「命の危険がある温度」

 昨日7月23日は記録的な暑さとなり、埼玉県熊谷市では5年ぶりに更新する観測史上41・1度を記録しました。

 
 気象庁の予報官は記者会見し、「経験したことのない暑さになっている所がある。命の危険がある温度。一つの災害であるという認識はある」として、熱中症に十分注意するよう呼び掛けました。

 
 日本だけが暑い訳でなく北極圏でも7月、気温が33度に達し米カリフォルニア州デスバレーでは、52.0度を観測されるなど、北極圏を含め世界的に気温が上昇し、異常な猛暑に見舞われていて、世界気象機関(WMO)は異常気象について「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と分析している。 

by titeki-oota | 2018-07-24 08:48 | Comments(0)

つれづれなるままに、興味のある内容を、書きとめているブログ。


by タケちゃん