屋根葺き替え作業

 先週に行うはずだった屋根の葺き替え作業だったがコロコロと変わる天気予報に翻弄されながら、漸く快晴の元に今日から、屋根トタンを剥ぎ取っております。

  
 写真を見てお分かりの様にトタンの表・裏、1つもサビが発生しておらず、塗装面も白くなる(チョーキング現象)事も無く(当然に1度も屋根塗装はしてません)当時の黒色からの退色も7割程度に抑えられ可なり優秀な素材であった事が分かりました。

c0104793_14082479.jpg


 新築から20年経過し、剥ぎ取ったトタン素材は当時としては少し高かった「ガルバ鋼板・塗膜保証(塗膜の変褪色)20年物」この状態だと、もう10年くらいは塗装無しで行けそうな感じです。

  
 最初は価格が少し高くても、やはり良いものは長い目で見ると、結果的にお得なんだと今回も実感した次第です。


 この、後に葺き替える材料はステンレス0.35mm品なので、しばらく塗装や葺き替え等で悩まされ無くて良さそうです。


# by titeki-oota | 2017-05-29 14:08 | Comments(0)
 建築から早いもので20年経ったSさんから外壁リフォームで昨年から相談を受けておりました。 

 当初は外壁の塗装リフォームだけで考えておりましたが、次回までの塗装期間の短さや、また足場を掛けなければいけない等々を考慮した結果、古壁を剥ぐには少し早いが全面金属系の外壁張替えとなりました。  

 窯業系の外壁のベストな張替え時期はいつ頃が良いんだろうと言われる事があるが色々な条件もあって簡単で無いが凡そ20~30年に一度くらいだと思います。  

 今でも窒業系サイディングボードを外壁に採用している住宅が多いが、やはり設置費用や、材料調達が安く済む、施工が簡単、時間もかからない、と言うのが最も大きな理由の様です。  

 サイディング外壁は一時“半永久的にもつ建材である”として売られた時期もあったようですが実際は現場で住宅に合わせてカットした切断面から吸水したことによる劣化、サイディングボードの表面の退色や劣化によって吸水してしまいボードに反りが生じる・・・などなどリフォームが必要になってくることも少なくないのです。   

 「窒業系サイディング」=簡単に言えばセメントの粉を用いた焼き物なので、吸水すると伸縮し割れることもあり、また、サイディングボードとサイディングボードの間の「繋ぎ目」の役割を果たしている防水シーリング材も劣化が目立って来ます。   

 今回は次のような1番の張替え施工で決めましたが予算次第に依っては2番・3番方法もあります。 1.全て張替える 2.上塗り(塗装する)+防水シーリング材 3.防水シーリングのみリフォーム 張替えは既存のサイディングボードを撤去してから新しい外壁ボードを張ります。  廃棄処分費を安くする為に古いボードの上から通気胴縁を打って新しいボードを張る方法もあります。
c0104793_14030543.jpg
 20年経ってもタイベック紙に変化無くブチルテープの粘着性も落ちておらず、通気胴縁も蒸れていなくてシッカリとしております。
c0104793_14032481.jpg

# by titeki-oota | 2017-05-19 14:06 | Comments(0)

 家屋の解体と共に一部の庭木撤去を終えてからSS地盤調査を行いました。

 
 表土を見た感じでは、如何にも黒土で地盤が弱そうですが、いざ調査を始めて見たら表土20cm位だけが弱い層で 、これなら軽くスキ取るだけで布基礎からベタ基礎まで地盤改良無しで基礎着工が出来ますと、調査会社から報告書が届きました。

c0104793_09111419.jpg


# by titeki-oota | 2017-05-15 09:11 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

 今回、リフォームしているお宅は下記のイラスト図の様なスカスカで風の通りが良い?状態。そこで天井・壁面断熱施工は勿論だが床面断熱改修工事は下記のような手順で行います。

c0104793_10323077.jpg


 先ずは土間部に防湿シートを敷いてから作業に取り掛かります。(床断熱材充填・防風シート張り終えた後に土間防湿シートの上に押さえ砂を入れます。)床下に潜って(仰向けになっての作業)床面に裏からGW断熱材を入れ終えてから防風、透湿タイベック紙で風が入り込まないように全て覆い被せ、重ね部分を押さえ材で固定する狭い空間で少し大変な作業です。

c0104793_10330271.jpg


 床下に設置された井戸ポンプ点検口廻りも隙間なくシッカリと断熱材を施してからタイベック紙で囲ってから木片で挟み付け、風が入り込まない様に仕上げます。

c0104793_16253765.jpg

# by titeki-oota | 2017-05-10 10:35 | Comments(0)

 北海道と北東北3県の食の祭典「北東北&北海道グルメフェスタ」と、秋田県内の肉料理がそろう「肉の博覧会(肉博)inおおだて」が5~7日、大館市の大館樹海ドームで行われ大盛況の内に終了しました。
 
 ドームの有料駐車場は満杯、シャトルバスも満員の人を乗せて次々と会場に向かっていましたから、今年の入場者は間違いなく3日間で延べ10数万人は押しかけたと思います。

 
 ドーム内には、きりたんぽ鍋や盛岡冷麺、北海道の室蘭ラーメンなど約40ブースが出店。屋外では秋田牛をはじめ比内地鶏や大館さくら豚、馬肉、白神ラムなどを焼いて煙モ~モ~と立ち込めバーベキューコーナーも大賑わいでした。

c0104793_09404735.jpg
c0104793_16463713.gif

# by titeki-oota | 2017-05-08 13:25 | Comments(0)

 ゴールデンウイーク後半は大館樹海ドームに出掛けませんか。

 
 今年は更に規模を拡大して食の大イベント 肉×博 & 北東北・北海道グルメフェスタが開催されます。

 
 グルメフェスタでは北東北&北海道の食、名産品、観光などを体感していただける他、同時開催の〈肉の博覧会 in おおだ(肉×博)〉で、本場の比内地鶏、大館さくら豚、秋田牛などを使った、さまざまな肉料理をお楽しみいただけます。皆さんぜひご来場ください!


   http://www.city.odate.akita.jp/dcity/bussan/135-8251.html

c0104793_08593649.jpg
c0104793_09004403.jpg




# by titeki-oota | 2017-04-28 09:00 | Comments(0)

 またまた復興大臣の不適切な発言に依って遂に退場させられました。


 「まだ東北で、あっちの方だから良かったが、首都圏に近かったら莫大、甚大な被害があった云々」言いたいことは分かるが、失言続きなのに懲りないと思われても致し方ない。
東北人や被災者にして見たら、情けないやら悲しくあまりにもデリカシーに欠ける発言である。
 
 普通の?まともな大臣なら「東北の甚大な被害は、今なお復興道半ば、被害に遭われた方も、今だに元の生活を取り戻すには程遠い中で、これが明日にも起こり得るとされる首都圏直下型地震に置き換えれば東北をはるかに上回る被害が想定されるであろうと思われます。」
と、こんな言い方であれば、すんなりと無事に講演は終わるはずだった。

 追記

 今度は二階幹事長が辞職した復興大臣の発言を巡るメディアの報道姿勢を批判した。「マスコミは余すところなく記録を取り、一行でも悪いところがあれば、首を取れと。なんちゅうことか」だって、子分を思っての親分発言だろうが余りにも酷い!ピントがズレまくっている。


# by titeki-oota | 2017-04-26 09:11 | Comments(0)

ついに割れた! !

 秋田県は人口減少や少子高齢化にあえいでいる中で、とうとう県民人口が、100万人を割ったことがわかった。

 
 高齢化率が急速に進み、自然減少が進むうえに、若者の都会への流出も歯止めが掛からない。


 厚生労働省の2015年の人口動態統計(確定数)によると、出生率や死亡率、自殺率などの7項目で全国最下位と不名誉な記録までつくってしまった。

 
 大都市を除いて秋田の人口問題は将来の日本の姿でもあって、人が住まない地域は急速に根底から何から何まで崩れ去って行く大変な問題である。

c0104793_09460883.gif

# by titeki-oota | 2017-04-21 14:43 | Comments(0)

リフォーム現場

 建築から40数年経ったお宅のリフォームを行っております。


 当時としては特別に珍しいことで無いが室内側から石膏ボードを剥いで見たら断熱材が入っておらず、入っている個所もあったが部分的に詰めているだけ、明らかに此れだと暑かったり寒かったりする訳です。


 写真は居間空間ですが窓上部分の金属系外壁の裏面が錆びているのが見えます。
ただ生半可に密閉しないで解放的に造られたせいか土台・柱などに腐れなどは見受けられません。

c0104793_11433728.jpg

 


# by titeki-oota | 2017-04-21 11:43 | Comments(0)

 以前から一度は育ててみたかったブルーべリーの苗木を買い求めるために方々を探しました。植え付ける場所には昨年の内にピートモス、鹿沼土に入れ替えて置いて準備万端。


 苗木は何処のホームセンターでも簡単に手に入るが、在庫している品種が少なく小さい苗木だけなのでパスして各苗木専門業者に電話を入れ聞いて見ました。
 

 先ずは地元大館市内の栽培業者に聞くと苗木が足りないとかで今年の販売は無理との返事、次に鹿角市の業者さんはいつも農園に居ないので来る前に連絡してからと言われたが僅か数本ばかりで手間を掛けさせてしまうのも、どうも気が引けると思っていた所にタイミング良く友達から弘前市内7号バイパス沿いの原田種苗店 http://www.haradasyubyo.jp/planting/を教えられて、早速出掛けて来ました。

 
 事前に調べた結果、 一品種では実が成らない事が多いので(専門的には自家結実性が弱いと言うらしい)、必ず同系統で2品種以上を近くに植えますと有りますので選択した苗木は全て2年生ノーザンハイブッシュ系で果実は大粒で樹姿は樹姿は直立性で品種名は全てブルーから始まる素人向けでオーソドックスなタイプのブルークロップ・ブルーレイ・ブルージェイの三種類を買い求め価格は一本当たり1500円でした。プロ相手のお店だけあって、育て方一つとっても知識が生半可で無く親切に色々と教わって来ました。

c0104793_15282557.jpg

# by titeki-oota | 2017-04-14 15:28 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん