Q-1 上代野の家 「給排水管設置作業」

 大工さんが天井下地材を組んで石膏ボードを張っておりますが、追い立てられるかの様に水道屋さんが頑張って配管を固定しながら保温材でカバーする作業を行っております。
c0104793_11482845.jpg

 40年後に給水・給湯の配管の交換時期が来ますが、特に2階に行っている配管は中間付近に(その時になったら点検口を設けて新たな配管敷設の際に送り出しとかで使用します)最小限の労力で配管交換するように考えております。その為にもこれ等、施工中写真は将来、交換入れ替えの際に役に立ちますから写真にして残して置けば良いでしょう。
c0104793_11555396.jpg
c0104793_11561070.jpg

 1階と2階に同じタイプの1.25坪ユニットバス2台が組み上がったので、こちらにも水道屋さんが給排水接続を行いました。
c0104793_1291270.jpg
c0104793_1291382.jpg

 2階のお風呂場の重さは写真に写っております横に流した金属製の3本のフレームで支えることになります。
c0104793_12204117.jpg

by titeki-oota | 2013-06-05 12:08 | Q-1 上代野の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん