<   2017年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 完成引き渡し前に行っている風量測定器を排気口に当てての測定です。

 下の写真はダーティーゾーンの トイレ天井からダクトで繋がれた排気口(実測85m3/hを表示してます)の3種換気方法です。

c0104793_13040344.jpg

  洗面脱衣室の天井近くの壁面に取り付けられたダクトなし3種換気設備です。風量は25m3/hと寒さを感じない程度の空気の流れとなります。
c0104793_13130373.jpg
  メーカーの風量カタログデータはダクトを付けてない解放風量(圧損なし)での表示が基本(確認申請では気積に比例したカタログ機種を選べばOKを貰えます)だが現場ではダクトに繋いだだけでも圧損が生じ当然にダクトの長さに依っても数値は低下して行きます。現場で1か所ずつ実測するしか幾ら吸い込んでいるか分からないのです。


 換気設備を選定するのも重要です。一昔前に行っていた暖房機を選定する際の一ランク上を付けるような事は避けなければいけない。風量が多すぎると住人は寒いので勝手に換気を止めるので弊害が発生したり省エネで無かったりします。反面、逆に小さくすれば臭いが篭ったり結露が出たりと健康を害する事が起きる可能性が大きくなります。

 

 換気設備は、施工時のダクトの曲がりやつぶれ、位置のずれなどによって、現場では設計図通りの風量にならないこともあります。そこで、換気システム設置後に、風量測定器を使用して、各換気経路ごとの風量を確認して調整する必要があるのです。今や住宅全体を換気する機械換気システムが導入されるようになって可なり経つが換気設備施工後の風量検証を行う企業も散見されるが、一般的に測定を行っているとは言い難い。


 木造に精通した1種・3種換気を専門とする業者が少ない上に構造的に壁内・天井裏・小屋裏どれもが狭くダクトスペースを取るのに苦労するものです。

 
 建築基準法の改正(2003年7月1日施行)により新築住宅に換気機器の取り付けが義務化されても「換気風量測定」を義務化できない理由は大手を含め多くの造り手は風量を的確に確保することが困難だという現実があります。


 今の住宅はどんな造り方でも気密化されている「高気密住宅」が建築されている事からも換気がどれだけ大切かは誰でも知っているでしょうが、いざ全ての完成住宅の換気風量実測を、もし義務化されるような事が起きれば、不可能に近いくらいに建築業界は大混乱することは間違いありません。



by titeki-oota | 2017-10-31 13:15 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

「残り物には福がある」

 冬の足音が聞こえて来る10月の時期になればホームセンターの苗木売り場には売れ残った特価品が置かれているものですが、昨日〇メリで、いくつかの購買心をそそる品物を見つけて来ました。


 屋外の片隅に置かれていたのがブルーベリー2年モノ苗木でノーザンハイブッシュ系「ブリギッタ」」 以前から欲しかった品種で、まさか残り物の中に潜んでいたとは・・・さらに嬉しい事に元値が1000円だったのが半値の手書き値札が付いていて、其の隣りにもサザンハイブッシュ系品種の 「ブルークリスプ]こちらも500円であった。


 これで昨年から買ったり貰って来た小枝を挿し木で増やし始めたブルーベリーの苗木はノーザンハイブッシュ系が6種類、サザンハイブッシュ系1種類と合計7種類まで増えました。(ブルーベリーを育てるのは奥が深く色々と手を掛けた割には、どこまで成長するのか疑問な苗木もあるが・・・)

c0104793_12550653.jpg
以前に購入した200ℓのピートモスは使い切ったので50ℓ袋と鹿沼土を買って来ました。掘った穴にブレンドしてから入れるが、とにかく酸性の土でないと上手く育たない。
c0104793_12552066.jpg
 
by titeki-oota | 2017-10-30 12:55 | Comments(0)

「防災ヘリ なまはげ」

 長木川河川敷で訓練していた頃の初代の防災ヘリ「なまはげ」BK-117C-1(JA6848)です。

c0104793_16102502.jpg

 
 昨日、お披露目された二代目の「なまはげ」BK117C-2型(JA05AR)

c0104793_15422843.jpg


 この機体は全世界で1,400機以上の納入を誇る今や見慣れたベストセラー機です。川崎重工業が2015年12月に受注したと発表してましたからお披露目まで何かと、時間を要するもんですね!。

  
 初代機の価格は確か5億円と、見学時に隊員から聞いたような気がするが、今回の機体価格は推測だが川崎式BK117C-2型(基本モデル)にオプションとしての次の主な装備を含めると「自動操縦装置、ホイスト装置(レスキューウィンチ)、カーゴ・フック、GPS地図表示装置、消火タンク、ヘリコプター直接衛星通信システム(ヘリサット)等」で軽く10億円は超えるはずだが、未だ詳細は分からない。 



by titeki-oota | 2017-10-26 15:47 | Comments(0)

 今回の現場、床下エアコン取り付けに当たって残念ながら「 エアコン用消音防虫弁 」 は設置出来ませんでした。エアコン設置場所が、床下空間の取り付けとあってドレンホースを水勾配で取ったら基礎(GL)ギリギリの所に出て来てしまう。写真の様にドレン排水パイプは地面擦れ擦れ、消音防虫弁の大きさからすれば地盤に当たってしまう。

c0104793_13103677.jpg
 取り付けるとなれば地面にマスを埋めてその中に設置するしかない。そもそも必ず音が発生するとは限らない事と夏に稼働させる事はほゞ無いので心配する程でも無いが、万が一ポコポコ音が起きたとしても、その後に対処しても遅くはない。 それより、もっと大事なドレンホース(排水パイプ)に関しては普通なら見慣れたアイボリー色のジャバラパイプを使用しますが、埃・カビ・排水性を考慮して配管内部が滑らかな素材を業者さんに特別にお願いしました。c0104793_13164721.jpg

 高気密住宅などで発生するポコポコ音は、排水ホース(室内機の結露水を外へ排水するホース)によって引き起こされます。 レンジフードの換気扇を使用しているときなどに、窓を少しだけ開けると風が勢いよく入ってきますが、これと同じように室内外の気圧差や台風などの強風時に、ドレンホースの外側から室内に向かって外気が入ってきてしまい、その空気がエアコン内部を通過する際、エアコンからポコポコと音が鳴ることがある現象です。
by titeki-oota | 2017-10-25 13:12 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

  床下エアコンを動かしたのは電力会社の検査を終えてからの23日の午前中です。

過去の例からすれば、床下に設置した暖房器具(温水を流すパネルヒーターや蓄熱暖房器など)より遥かに早い立ち上がりで設定した室温(床温度)に達します。


 以前の暖房方法なら最初は土間コンに熱を奪われて中々室温が安定するまで数日間は予備運転が必要だったが、昨日・今日の朝に現場に行って温度を確認して来ましたが外気温が3度台にも拘わらず玄関のカマチから一歩踏み出せば、今まで体験したことがない強力に暖められた床暖房のような感覚でした。


 寒冷地エアコンの性能も良くなったお陰もあるが、やはり室内温度センサー(壁掛けリモコン)を部屋の真ん中に持って来た事で、以前の床下エアコン(本体に備わったセンサー)と違って暖気を拾う事が無くON、OFF運転の頻度が少なくなった。

c0104793_08171983.jpg
          玄関のタイル表面温度を表示しております。
c0104793_09485688.jpg
  エアコン設置場所から最も遠い場所で(約10m)北側にあるユニットバス床表面温度です。
c0104793_09521934.jpg
 北側の1階トイレ床表面温度です。さすがに高過ぎですので設定温度を下げて帰ったら今日の朝には25度まで下がってました。
c0104793_09534951.jpg

by titeki-oota | 2017-10-25 09:58 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)
 昨日までの台風は過ぎ去って、今日は久しぶりの晴れのお天気の中で、いつものお世話になっている建材屋さんが持参した機器で気密測定を行いました。

  写真のように測定結果は77㎠/㎡、隙間相当面積を計算した結果は0.5㎠/㎡の気密性能です。家全体に点在する穴の大きさを正方形に当てはめると8.8cm角の穴が存在する事になります。N値は1.45でした。
c0104793_08200083.jpg
 室内温度が27.3度を表しておりますが誤作動ではありません。昨日から稼働させた床下エアコンが利きすぎて暑くて暑くて・・・詳細は明日にでも記述します。 
c0104793_13175316.jpg


by titeki-oota | 2017-10-24 13:18 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

 朝晩は少し寒い日が続いているが、今週はお天気に恵まれて外仕事が、はかどります。

  
 タイル貼りの下地を作ってから着々とタイルを敷き詰めて行きます。今回、作業に入ってくれた職人さんはベテランさんばっかりで、毎日、県北一円を飛び回るほど予定がびっしりと入っていて簡単に、こちらの都合で簡単に予定変更は出来ないようです。それもこれも若手の左官職人さんが、ほとんど居ないに等しく増して技術の継承が出来ない切実な問題も抱えている。

c0104793_14363425.jpg
c0104793_14370641.jpg

by titeki-oota | 2017-10-20 14:37 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

 新築と一緒にSさん宅のウッドデッキを造ったのは今から9年前のこと。この間、1度も手入れは一切行っておらず、床板2枚ほど腐り始めていたので、今では手に入らない(倉庫に少しだけ保管していた)同じ材料の米ヒバに取り換えてから塗装作業に入りました。

  
塗装の前に土間など塗料が垂れる箇所に養生をシッカリ取ってから高圧洗浄機でデッキのカビや汚れを洗い流します。


 順番としては水洗い>乾燥>塗装となり、乾燥の後に塗装を3回繰り返す作業です。塗料はウッド材ならこれ!と言う定番の、いつものキシラデコール塗料(油性浸透型)木目を残しつつ、3回も塗ったので撥水効果も抜群でしょう。

c0104793_13360230.jpg
 平面は刷毛で隙間はベンダーで塗ることが出来るので素人でも簡単に作業は出来る。しかし、塗る上で最も苦労する箇所は狭い床下に入っての刷毛塗りで、職人さんは顔までキシラ塗れで大変な作業でした。
c0104793_13380399.jpg

by titeki-oota | 2017-10-19 13:39 | Comments(0)

城ヶ倉大橋の紅葉

  城ヶ倉大橋に今年も行って来ました。八甲田連峰や岩木山まで見渡せ素晴らしい色合いの紅葉は圧巻であった。

c0104793_11392936.jpg

 大橋の約120mの高さから望む、ブナ、ナラ、カエデ、ダケカンバが彩る渓流の紅葉も圧巻で、残念な事に大橋下の渓流散策路は現在も立ち入り禁止でした。
c0104793_11400036.jpg


  遠くに岩木山が浮かぶ。

c0104793_11410958.jpg


by titeki-oota | 2017-10-16 11:41 | Comments(0)

 暖房方法は「床下エアコン」による暖房システムを取り入れました。

以前にも採用しましたが住宅暖房設備として大変優位性が高いものと考えています。

簡単に言えば市販の壁掛けエアコンをオープンな床下空間に設置し、基礎・土間断熱された土間コンに蓄熱しつつ、1階床下空間に温風を噴き続けることで、全体の床面を温め床面に設置したガラリから暖められた空気を各部屋に送り込むものです。床面が室温より数度暖かい低温輻射熱で快適な環境となります。

 
 床下エアコンを導入するには当然のように床下空間を出来る限りオープンにするコラムベース基礎工法が最適です。だが地中梁や構造計算など、単価面など手間がかかる事もあって、今回は此の工法は採用しないで基礎の立ち上がりを工夫して奥までエアコンからの温風が行き渡るように工夫しました。

 

c0104793_09093748.jpg
 寒冷地用エアコンに必ず付いている温度センサーだが、暖かさとは別の問題としてエアコン周りの暖められた空気がショートサーキットを起こして大なり小なりセンサーが「設定した温度と認識する」感知しON・OFFを繰り返すのがネックとなります。(床上にエアコン本体を少し出したり取り付け位置方法を考えてはいるが・・・)

いずれにしても、これらの動作を繰り返すことに依って電気料金の増額や機器の負担が増すことが考えられます。


 そこで大手メーカー技術部門に電話してお知恵を拝借しました。
エアコン本体脇に付いているセンサーを封じて新たにオプションで用意する「インターフェース」+「壁掛けリモコン(有線)」取り付ける事に依って有線リモコン本体に付いている温度センサーが感知しながら室内の気温を温度を0.5度の上下内で拾う事が出来るようになりますとの事であった。(エアコンを床下に入れる時も言われたが、あくまでも自己責任で行ってくださいと強く言われてしまいました。)

  
 2階の各室の暖房は1階からダクト管導入も考えたが1階の一部に吹き抜けを設けて気流を階段から降ろすようにしました。厳冬期には2階にも寒冷地エアコン2.2KW1台が必要な気がするが取りあえず設置しないで今冬は様子を見ることにします。(もし寒い時でも500W程度の電気ヒーターで一時的に暖を取れば良い範囲)

  

  以前、老人施設に設置して電気料金・温熱環境ともに評判の良かった床下エアコンです。

c0104793_09101027.jpg

 中には間違ったち使い方をしている方もいるようですが、床下エアコンはあくまでも冬の暖房器具と考えて置いてください。夏に利用すると弊害が予想されます。何故なら床下は地熱の温度の影響もあって夏季は20数度の温度を維持していて、更に床下をエアコンで冷やされる事があれば、空気は比重が重いので下に沈み込もうとして、低い温度の空気は自身で決して床上に浮かぼうとしません。
このような状態で、乾いた空気(潜熱除去)を床下に押し入れても、温度が低いままなのでこの部分の相対湿度が上がったままになり、顕熱比が高い運転状態ですとカビの増殖し易い環境となります。

 夏季のエアコン設置場所は従来のように小さなエアコンを1階・2階のオープン空間の壁に掛ける方法か、ちょっと工夫して小屋裏空間にエアコンチャンバー部屋を作って、そこからダクトで冷気を各室に降ろす全館空調方法などもあります。





by titeki-oota | 2017-10-13 09:11 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん