人気ブログランキング |

老舗ホテル閉店

  秋田さきがけ新報

 秋田市中心部で3つのビジネスホテルを経営するホテルハワイ(伊藤邦彦社長)が3日までに全店の営業を停止した。客室総数1050室のホテルが営業をやめるのは、県内では過去に例がない。同市では数年前からビジネスホテルの進出が相次ぎ、競争が激化していた。同社は今後、整理の手続きに入るものとみられる。

 営業を停止したのは、駅前店(千秋久保田町、360室)、新本店(中通5丁目、240室)、ラグーン(中通3丁目、450室)。各店の玄関には内側から、総支配人名の張り紙があり、「2009年1月1日をもってホテルハワイ全3店舗を閉店することになりました。突然の閉店、深くおわび申し上げます」としている。

 ホテルハワイは地元資本のビジネスホテルチェーン。バス会社役員だった伊藤社長の父(故人)が1965年に創業した。72年に駅前店、79年に新本店、83年にラグーンなどをオープンし、出張のビジネスマンらに利用されてきた。

 しかし、2004年ごろから秋田市では、県外資本のビジネスホテルの進出が相次いだ。ホテルハワイは宿泊料金を値下げするなどして対抗してきたが、施設の老朽化が進んでいたことなどから競争力が低下、客室稼働率も低迷していた。

 
 新年早々にこのニュースには驚いた一昔前にはTVでCMを流して火災に強い全室独立耐火構造を売り物にしたホテルとして宣伝していた時もあったが・・・。最近では宿泊値段の安さを売りにしていたが、それでもお客を引き付けるには及ばなかった。
 
 秋田県民に良く知られた地元資本の老舗ホテルとして今まで良く頑張って来たが建物の老朽化と共に時代の流れに乗れなかった。
これによって秋田市街地の空洞化がますます進みそうだ。あの賑やかだった広小路が今は・・・。時代の流れを感じます。

 今の秋田市は全国でも有名なホテル戦争の地。閉店の陰では新たに9日に秋田駅西口近くにリッチモンドホテルがオープンするが生き残りをかけてホテル業界はまだまだ戦いは続く。
by titeki-oota | 2009-01-05 09:32

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん