T邸のリフォーム

 今日から築14年になりますT邸のリフォームに入りました。
今回は内部を主に手直しして数年後に2期工事として外部リフォーム(外壁・屋根など)を行う予定。

 朝に集まって頂いた業種は畳屋さん、クロス屋さん家具屋さんに当社の大工の4業種です。午後に電気屋さんが入るが順番に施主さんを交えて施工の流れやら使用する材料などについて説明をしました。
c0104793_13102460.jpg


 まず畳については寝室と座敷のタタミ表替えの予定で種類は以前から使用されているイグサにするか最近出始めている色焼けの少ない和紙表か又は耐久性のある琉球表にするかサンプルを持参して検討して頂きました。
c0104793_1391589.jpg

時と共に忘れていたが施主さんの要望で間仕切り壁は最初から撤去しやすいようにと床、天井はビス止めにして最低限の補修で仕上げられるようにして下地は組んでおりました。
c0104793_13103518.jpg


 クロス関係は大工が間仕切り壁を撤去して大きな部屋にした後の補修やらロールカーテンをレースカーテン+カーテンに変更するなど7箇所。

 家具工事はリビングに置かれています収納家具の間仕切り壁の移動や棚の撤去、引き出しなどの追加だが何より現在、使用しているテレビが収まっている空間に、これから購入予定の52型の液晶テレビが入らないのが改修工事の一番の目的です。
c0104793_1395987.jpg


 14年前には考えもしなかった液晶テレビの大型化やデジタル方式などの変化だが、手造り家具はちょっと手を加えて造り直してもらえれば、既製品家具と違ってゴミに出される事も無く、末永く愛される良さがあります。

 既存住宅への設置義務が来年の6月1日を控えて火災警報器も設置しますが採用したのはワイヤレス連動型で何処か1台が感知すれば全ての警報機が無線で連動し音声と警報が繰り返して鳴る機器です。
by titeki-oota | 2010-09-14 13:10 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん