<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「新ノートパソコン」

 最近、やや不調であった会社のノートパソコンを遂に新しいのに入れ替えました。

 5年前から使用していたパソコンも東芝dynabookだったが、朝から晩まで稼働時間が長いせいか、どうもハードディスクがイマイチ本調子(熱暴走?)でなくて専門家に診断を仰いだら長いことはないだろうとの宣言。

 膨大なデータ量のことも考えシャットダウンする前に全てのデータをバックアップ引っ越しさせました。今回、購入したのも同じメーカーのビジネスモデル機です。

 OSは今何かと話題に上っている「Windows10」が入ってます。

 パソコン1台で同時に沢山の画面を開いて作業を行いたいと言ったら、いつもお世話になっている業者さんが選んでくれたのがハイスペックなCPU:Intel Core i7であった。
  
 大事な写真の保存は普段から2重に行って用心しているが、新機種のメモリーは16GBにハードディスクは聞いた事もないような「ハイブリッドHDD1TB」が入っていて可なり安定してデータを取り込めると言われたが、此れから使って見ないと良く分からない。
c0104793_15283419.jpg

by titeki-oota | 2016-06-30 15:28 | Comments(0)
 基礎に気密パッキン・先張りシートと共に米ヒバ材の土台を敷きました。
c0104793_11524298.jpg
c0104793_165159100.jpg

 2回目となる躯体完了時の瑕疵保険検査を受け、金物類の取り付け箇所や筋かいの位置などを確認して頂き全部「適」を頂きました。検査員が面材耐力壁OSBに打ち込まれた釘のピッチを見ています。外周部・内部とも全てに釘(N50)は100㎜以内間隔で打っていますのでOKです。
c0104793_11534683.jpg
 
 以前なら戸建て住宅は軒の出(長さ)がありました。ところが、近頃の住宅はデザイン性やらコスト面から軒の出(長さ)が少ない住宅が増加しています。今回の現場は60cm出しました。垂木は大雪の重さにも十分に耐えられる2×12材ですから安心です。
c0104793_12585829.jpg

 外部側から充填されるGW105mm付加断熱材を入れる為の構造材を取り付ける為の作業を行ってます。
c0104793_1158360.jpg
c0104793_11581540.jpg

by titeki-oota | 2016-06-24 11:58 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)
 全国的に建築に携わる職人さんは業種を問わずに高齢化などもあって年々少なくなっているのが現状ですが、長年に亘って当社の屋根から土台・窓周り・その他のトタン加工を主に1人で行ってくれていた板金職人の「テルさん」が突然と、職人を卒業してしまいショックを受けております。

http://titeki.exblog.jp/10237950/
 
 他の職人さんの仕事はジックリ見る事は少ないがテルさんの仕事だけは見ていて飽きなかった。

 傍で作業を見ていると頭で考えるのでは無く身体に染み付いた紙切り芸人の「林家正楽」のようにハサミを大きく動かすのでなく切られる側の素材を動かすのがコツのようで、僅かな時間で作業を終える、ある意味で伝統芸でもあった。


 建築の板金加工は予め作業場で大型機械で加工してから現場でパーツを組み上げて行く誰でも出来る?単純な作業が多いものです。

 但し場所に依っては、現場で加工しながら納める細やかな特殊な技能が求められる仕事が出て来ます。金属板を折ったり切ったり曲げたりしながら、雨が建物内部に侵入しないように美しく仕上げなければなりません。 これらの作業は機械では難しく、すべて職人の手で行います。

 かなり複雑な形状の屋根となると、様々な角度が入り組んでくることがあって、角同士の取り合い部分などは正に「職人芸」でした。

 テルさん長い間ありがとうございました。
by titeki-oota | 2016-06-21 12:59 | Comments(0)
 全国の至る所で数多く起こされる裁判だが、最終的に民事裁判に勝ったところで意味がないと感じる原告者は多いはずです。

 それらは民事執行制度の不十分さもあって、今までなら強制執行しようにも財産を隠されれば、ハイ!それまでヨで終わり。

 要するに相手方に対して訴訟を提起して〇〇万円を支払えとの勝訴判決をもらっても相手方に財産がなかったり、あるはずの財産を隠されたりして、結局のところ特定できずに回収できないというケースがかなり多いパターンだった。c0104793_1465276.jpg

 そんな現状を変える制度を裁判所が導入するかもしれないと言う内容で今月、読売ニュースで報じられた。

  以下ー引用

 「裁判などで確定した養育費や賠償金の不払いが横行していることから、法務省は、支払い義務を負った債務者の預貯金口座を裁判所を通じて特定できる新たな制度を導入する方針を固めた。

 強制執行を容易にするため、裁判所が金融機関に口座情報を照会して回答させる仕組みで、早ければ今秋にも法制審議会(法相の諮問機関)に民事執行法の改正を諮問する。」

by titeki-oota | 2016-06-20 14:04 | Comments(0)
 渡辺謙が「『政治家の領収書』や『不倫』だけにみんなが殺到している、この国はどうなっていくんだろう」と危機感を示し、『もっと豊かなことに目を向けませんか?』云々と言っていたがどうにか、今週になって少し落ち着いて来ました。

 舛添さんは流石に不信任案を出されて、しかも全議員が賛成で可決される見込みとなれば、自ら辞めるしかなかった。

 救いと言えば議会を解散して、信を問うなんてバカなことをしなかっただけでも、良しとしましょうか。まぁ自分から辞任すれば、まあ、数年後には渋とく復活して来るかもしれない。

 最初の出だしで、「一流の首都の知事が、二流のホテルやエコノミーに乗れますか!」なんて大見得を切ったのがケチが付いた始まり。
更に「不適切であるが違法ではない」という言葉に総スカンを食らった。そこに登場したのがヘタなヤメ検で、依頼人の利益のために動いて上手く演出しようとしたが、そのヤメ検が横柄な態度で、これまた逆効果になってしまった。

 最初から素直に謝って今後は改めますと言えば展開は違っていたかも知れない。

 さて、次なる都知事選は誰が立つのやら、もう政治家を担ぎ出しても駄目だろう。どんな先生でも叩けばホコリが出る。そもそも政治資金規正法が天下のザル法だからだ。
by titeki-oota | 2016-06-16 06:18 | Comments(0)
 前日は左官職人さんが基礎天端均し作業を行いました。基礎の上端に定規を固定し平滑に成るようにモルタルで仕上げてくれました。

 2日目は型枠解体後、直ぐに紫外線劣化防止の為にEPS防蟻基礎断熱材100ミリ厚の上部面と外周部の表面に基礎断熱用モルタル(炭素繊維入りのプレミックス樹脂モルタル)を均一な厚さに下塗りしてからグラスファイバーメッシュを伏せ込みますが、特殊なモルタルは硬化が早いことから下塗りされた、その後を急いで別の職人さんが追い掛けながら同じ厚さで上塗りして刷毛引き仕上げを行います。
c0104793_11265349.jpg


幾ら防蟻断熱材を採用しても何十年も100%安全だとは言い切れない面があります。そこで断熱材下部面には隙間が出ない様にモルタルを流し込んだり、基礎外周部に埋め戻す土砂は間違っても黒土などの保水性の高い土を使用しないなど細心の注意が必要です。写真にも見えておりますが黒い砕石を新たに投入している所です。
by titeki-oota | 2016-06-14 11:26 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)
 4日前に基礎型枠に生コンを流し込んでから養生中には最適な温度と雨にも恵まれ土間はクラックなどのヒビ割れも無く良く出来上がりました。

 今日は朝から左官職人4人でコンクリート基礎の天端(てんば)仕上げ作業です。

 型枠を外した段階では基礎の上部は完全に水平ではありません。そこで、木枠を基礎の両側から挟むように予めレベルで出していた位置の高さに取り付けた所にモルタルを盛って均し水平に仕上げます。
c0104793_15254233.jpg

by titeki-oota | 2016-06-10 15:26 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)

フライトレーダー24

 インターネットの普及により、様々なサービスがWeb上で立ち上がり、日々進化しております。最近分かったのは今年に入ってからだと思うが、Flightradar24が又サイトをリニューアルしてたんですね!。

 Flightradar24は全世界の民間飛行機の運行状況をリアルタイムで見れるサイトです。

 運航されている機体の高度や速度などの飛行情報を知ることも出来て、コックピットからの仮想3Dも見れたりします。

 3D(コクピットヴュー)を立ち上げれば今フライト中の航空機の飛んでいる詳細な場所がわかり、その上3Dでコックピットからの(飛行機体に切り替えも可能)眺めが上下前後左右の全方向がCGで見られる優れもので時間を忘れるほど夢中になってしまいました。

  写真3Dは大阪から札幌に向かう大館上空を飛行するJAL機です。
c0104793_1004593.jpg

by titeki-oota | 2016-06-08 10:00 | Comments(0)
 
c0104793_13125983.jpg

 ポンプ車のホースからドロドロの硬めで送られて来る生コンの呼び強度は「24N/mm2」にスランプ値は気温から判断して「15」で注文しました。
c0104793_13141482.jpg

 生コンを投入する前の状態。アンカーボルト等の金物は事前に鉄筋に固定しておきます。
c0104793_13164672.jpg

 浮かした型枠下から生コンが流れ出て来ます。
c0104793_13183242.jpg

 ベースと立上り部が完全に一体化する「一体打ち工法」は打ち継ぎの出来ない基礎コンクリートを成形します。
c0104793_1319031.jpg

 一体打ちでない2度打設の場合、継ぎ目から湿気が流入すれば、内部の鉄筋にサビが生じて、基礎の寿命を縮めることになりかねません。更には白色の防蟻断熱材と相まって白蟻の侵入にも効果を発揮します。

  
by titeki-oota | 2016-06-06 13:12 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)

石田ローズガーデン

 今年もバラが咲き誇る季節となりました。大館のバラと言えば石田ローズガーデンが有名ですね。

 園内には1種1本を基本としたサンプルガーデンとして約500種類の様々なバラが植栽されており、爽やかな香りの多彩なバラを比較的短時間で楽しむことが出来ますから是非お出かけください。
c0104793_1361987.jpg

by titeki-oota | 2016-06-04 13:06 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん