「黒ニンニク」

  毎日、暑い日が続いておりますが、こんな時こそ万能な健康食品「黒ニンニク」です。


  1日1個食べるだけで夏バテ知らず、老化防止その他いろいろ・・・


 普通のニンニクでも効果抜群で多くは食べる事は出来ないが、その点に於いて手間暇掛けて熟成され凝縮された黒ニンニクは更に効果アップ間違いなしです。

 
 食べると甘く感じあの独特の臭いは、ほぼ無しドライフルーツの味です。


 と期待して購入乳したまでが良いが、家族は美味しく頂いて何とも無いのに自分は体質的に丸っ切り合わないようで(お腹が張る)3度ほど食べて完全に諦めました。

c0104793_08085237.jpg

# by titeki-oota | 2017-08-08 15:35 | Comments(0)

「のど自慢予選会」

  午前中に市民文化会館付近の道路を走行中、可なりの車両が続々と会館に入って行きます。

  
  しっかり忘れていたが、どうやら明日のNHKのど自慢の予選会の為のようだ。

  
  前回に大館市で開催されてから、11年経ったとは・・・月日の過ぎるのは早いものです。

  
  あの時は本番より前日の予選会が熱気があって断然に面白かった記憶が鮮明に残っております。

  http://titeki.exblog.jp/5176595/

c0104793_11073478.jpg


# by titeki-oota | 2017-08-05 11:08 | Comments(0)

 今回の現場も付加断熱材を施して壁の厚みは断熱材だけでも内・外で315mmと、分厚く断熱材を入れます。どうして、このように断熱材を厚くするのは単なる省エネ・快適性追求ばかりでは有りません。

c0104793_14412178.jpg
今年の4月より住宅の省エネルギー性能に関する歴史的な法改正が施行された様に
 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutakukentiku_house_tk4_000103.html
 住宅の断熱性能に加えて、導入する設備機器の省エネ性能も評価することになり、そして2020年までに、この省エネ基準がすべての住宅に義務化される予定となっております。


 住宅のハイスペック断熱化は断熱性能の更なる効果があることはもちろんの事、導入する設備機器の省エネ性能にも大きな効果があります。

 巷で良く聞かれます低性能住宅に大きな暖冷房設備を導入し、常にフル稼働させることは、気流の強さによる不快感や室内の温度ムラによる不快感と共に更には光熱費の高騰を招いてしまいます。

 
 そこで解決策として住宅の各部の断熱性能(気密)を数値で確認しつつ丁寧な施工で完成させると、小さい容量の暖冷房設備でゆとりのある運転を行い、さらに快適な空間を実現することが出来るのです。

c0104793_13052406.jpg


# by titeki-oota | 2017-08-04 13:05 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

 先週は建築から23年以上経過しているお宅3軒を訪問して換気モーター交換および給排気部材などの清掃作業を行って来ました。

  
 最低でも月に1回フィルター掃除を行っているお宅のファンの汚れ具合はそれほどでも無いが、あるお宅の換気本体BOXのフィルターは引き抜こうにも出て来ません。

   
 聞くところに依れば最初の頃は掃除を行ったようだが、いつの頃か?その後は1度も行ったことが無いと言う。

ファン・モーターも異音と共に綿ホコリに塗れて回転が落ちて瀕死の状態で、負荷が掛かり過ぎモーターを分解して外そうにも熱を持っていて暫く冷ましてからの作業する有様であった。

 下の写真は比較的、頻繁にフィルーター掃除を行っているお宅の外した換気モーター部材です。


c0104793_11503136.jpg
 分解して水洗いを行って乾燥してから新たなモーターと共に組み込んで行きます。
c0104793_11505674.jpg
c0104793_11540350.jpg

# by titeki-oota | 2017-07-31 11:54 | Comments(0)

 ブルーベリーの苗木3本を弘前で買って来たのが春先のこと、その後は花芽を全て取り除き実を付けさせず、木を大きくすることを優先しながら日ごろ、雑草取りや水やりなど世話をしているせいか自然と頭の中はすっかりブルーベリーの事で一杯です。

 
 6月下旬に、親戚宅に行った折に庭の片隅に手入れもされずに枝が伸び放題になっている名の知れぬブルーベリーを発見しました。可なり以前に種苗交換会会場で買い求めたようで、余り実がなったのを見た事がないと言っていた。

  
 そこで許可を頂いて今年になってから伸びた太い新梢を1mくらい切り取って、挿し木にするために持ち帰り直ぐに水に漬けて置きます。c0104793_14243927.jpg


 
 〇緑枝挿しを行う前に、先ずは新梢を10cmくらいに鋭利   な刃物で調整し芽の部分を斜めにカット(左図)。

 〇カットしたものは水に2時間ぐらいつけて置きます。

 〇次に2、3枚葉を残しその葉は1/2にカットします。

 〇用土は成分無調整のピートモス70%に鹿沼土30%混ぜた物を使います。
 〇水を切らさずに半日陰で風通しが良い場所に置き気長に発根するのを待ちます。
 
 鉢を覆う手頃なビニールを探したが見つからず、ホームセンターで漸く探して来たのが写真に写っている家庭菜園の野菜苗を保護する大き目の〔保温カバー・苗カバー〕です。

c0104793_14222101.jpg
 
 此のカバーに依って土中の水分の蒸発を防ぎ、さらに空間湿度が高い状態で保たれます。 安あがりで、効果の高い挿し木方法となるはずです。


 挿し木から発根するまで2~3ヶ月掛かる事から写真は切り取った枝の養分で新たな葉っぱが芽吹いて来た一次成長としては順調です。

c0104793_14224796.jpg

  
 この段階ではまだ根は出ていないので、此れからの1カ月間の二次成長を無事に乗り切れれば発根しているはずだが、毎日の水やりは欠かせない。鉢上げまで、未だ未だ道のりが長い。


# by titeki-oota | 2017-07-29 14:22 | Comments(0)

 基礎しか無かった場所に、ある日突然、建物がすっくと立ち上がる姿は何度見ても感動します。


 屋根垂木には、いつもの様にセイの大きなツーバイ材、2×12材です。更に木材を抱かせてから屋根断熱材として105mm厚×3枚=315mmのGW断熱材を屋根葺き後に充填して行きます。

c0104793_15401988.jpg


# by titeki-oota | 2017-07-28 15:41 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

 今回の現場から以前まで採用して来た米ヒバ材の土台(色々と探したが入荷して来ない)に替わってヒノキ材となりました。

c0104793_10345397.jpg


 構造体組み上げで、最初の気密を取る作業の1つとして平滑な基礎天ばんの上に気密土間リスト・土台先張りシートを一緒に噛ませてから土台を乗っけます。

c0104793_10350975.jpg



# by titeki-oota | 2017-07-26 10:40 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

「記録的な大雨」

  昨日23日(日)まで大館は大雨警報が出ていましたが特に22日の午前中は酷いどしゃぶりだった。

秋田中央から県南にかけて24時間降雨量が300mm以上と尋常でない降り方で、かなりの被害が出ています。本当に心が痛みます。

c0104793_13133564.jpg

 
 22日は白く霞んで先も見えないような豪雨の中、ライトを付けて弘前市に出掛けて来たが、途中で何度戻ろうかと思うほどバケツをひっくり返した様な雨で運転していて久しぶりに不安な気持ちになった。

 
 国道7号線を走って山道に差し掛かると、あの独特な「土」の匂いが車内に入って来ます。

山崩れなどの土砂災害に遇う可能性が高いことを示すサインと考え山肌を見ながら恐る恐る車を走らせたが途中、青森県のタクシーが秋田方面に向かうのか?多くの台数とすれ違う。どうやら奥羽本線が不通になったようだ。

 


# by titeki-oota | 2017-07-24 13:13 | Comments(0)

 昨年は15年間に亘って使用した腐ったバルコニー土台(米ひば)とデッキ材の撤去に始まって屋根トタン葺き替え(ステンレス材に)後に暫く様子を見ましょうとKさんに考える時間を与えておりました。(施工する側の本音としては余り屋根上に工作物は乗せたくないのだが・・・)

 今年に入ってからジックリ考えた末に、どうしても設置したいとなり、それなら長寿命化を考え土台(青森ヒバ)手すり(青森ヒバ)と共に床デッキ材は高耐候性樹脂の硬質塩化ビニル製を採用し作業を進めております。
  
 手すりの高さは1100mmで東側だけは特に格子間隔は狭くしました。冬期間の西風に依って東側のパラぺットに雪庇の塊を付かなくする為です。
 
  屋根面に直に接しない様に束の下には土台パッキン材を挟みます。

c0104793_13481085.jpg
 
 以前の土台・束は外周部から腐っておりましたので、今回はガルバ鋼板(昨日話題にしたSGL鋼板)を全周に張り付けました。その他の帯金物やビスなどは全てステンレス製で固定しております。
c0104793_11342557.jpg
c0104793_13533091.jpg

# by titeki-oota | 2017-07-21 13:54 | Comments(0)

 暑い中での建築から25年経ったベランダ屋根葺き替え作業です。

 
 25年の間にペンキは1度塗っておりますが、やはり板金折り目からの変色が見られて少し葺き替えには早い感がありましたが施主さんからの要望もあり、作業に入りました。  
  

 今回は以前のGL鋼板から替えて耐久性アップした耐摩カラーSGL鋼板を採用しました。

    http://www.nisc-s.co.jp/products/steelpanel/12/

c0104793_11312835.jpg
  表面を見ても従来のトタンとの区別はつきません。裏面に薄くて見えずらいが耐摩カラーSGL 0.35と印字されてます。
c0104793_11342557.jpg


# by titeki-oota | 2017-07-20 11:34 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん