<   2016年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 室内側の壁に入れるHGグラスウール16kg品は未だ現場に入れてないが、写真のGWは大量に積み上げられた屋根断熱材用です。
c0104793_13145158.jpg


 屋根面に充填する断熱材は105mm厚を3枚重ねながら315mmの厚みで入れ終えました。
c0104793_13151185.jpg


 足場を造っているので引き続いて気密・防湿シートを貼ってから気密テープ処理を終えてから胴縁材や木片でテープの上から押さえ打ち付けて行きます。(粘着テープ類が浮いて来ることや、貼った時のシゴキ不足など密着不足に依る気密低下を少なくするためです。)
c0104793_1315241.jpg

    
by titeki-oota | 2016-09-30 13:15 | Q-1 花岡の家 | Comments(0)

「全国学力テスト」

 4月に実施した全国学力テストの結果が公表されました。

 いつものように秋田、福井、石川などが小学校、中学校とも高い正答率でした。

 例年と違うのは。沖縄が小学校の平均正答率を大幅に上げました。  

 かつて総じて最下位クラスだった沖縄は、小学校の全てで全国平均を上回る大きな成果を上げるまでになりました。

 09年から沖縄県は、秋田県と教員交流を継続しており、良い結果に結びついた1つの要因だと思います。
c0104793_8232852.jpg

 
 
by titeki-oota | 2016-09-30 11:35 | Comments(0)
 ここ2、3日お天気がスッキリしませんが、雨が止んだ時を見計らって外部から付加断熱材105mm厚を充填し、降り始めたら屋内に移動して屋根部に105mm厚を3枚重ね315mm厚の断熱材を入れております。
c0104793_11501636.jpg
c0104793_11502913.jpg

 前もって屋根タルキ2×4材を流した時の通気層となりますタイベック紙も壁側のタイベックと繋がりました。
c0104793_115501.jpg

by titeki-oota | 2016-09-29 11:50 | Q-1 花岡の家 | Comments(0)
 付加断熱支持材を組んでから外部側の断熱材の充填に入って行きます。

 壁の断熱材厚みは、合わせて210mmです。内部から充填する断熱厚105mm+外側の付加断熱厚105mmで構成されます。
 
 断熱支持材間に入れる黄色いグラスウールは繊維の1本1本に撥水処理を施されたマグ「スーパーイエロー」相当密度:高性能16(kg/m3)・ 熱抵抗値2.6(㎡・k/W)品です。

    壁の構成:完成すれば室内側から順番に

  ①内装仕上げ
  
  ②内装下地、石膏ボード
  
  ③防湿・気密層:内部替えからの水蒸気を壁の中に入れない為と換気をスムーズに
働かせる為と熱は小さな隙間からも「逃げる」ので気密を高めます。
  
  ④充填断熱材 高性能GW16K 105mm
  
  ⑤柱+OSB/構造用合板9mm
  
  ⑥付加断熱材 高性能GW16K 105mm (厚みと密度が性能を決めます。)
  
  ⑦透湿防水シート:外部からの防水と室内側から漏れた水蒸気を外部に逃がす役目。
  
  ⑧通気層:室内側から漏れた水蒸気(湿気)排出や外壁が熱くなった時の排熱に効果。
  
  ⑨外装:金属系サイディング
c0104793_13215970.jpg

  ピッチを確認しながら釘が面材に、めり込まない様に打ち込んで行きます。ウレタン発砲が見えますが座掘りした金物の熱橋防止の為です。
c0104793_13242272.jpg
 
by titeki-oota | 2016-09-28 13:24 | Q-1 花岡の家 | Comments(0)

K邸 屋根葺き替え

 昨日から2人の職人さんが入って無落雪屋根の葺き替え作業に入っております。新築から丁度20年経過したトタン板はガルバ鋼板20年保証品を採用しておりましたが、幾ら塗膜が特殊でも屋根面にバルコニーを設置していた関係で水はけが悪く其処からサビが出始めておりました。

 朽ち果て撤去されたバルコニーだが、(手すりは数年前に施主さんが撤去済み)今後も出来れば新設したいとの要望があり、そこで選んだトタンの素材は耐久性に優れたカラーステンレス材(SUS304)としました。

 バルコニーに敷かれたデッキ材はプラ系なので見た目はキレイに見えますが中の木材は全て蒸れてボロボロです。
c0104793_1343381.jpg
c0104793_13431692.jpg
c0104793_13432983.jpg
c0104793_13433847.jpg
c0104793_13435056.jpg

   
by titeki-oota | 2016-09-27 13:43 | Comments(0)

K邸 屋根葺き替え前に

 屋根の葺き替えをする前に狭い敷地に四苦八苦しながら仮設足場を設けました。

 3階建ての外壁を最近、従来の色から明るい黄色系に塗装リフォームしたようだが(施工する前に一言相談して頂ければアドバイス出来たのに・・・)
  
 良く見たら20年前の古いコーキングを、其のままに打ち替えしないで、単に窯業系外壁上面から塗装した為に新築当時からのコーキングが硬くなり亀裂が入っていて防水効果は無いに等しく折角の塗装効果が半減する残念な状態であった。

 (施主さんには、この亀裂が入っている事は未だ言ってないが実際に足場に上がって見れば、恐らく気落ちすると思う。余計な話かも知れないが、飛び込みセールスで受注して短期間で仕上げる塗装会社にも見かけるパターンです。)

 やはり塗装のリフォームに入る前にコーキング(シーリング材)を撤去して新たに打ち替える作業を行わないと、幾ら外壁面だけ綺麗になっても肝心の防水が疎かであれば無駄な塗装リフォームと言わざるを得ない。
c0104793_15315249.jpg

by titeki-oota | 2016-09-23 15:31 | Comments(0)
 屋根断熱材(315mm厚)が充填されるタルキ2×12材+付加材の上部にタイベック紙が貼られて其の上に更に通気用垂木(45×54mm)を流した隙間層に外気を流すため、屋根の内部側からの湿気が漏れ出ても滞留することなく結露の発生を抑え、夏の屋根面から伝わった熱も、此の通気層から外部に流れ出て排出されます。
c0104793_13501890.jpg
c0104793_13503344.jpg
c0104793_13504733.jpg

 通気層が出来上がりました。
c0104793_13512989.jpg
 
 野地板(杉板)を張り終えて、この後に板金屋さんが入ります。
大きな垂木材のお陰で、どんな大雪の重さにも耐える事が出来、冷たい外気が通気層を走ることに依って屋根からの大きなツララが出来ずに「すが漏れ」などの不安からも解消されます。
c0104793_13525760.jpg

by titeki-oota | 2016-09-20 13:53 | Q-1 花岡の家 | Comments(0)
 9月17日(土)・18日(日)に開催しました

 完成見聞会に沢山のお客様にご来場頂きまして

 誠にありがとうございました。

 ゆっくりお話が出来なかった、ご来場者には、この場をお借りして

 お詫び申し上げます。今後もよろしくお願い致します。

by titeki-oota | 2016-09-19 13:27 | Comments(0)
 連休となります17日(土)18日(日)AM10:00からPM4;00の2日間

で完成見聞会を開催いたしますので是非お気軽に、ご来場頂きたいと思います。

c0104793_13215374.jpg

by titeki-oota | 2016-09-16 13:21 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)
 先日、エアコン取り付け作業云々と記述しましたが、今日、機種品番を、まじまじと見たら何と!2016年版のパナソニック寒冷地用の最上位機種が付いていたんですね。

  エアコン CS-406CXR2  インバーター冷暖房除湿 200V 4KWタイプ

 冷房  畳数の目安 11~17畳(18~28平方メートル)

 暖房  畳数の目安 11~14畳(18~23平方メートル) c0104793_1212944.jpg


  下記の様に機能がテンコ盛りで高級機種は操作に迷ってしまいそう。
 
 エコナビ⇒ ひと・ものセンサー・ 温冷感センサー・ 日射センサー

 暖房⇒ すぐでる暖房・ あったかチャージ・ ほっとモーニングシステム

 空気清浄⇒ ナノイー・おでかけクリーン・空気清浄フィルター(PM2.5対応)

 お手入れ⇒ お掃除ロボット・UVユニット・カビみはり・ナノイー内部除菌・ファン防      汚防カビ・内部おそうじ・においカット・エアフィルターAg+除菌・熱交親水コート

 気流 ⇒ビッグフラップ・左右風向自動・もっとモード・パワフル・ロング
・フルワイド 吹出し・新・静音設計

 除湿⇒ 快適除湿・冷房除湿・衣類乾燥

 この仕様能力であれば冷房はもちろん暖房は床下に配置したパネルヒーターとのコラボも出来て余裕で暖めることが出来そうです。
  
 更に施主さんの希望で一階居間には、いつでもFFストーブも取り付けられる様に細工もしております。

 今後も変動するだろう灯油価格と電気料金を比べながら暖房方法を使い分けして行くのも1つの選択方法かと思います。

 
by titeki-oota | 2016-09-16 12:12 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん