<   2016年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 気密測定を行いました。

 1回目の測定で表示された開口面積は98cm2だった。
いつもなら此処で器械を直ぐに撤収してしまうんだが直感で、何ぜか納得できずにもう一度測定する事を器械を持ち込んで操作する Iさんにお願いする。

 1階や2階の窓、水回りなどを点検した所、どうやら引き違い窓の数か所でロックが本当にごく僅かだが、掛かっていない事を確認した。
  
 従来の引き違い窓ならカマチにクレセントが付いていて、カギを掛けたか目視で直ぐに分かったが、採用した引き違い窓は引手部分にカギが一体となった戸先錠仕様なので、(閉めると自動ロックが働らいていちいちカギをかける操作が不要な錠)新たな弱点も分かり今後は全ての窓を手でシッカリと押して「カチッ」を再認識できた。

 そこで再度、測定した結果は写真の様に84cm2と出て、その差14cm2も少なくなった。
84cm2(9.1cm×9.1cm正方形)の「穴」は約45坪の住宅全体に点在している隙間に例えることが出来ます。
c0104793_150292.jpg
c0104793_150414.jpg

by titeki-oota | 2016-09-15 15:00 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)
 今日は換気風量を計測して来ました。

 確認申請時に必ず換気機械の型番やカタログに載っている有効換気量(立米/h)、換気ルート、取り付ける個所などなど、その住宅居住部分の気積量の2分の1以上の換気風量数値が記載されているだけでOKを役所から貰えることから個人的にはどうもスッキリしない「あやふやな」部分です。

 もし、仮に実測値0.5回以上でないと完了検査を通さないなどと法改正されたら、おそらく建築業界は大混乱するでしょうね。その前に大手HM辺りから圧力が掛かって絶対にあり得ない事と思うが・・・。

 カタログだけでの解放風量数値は実際に取り付けますとダクトやフードなどで必ず圧損が生じ風量は少なくなります。やはり現場で実際に換気風量測定器械で計らないと分からないものです。
  
 今回のお宅は事前に家族に喫煙者がいると聞いてたので(レンジフードの前で吸ってくれるそうだが・・・)それでもレンジフードで完全に補足出来ない匂いと煙もれを考えて普段の換気計画の風量より幅を持たせて設計しました。

 換気回数でMAX0,5回/h以上あれば合格だが実測値MAXで268(立米/h)で1.4回/hを記録しました。当然に冬期間は風量スイッチを絞って小さくしますが、施主さんには細かな使い方も説明しないといけません。
c0104793_14585751.jpg


 話が逸れますが近頃、また自然の風を回す工法?やら自然素材を多く使用しているから、どうのこうのとPRが目立って来ました。幾ら自然素材云々と言えども単に換気機械がお飾りで付いているのは頂けないし、何より換気を疎かにしてはいけません。(自然素材を否定している訳でありません。)例を挙げれば日が差し込んだ室内を人が移動しているだけで、小さなホコリがキラキラ舞っているのを見た事ありませんか?そうなんです!これ等の浮遊しているハウスダストを24時間、常に吐き出しているのも(正常範囲内で器械が動いてくれた場合の話だが・・・)換気の1つの効果なのです。
by titeki-oota | 2016-09-14 15:11 | Comments(0)
 左官屋さんが昨日まで玄関、ポーチにタイル貼り作業でした。
c0104793_13555287.jpg


 一部の配管にはキレイにラッキングされ見ていて気持ちが良いボイラー室に設置された灯油燃焼に依る温水暖房ボイラーと給湯ボイラーです。
c0104793_135652.jpg


 今日は朝から電器屋さんがエアコン取り付け作業に入っております。最初は立ち会う気が無かったが担当者さんとの電話でのやり取りの中でスリーブ(事前に開けて置いた筒の穴)にウレタン断熱材や粘土パテなど契約時にそれらの使用材料が指定されていないなどと言われ、急きょ作業内容を確認するために現場に向かいました。
c0104793_13562780.jpg

 処理すべき、これらの小さな「穴」はきっちりと塞がないと事には換気量・換気ルートに悪影響を与えたり明日に行う気密測定結果にも影響してしまいます。

 家具も搬入、組み立て作業を行っております。
c0104793_13564225.jpg

by titeki-oota | 2016-09-13 13:56 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)
 いつも仕事で忙しくしているTさんに無理を言ってお願いした所、昨年の10月から今年の8月までの電気使用量、電気料金等をさっそく送って頂きましたので、ご紹介します。

 
 ご無沙汰しております。

 ご依頼の件の資料を添付させていただきました。

 ・明細12か月分

 ・一日単価等計算エクセル

  今年の冬は暖冬であったため、1月の請求額で

  昨年のものより2,000円ほど安かったです。

  また、7月 9月は1週間の出張があり、

  温水器の休止設定をしたため、通常月より

  1,000円ほど安くなっています。

  参考までにご使用ください。

  ※データ容量により3回に分けて送ります。

         表をクリックで拡大!
c0104793_838227.jpg

 いつの間にか、あの暑さは何処へ行ったのか朝晩はめっきり涼しくなって来て、テレビでもストーブや暖房エアコンのCMが流れる季節になりました。
 
 当地方は、此れから迎える冬の暖房代の出費が、どうしても大きくなります。
建築する前は何処の建築会社でも、そんなに違いは無いだろうと考えている方がいますが、実際に暮らして他の同規模の家と比べ、とんでもない金額の開きを知る事となります。
 
 確かに建築する前の最初の段階は、どうしても間取りや室内・外観の意匠性ばかりに気を取られてしまいがちだが、建築会社に先ずは性能ランクを確かめてから(あくまでも目安で実際の燃費を保証するものでない)次は過去に建てられ実際に生活されている住宅の厳冬期1カ月間の灯油使用量や電気使用料金を聞き出す事を絶対に忘れてはいけません。

 
c0104793_8383215.jpg


詳細は過去の「Q-1谷地の平の家」ブログをご覧になってください。
by titeki-oota | 2016-09-12 08:38 | Q-1 谷地の平の家 | Comments(0)
 今までの暖房設備と言えば寒冷地用エアコン暖房かヒートポンプの温水暖房のどちらかを採用設置して来ましたが今回は久しぶりに灯油燃焼に依る暖房ボイラー+パネルヒーターを施主さんからお願いされました。

 設置する暖房ボイラーは廃熱を再利用することで暖房効率をUP!する潜熱回収型のエコフィールタイプです。

 今多く採用されてますヒートポンプ式に依る温水暖房(最高出湯温度は50~60℃程度)に比べて灯油燃焼に依る暖房ボイラーは出湯温度を素早く立ち上げる事も出来ます。
設置したボイラーの温水設定温度表示も30~80℃と幅が広い上に1℃きざみで好みの温度に設定出来る嬉しい設計となっております。

 オレンジ色の管はメーカーから指定された高密度架橋ポリエチレン管で酸素透過防止に優れ耐久性があります。赤色と青色のサヤ管(外部には更に保温被覆も入れると3重)にする事によって将来の配管取り換えに対応出来るように2階床下内部の配管を止める曲がりも大きく取っております。
c0104793_1415276.jpg


 最も快適な輻射暖房方式を採用したパネルヒーター、中温水暖房で低い温度でも身体の芯から温めます。
c0104793_14151959.jpg


 暖房に用いる各熱源で比較するカロリー計算では、今現在の価格帯からすれば灯油が明らかに安い。但し値上がり始めてリッター当たり60円台を超えて来るようだと他の熱源に変えて行った方が良いかも知れない。

 やはり、寒冷地用エアコンと共にパネルヒーターの両方を設置出来ればデュアル暖房方式として価格状況を見ながら選択出来るので一番理想的かも知れない。(これらに対応出来るのは当然に住宅基本性能が備わっているのを前提としたお話しですが・・・)
by titeki-oota | 2016-09-09 14:15 | Q-1 観音堂の家 | Comments(2)

明後日は大館神明社例祭

  9月10日~11日 大館神明社例祭が開催されます。

 夜になると連日、何処かの町内で練習しているのか、お囃子も聞こえて来ます。

 「雨祭り」の異名のあるほどの例祭だが、どうやら予報で雨のマークも無いようだし、さらに両日は土曜と日曜日に当たっていて大町通りは可なりの人出で混雑すると思われます。
c0104793_11433994.jpg

by titeki-oota | 2016-09-08 11:43 | Comments(0)
 車のラジオが以前から不調続きで音が高くなったり無音などを繰り返していたが、ついにAMだけがウンともスンとも鳴らなくなった。(FMは正常に音が出る)色んな車に長く乗って来たが初めての故障です。

 運手時はいつもAMを聞いていたので何かと不便なもの。

 ディーラーに駆け込んだら此のタイプの新品は直ぐに注文出来るが中古品となると中々手に入らないと言われていたが、辛抱すること3週間待ち続けたら、ほぼ新品に近い同じ物が手に入ったと連絡をもらい早速、修理に出し代車まで貰ったが僅か40分ほどで「出来上がりました!」の連絡を頂く。

 エアコンスイッチ関連も含めたコントロールパネルを丸ごと入れ替える「アッセンブリー交換」だけなので、いとも簡単に作業を終えたようです。

 長いお付き合いもあってか?数千円で良いと何とも嬉しい請求金額でした。
c0104793_8412518.jpg
c0104793_8413362.jpg

 
by titeki-oota | 2016-09-08 08:41 | Comments(0)
 今日から沢山の職人さんが出入りする為に昨日の早い時間帯に出掛け外観の撮影をしました。
今の時期はまだ日差しが強くて影が出て中々良い写真が撮れない。出来れば曇り空が最適だが、それまで待って居られなかった。
c0104793_13493295.jpg

 
 今日の朝に出かけて見たら、いるわいるわ車で駐車場は満杯で室内に入れば各職人さんで一杯でした。

 完成に向けて最後の追い込み です。大工2名、クロス屋さん1名、電気2名、水道1名、コーキング屋さん1名それらの業種ごとに使用する各材料を搬入する問屋さんと誠に賑やかであった。
by titeki-oota | 2016-09-05 13:49 | Q-1 観音堂の家 | Comments(0)

お恥ずかしいです!!

 TV通販番組「ショップジャパン」。 同社は「50万回こすっても痛まない」として、人気のフライパンを販売していた。

 宣伝放送の中で
 「フライパンの表面をコインで削っても傷つかない」
 「クギを炒めても傷つかない」
 「ダイヤモンドの次に硬いセラミック使用」
 
 などと謳い、これまでに76万個、計120億円余りを売り上げていたが、消費者庁が金属製の調理器具でフライパンの表面をこするテストをしたところ、50万回どころか5000回ほどで傷つく結果となった。 c0104793_14392862.jpg

 消費者庁から1日、「誇大広告」として「景品表示法」違反で措置命令が出されました。

 怪しい商品をどんだけ売ったのか?買うほうも馬鹿だね。そうなんです!!我家も馬鹿で買っておりました。(笑)
 
 家内が昨年、TV宣伝を信用して通販で買い求めていて、最初の頃は油を引かなくても綺麗にスルッと皿にのっけれたのに近頃は焦げ付き底にくっ付いて宣伝ほどでも無いと小言を聞いたばっかりであった。

 
by titeki-oota | 2016-09-02 14:40 | Comments(0)
 昨日は、30度超えの残暑厳しい中でのコンクリート打ちでした。
 
 投入された生コンは約26立米にスランプは高い気温を考慮して、いつもより少し柔らかめな18cmでしたが、カンカン照りで固まるのも早く職人さんは昼食も取らずに頑張ってくれました。
 
 いつものように耐圧ベースと外周部立ち上がりのコンクリートを一度に打設する一体打ちでの施工です。手間暇かかる工法ですがトータルで考えたら、とっても良い工法なのです。

 当然に此の一体打ち工法は全国的に広がり増え続けており、今や当たり前の基礎施工方法となりました。

 最初に取り組んだころは今のような専用の金物類なども無く、あれやこれやと工夫しながら作って浮き枠を支えたりしたものです。
c0104793_8264230.jpg
c0104793_8265442.jpg

 表面が固まった夕方から井戸水を土間ベースにタップリと注ぎ込んで急激に乾燥しないように水中養生とします。
c0104793_827744.jpg

by titeki-oota | 2016-09-02 08:27 | Q-1 花岡の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん