Q-1 上代野の家 「換気風量測定」

 換気風量測定を行って来ました。法定換気回数の0.5回/h以上確保されているかを確認する為の試験です。
 
 実測した1階・2階合計した換気風量は強運転のMAXで294m3/h が記録され確認申請で届けていた設計換気風量は486m3/hの0.5回分で243でm3/hでしたので楽々とクリアーしました。
c0104793_144542100.jpg


 家の中の空気を入れ替える換気回数は法定で1時間に0.5回、2時間で家中の空気を全て入れ換えるものと決められて居りますが実際に生活されますと冬期間に0.5回は多く0.3~0.35回に下げる事が必要のようです。

 気密性が高い住宅にとって24時間計画通りに確実に換気されているかは、快適な住環境のために大変重要なことです。 空気は見えないですから換気風量は1個所ずつ測定しない事には分かりません。

 因みに1階のユニットバス内の換気扇の風量は70でm3/h2階ユニットバスは65m3/h測定できました。

 気密・断熱・換気は、どれが欠けても省エネ高性能住宅としての機能は果たせません。
20数年前の意見なら未だしも、建築業界の中で少数だが「中気密」が良いんだと唱える方が依然として存在しております。その中気密ってどうやって作りだすのか疑問でなりません。

 実際に換気風量測定中に実験を兼ねて玄関ドアーを開けて見ますと30m3/h以上出ていた風量が25m3/hまで低下しましたので、換気に関しても気密は高い程ハッキリしたルートで流れている事も、これで確認できます。
by titeki-oota | 2013-07-26 14:46 | Q-1 上代野の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん