<   2016年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 昨日のエアコンの続きです。

 設置したエアコンは温度や体温を見張る「ムーブアイ」が付いた機種。

 手先足先を含めた体全体の温度変化を見て「暑い」「寒い」を見極める
センサーが搭載されて、さらに風あてと風よけも自動コントロールする優れた機能が付いている。

 だが室内に設置した場合は非常に有効な感知センサーでも、如何せん床下に設置したら、この感知装置は全然、必要ない事になります。

 昨日、室温設定温度検知のリード線を延長が出来ないかメーカーの技術担当者さんと電話で話をしたが、取り敢えずはムーブアイを「切」にして使用して欲しいと言われたが、その他の温度センサーまでは制御できないようなので、取り付け位置を、いくら変えても運転稼働中は、床下の跳ね返った温風を、僅かながら検知する可能性はあるので希望する細やかな温度設定は難しい気がします。

 出来れば、室内機下部脇に付いている温度センサー部を除去して(切り替えスイッチを付けるか)其処から離れた箇所からサーミスタ検知が正確に出来る数メートルのリード線が取り付けるように改良するだけで簡単な上に安い費用で使用出来るのだがメーカー側では今のところ、その気はなさそうです。

 ただ、エアコンを床下に入れて使用している事は担当者さんも小耳に挟んでいるようで、今後もし全国的に台数が伸びてくれば、各メーカーも床下専用エアコンを作ってくれる可能性は高いものと思われます
by titeki-oota | 2016-03-31 15:26 | Q-1 老人福祉施設建設現場 | Comments(0)
 最近、出回っている寒冷地用エアコンはヒートポンプ技術により、非常に省エネルギーな暖冷房機器ですから今回の老人施設のメーン暖房機種として採用しました。
  
 床下エアコンを採用するに当たって、先ずは床下を室内と捉え、基礎の立ち上がり部を開放的に造り、基礎・土間に断熱材を施す基礎断熱が基本となります。
 
 床下空間にエアコンの暖気を送って床下の熱容量の大きい基礎・土間コンクリートに 蓄熱させながら、併せて床面に設ける通気口から各部屋へ暖気を送り、緩やかな対流で家屋全体を暖房する方法です。

 エアコン設置で只1つ気を付けたいのは噴き出した温風が温度センサーに影響を与えるショートサーキットが起きないように工夫することくらい。そうすれば安定した設定温度内で稼働してくれます。

 4日ほど前から試運転を開始しましたが予想を超えて床下土間コンクリートが温まる時間が早くて驚いております。3日目に測定した床面の温度は22℃、室温は20℃でした。
c0104793_13295775.jpg
c0104793_1330616.jpg

by titeki-oota | 2016-03-30 13:30 | Q-1 老人福祉施設建設現場 | Comments(0)
  今まではスッキリしない天気が続いていたが、晴れ天気と外気温を気にしていたら今日がベストだったので一気に駐車場コンクリート舗装工事に入っております。

 85坪の広さに投入された生コンクリート数量は約40㎥で職人さんは6人で頑張ってくれています。因みにコンクリート呼び強度はチョット贅沢に「24」にスランプ「18」で打設しております。
c0104793_13471357.jpg


c0104793_13472045.jpg

by titeki-oota | 2016-03-29 13:47 | Q-1 老人福祉施設建設現場 | Comments(0)

「店仕舞い」

 昨日限りで会社近くの全国チェーン店のうどん屋さんの店仕舞いでした。

 週末はそれなりに混んで客は入っていたんですが、平日の客数を確保するのは小さな町では大変だったんでしょう。

 今日は早くも大型看板から店名取り外しやら店舗の壁からも看板を取り外す作業を行っており、見慣れた風景が次々と変わって行く様は、やはり一抹の寂しさがあります。

 同じ国道沿いの「割烹 大作」も店内から厨房器具が運び出していましたから、こちらもお店を閉めたんですね。歴史を刻んで美味しかったのに本当に残念です。
 
by titeki-oota | 2016-03-28 13:54 | Comments(0)

北海道新幹線

 青函連絡船で北海道へ渡っていた時代、青森と函館の間は4時間ほどで繫がっていた。 その青函連絡船が廃止されてから既に28年にもなりますが、いよいよ明日3月26日、待望の青函トンネルを新幹線が走り始めます。
 
一番速い列車でも4時間を切れないことから、飛行機の方がまだ有利なままに、昨年の北陸新幹線の金沢延伸時ほどの波及効果はないと見られるほかに、運行するJR北海道では安全上のトラブルが続き、経営環境も厳しいのも不安要素として残る。初めて津軽海峡を越える新幹線は、難題を抱えたままの発車となりそうだ。
c0104793_1314452.jpg

by titeki-oota | 2016-03-25 13:01 | Comments(0)
 施設は床面積も広い上に個室が数多いことから換気ダクトも以前の換気設備方法で施工すると、それなりの長さになってしまいます。
 ダクトの長さに伴って当然に内部の汚れも気になるし、後々の清掃メンテも考えなければいけません。そこで今回は初めて採用した換気機種は「ツイン・エアー・フレッシュ」。
メンテナンスがしやすい第一種換気方式のダクトレスの全熱交換型換気システムです。

 長期間井に亘って稼働することからDCモーターで消費電力(W)が4W前後と少ないので電気代でも助かる。
c0104793_1334216.jpg


 詳細はこちら  https://www.nihonstiebel.co.jp/products/air_conditioning/lineup/index/first_kind/lt/

  冬期間に発生するであろう結露水もスムーズに外部に流れ落ちる様にスリーブに傾斜を付けつつ外壁面から僅かに突き出して置きます。
c0104793_13342579.jpg

  フードは正面からの強風にも配慮された設計でサイドから空気の出入りが行われます。材質はステンレス無塗装品です。
c0104793_13343553.jpg

by titeki-oota | 2016-03-24 13:36 | Q-1 老人福祉施設建設現場 | Comments(0)
 浴室の工事は大工・左官・防水屋さんの順番に依って大方、出来上がりました。

 6畳弱の空間に個人浴としての浴槽設置の他に機械の助けを借りながら入浴する介護浴槽設置工事だけを残すのみです。

 以前の介護施設の浴室は十和田石を採用しましたが、滑らなくて自然の佇まいがあって人気があったが、問題は1つ汚れが付きやすいのと、掃除に手間どることが現場から指摘されておりました。そこで今回は味気ないが実用重視で壁べ立ち上がり部と、床には掃除がしやすいノンスリップタイプの塩ビ床シートを張りました。
c0104793_13525462.jpg
c0104793_135329.jpg

by titeki-oota | 2016-03-23 13:53 | Q-1 老人福祉施設建設現場 | Comments(0)

帰って来ました。

 天気にも恵まれて無事に旅先から帰って来ました。

 今回は、近くを車でいつも素通りしている水戸・偕楽園の梅まつりに、合わせて出掛けました。

 滞在中に桜も開花するかと思ったが残念ながら間に合わず昨日に開花したとニュースで報じております。
c0104793_13332285.jpg

c0104793_13333441.jpg
c0104793_13334314.jpg
c0104793_13335112.jpg
c0104793_1334054.jpg


 園内にあります「好文亭」も見学しました。
 http://www.kairakuen.u-888.com/kobuntei/
 
c0104793_1335977.jpg
c0104793_13351766.jpg
c0104793_13353313.jpg
c0104793_13354553.jpg

江戸時代に、既にこんなアィデア装置が有ったんですね。!
c0104793_13355611.jpg

c0104793_1336635.jpg
c0104793_1336176.jpg

滞在中の食事でハマったのが初めて入ったコーヒー店の洋食です。
普段から和食が多いので、滅多に食べないナポリタンを恐々と口に運んだら、これが旨いのなんのって久しぶりに感激してしまった。
c0104793_13545061.jpg
c0104793_1352373.jpg

 当然にコーヒーも美味で、ソーサーまでしっかり温められている。カップも気に行ったので買い求めました。星乃珈琲オリジナルカップ&ソーサー 販売価格(税込) 1,800 円
c0104793_13591290.jpg

 もう一つ病み付きになったのが食感よろしく「窯焼きスフレパンケーキ」だった。オーダーしてから(注文から20分ほど掛かる)作るので出来立てが食べれます。
c0104793_1415464.jpg

 後で調べたら、こちらのお店は全国に展開している様で、今年の夏までには盛岡にも出店するようだから今から楽しみです。

 移動で水戸まで始めて乗った常磐線 特急「ときわ」。列車に乗ることが少ないので戸惑ってしまうこともある。 

 今回初めて目にしたのが着席サービスの一環とやらで指定席と自由席の区別をなくし、「空いていれば座っていい」というシステムのようです。全座席上にランプが設定され、やや複雑な仕組み。

 写真のように
 座席上のランプが緑なら座席指定されている、赤なら未指定なので自由に座ることができる。普通列車グリーン車との違いは、「黄」が新設され、その場合は「まもなく座席指定された区間に入る」ことを示しております。
c0104793_14301236.jpg

by titeki-oota | 2016-03-22 13:38 | Comments(0)

1週間ほど留守にします

 明日から1週間ほど留守にしますのでブログの更新はお休み致します。

 車で茨城、千葉、都内などを駆け巡って来ます。

by titeki-oota | 2016-03-14 16:22 | Comments(0)
 最後の仕上げに向けて急ピッチで作業を進めており、クロスを貼った後を追っかける様に電気やら水道関係者が器具・機器類の取り付けを進めております。

 クロスの職人さんは日に依って少ない時でも6名、多い時は9名が分担して作業を行っていて、他の作業関係者も含めると20名ほどが入っていて現場は大変賑やかです。
c0104793_13392022.jpg

by titeki-oota | 2016-03-14 13:39 | Q-1 老人福祉施設建設現場 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん