暖房用ボイラー交換工事

 14年間に亘って使用された暖房用ボイラーの交換工事を行いました。

 以前のボイラーは、サンヨーの製品で当時としては、燃焼音が静かで燃費もそれなりに良くて良い商品であったが残念なことに、この分野から撤退したと思ったらその後は会社まで無くなってしまった。

 そこで同じ暖房能力機種を探したらコロナから販売されていたので、早速工事を行いました。

 以前のボイラーはタイマーリモコンが付いていなかったのでオン・オフは手動で行っていたが、今回の新機種は好きな時間帯に応じて自動で運転・停止ができる事から灯油消費量は少なめに抑えることが出来ます。

 もし、以前のように連続運転を新機種で行うと最低で1時間あたり0.55ℓから最大で0.88ℓとカタログに書いている。

 運転設定目盛りを最低に24時間運転したとすると13、2ℓと料金にすると凡そ1300円も掛かる計算になって1ヶ月だと4万円近くの出費となって暖房としての灯油使用は電気に比べて、どうしても高くなってしまう。

 こうなると電気だろうと灯油だろうとガスだろうと、住宅の性能が伴っていないと、長年に亘って高い暖房料金を払い続けることとなりますから建てる前に燃費金額情報はシッカリ知って置くことが大事です。

  取り外したサンヨー製ボイラーです。上部断熱カバーが黒くなっているのが見えますが燃焼排気ガスが漏れていた。
c0104793_13305386.jpg

新機種の手前のタンクに入った赤い液体は密閉式に換えて不凍液でパネルヒーターに回しながら40リットル使用しました。
c0104793_13355265.jpg

by titeki-oota | 2014-07-22 13:31 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん