06円     690.20円 5台小運転

3月: 527.17円      77.90円     666.04円

4月: 104.52円     173.52円     343.21円

5月:  92.80円     105.26円     255.24円

6月:  27.47円      68.33円     162.84円

7月:  16.18円      62.08円     145.29円

8月:  11.59円      73.94円     150.33円

9月:  13.25円      67.74円     143.70円

10月: 21.28円      68.70円     152.69円

11月: 44.61円      97.98円     203.34円

12月:209.70円     146.87円      423.61円 検針前1週間7台小運転

1月: 578.91円      76.33円     717.95円 5台小運転

2月: 574.84円      75.00円     719.26円 5台小運転


※ (床下用蓄熱器 1.4KWタイプの小運転ですと0.98KW×5台=4.9KW)
by titeki-oota | 2015-02-09 12:27 | Q-1 谷地の平の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん