Q-1 有浦3丁目の家 「 6月分電気料金 」

  Oさん宅の6月分電気料金請求明細が届きました。  

 6月分(29日間)は290kwh 9,179円の請求でした。  

 先月が31日間使用で10,545円でしたので暖房・冷房を使用しない時期の1カ月間のオール電化で暮らした電気料金は凡そ1万円前後で決まりました。 表を見てお分かりの様に差し引きしますと暖房料金だけを見れば厳冬期1カ月は1万円~1万2千円で生活したことになります。
c0104793_13064964.jpg
 今後、心配なのは原油価格が下がらないと電気料金に其のまま反映されてしまう公算が大きい。現に1リットルあたり150円を超えているガソリンの価格が高止まりしている。今後も価格が下がる要素は少なく主な産油国での増産も小幅にとどまっている。

 前々から何度も言ったと思うが、車なら殆どの方が燃費を把握できているが、家の燃費と言えば多くの方が関心が無いに等しく建築する前に質問することも無いと思う。新築から実際に生活を始めてから余りに高い実燃費(電気代や灯油代)で困っているようだと、よくお聞きします。

 先ず、お気に入りの会社が決まったら、最近、引き渡したお宅の「暖房に要した料金」を聞き出す事が一番重要な事。いくらデザインや間取りが良くても肝心の住宅性能が低ランクだと悔いが残ります。

 大手ハウスメーカーを含めて何処でも聞いたら「当社の家はあったかいです」と必ず言いますが、信じないでください。暖かいのは当たりまえの事で問題は、その暖かさを保って1カ月、幾ら掛かるかを知るべきなのです。

 自信のある建設会社なら色んな住宅性能データと共にすぐに「燃費」は答えてくれると思います。

by titeki-oota | 2018-07-02 13:21 | Q-1 有浦3丁目の家 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん